【予算は300円】無印良品の「収納ボックス」と、セリアの「すのこ」で簡単テーブル化!

無印良品の収納ボックスをテーブルに!セリアのすのこを使って、予算はなんと300円ちょい。バラして、切って、貼るだけの簡単加工だから、誰でもあっという間にできちゃう!2分割式とロールトップ式の2種をご紹介。


アイキャッチ画像・記事中画像提供:デザインスタジオ アトリエばく

無印良品のコンテナをテーブル化!

無印コンテナすのこテーブル、チェア、焚火台、テント
キャンプ場やSNSでもよく見る人気の収納ボックス、無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」。腰掛けられるほど頑丈、無駄のないシンプルなデザインは、そのカラーリングも相まってサイト風景を格上げしてくれますね。

そんな収納ボックスをさらに便利にできるDIYアイディアが「テーブル化」。なんと予算300円ちょいでできちゃうんです! 素材は、セリアのすのこ3枚だけ。

2つに分けて収納可

すのこテーブル、ボックスに収納
2分割式だから、ちょうどボックス本体の高さにスッと入ります。

すのこを解体し、フタの幅に合わせて桟をカットしたら、外した板をボンドで留めるだけの簡単ステップ。どう作っていいかわからなかった方も、ぶきっちょさんでも大丈夫!

今回は、無印良品収納ボックス・大サイズ用のテーブルの作り方をご紹介していきましょう。


作り方① すのこを解体する

桐すのこ3枚を用意

セリアの桐すのこ3枚
セリアの桐すのこ(33×37cm)を3枚用意します。サイズが無印良品の収納ボックスにシンデレラフィットなので、加工の手間がグーンと省けるんですよ。

1枚をバラす

すのこ1枚分をバラす
すのこ1枚をバラします。手でバキバキと解体できましたよ。細い隠し釘があるので、ペンチで引き抜きます。

作り方② すのこをカットする

すのこの角と桟を切る

カット線を印したすのこ2枚
赤い印のように、2枚のすのこにカット線を描きます。四隅はボックスのフタ内側の曲線に合わせます。

①のすのこをカット

①のすのこをカットする
①のすのこの骨組みをノコギリで切断します。①は1マス分を残す形になります。カットした余りの板も使用するので、細い桟(サン:床の下にわたす横木)を外しておきます。

②のすのこをカット

②のすのこの桟を切る
②のすのこの桟を切断します。板ギリギリでカットするようにしてください。こちらの余りの板も、桟を外します。

角をカットし、サンドペーパーをかける

すのこの角をやすりがけする
続いて、すのこの角をノコギリで切り落とし、粗目としては通常の180~240番のサンドペーパーで丸く削ります。

カット完了!

すのこ2枚カット完了
すのこを表に返します。2枚のすのこの基本形ができました。

作り方③ 板を接着する

バラした板を接着

桟の間に板を接着
すのこをフタにはめ、木工用ボンドで、バラした板を隙間に接着します。ボンドが乾いたら、ひとまずこれで完成です!

プラス108円でグレードアップ!

テーブルの板をニスで塗装
見映えアップと汚れ防止のために、ダイソーの水性ニス(色:チーク)で塗装しました。

塗装する前に、320~400番の細かい目のサンドペーパーをかけて表面をなめらかにしておくと、仕上がりがキレイです。

完成!

すのこテーブル完成
これで出来上がりです! キャンプに持って行って、使う日が待ち遠しいですね。

さて、ここでもう1つ、クルッと丸めて持ち運べるテーブルの作り方もご紹介しましょう。


おまけ・ロールトップ式も作ってみた!

荷物に合わせて、お好みで選んでみて!

すのこテーブル、ロールトップテーブル
入れるものや、車載スペースに合わせて、2種類のテーブルが選べますよ!

ロールトップ式(画像右側)も、作り方はとってもカンタン。

パーツを全部バラす

全部バラしたすのこ
3枚のすのこを全てバラします。そのうちの2枚の板は、フタの曲線に合わせて角を丸くします(画像右端2枚)。バラした桟のうち4本は、テーブルを乗せる台にするため、取っておきます。

ロールトップ式の材料は

ダイソーのベルト、タッカー、タッカーの針
用意するのは、ダイソーのGIベルト110cm×1本、工作用タッカー、別売りのタッカー専用針。

ベルトが手に入らない場合、布製のカバンテープで代用できます。

ベルトを切り、切り口を炙る

切ったベルトの端をライターで炙る
ベルトをカットします。51cmのものを2本作り、切り口がほつれないようにライターで炙って溶かします。

カバンテープの場合は長さを53cmにして、端を裏側に1cm折り返します。

テープで仮止めし、タッカーで打つ

板とベルトをタッカーで接続
板の隙間を2mm間隔に調整します。2mm厚のものを挟みながら板を並べ、テープで仮止めします。タッカーで、2本のベルトを板に打ち付け、固定します。

スペーサーの棒を加工

テーブル用スペーサーの棒
テーブル板を載せた時、フタの裏の出っ張りをクリアするためのスペーサーを作ります。

バラしたすのこの桟4本を長さ25cmに切り揃え、フタの際の隙間に置いて使用します。

ロールトップ式、これで完成!

ロールテーブル設置方法
4本のスペーサーを配置し、テーブル板を広げるだけ。こちらは木の色を活かし、ダイソーの水性ニス(色:乳白色)で塗装しました。

収納サイズは

ロールテーブルをボックスに入れる
スペーサーを中心に入れてクルクル巻き、ベルクロテープで止めて収納しています。

中のものに応じて、一緒にコンテナの中に入れても、分けて持ち運んでも、どちらでもOK!

▼2分割式テーブル 材料費(税込)
桐すのこ:108円×3枚(セリア)
水性ニス・チーク:108円(ダイソー)

合計:432円

▼ロールトップ式テーブル 材料費(税込)
桐すのこ:108円×3枚(セリア)
GIベルト:108円(ダイソー)
タッカー:324円(ダイソー)
タッカー専用針:108円(ダイソー)
水性ニス・乳白色:108円(ダイソー)

合計:972円

※ノコギリ、ペンチ、サンドペーパー、木工用ボンド、刷毛、ライター、ベルクロテープは含みません

今1番アツいDIYテーブル、サクッと作って楽しもう!

無印良品ボックス、ロールテーブル、缶ビール、チェア、車
大流行中のコンテナテーブル、思ったより安価に、そしてカンタン作業で手に入ります。どちらのやり方でもサイズを工夫すれば、お手持ちのコンテナにフィットしたテーブルが作れるかも?

ティータイムに、焚火の団欒に、ちょっとしたサブテーブルとして様々な使い道を楽しんでくださいね!

 

Enjoy making and using container-box table.

コンテナボックステーブルを、作って・使って・楽しもう。


関 美奈子の記事はこちら

関連する記事

無印コンテナとすのこテーブル、チェア
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
関美奈子

ガールスカウトがきっかけでキャンプが趣味になりました。100均やホームセンターの素材で、簡単便利なキャンプのアイデアを考えるのが大好きです。20年超えのテントとタープをようやく買い換え、キャンプを満喫中。 Instagramアカウント:@minako_seki_atelierbaku

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!