極寒から「極暖」に!冬の焚き火を快適にする10のグッズ&テクニック

「あれ?暖かいけど、なんだか寒い!」 焚き火をしていてこんな風に感じたことありませんか?テントの外で行う焚き火は、風の影響を受けるので焚火にあたらない部分が寒いなんてことも。せっかくの焚火タイムを寒さに気を取られて、楽しめないのは損!焚火にプラスして使いたい防寒グッズとテクニックをご紹介!


アイキャッチ画像出典:Amazon

確かに暖かい…だけど寒い。そんな秋冬の焚き火シーンに!

焚き火
出典:PIXTA
秋冬キャンプの醍醐味といえば、焚火ですよね。家族や恋人、友達とゆっくり会話を楽しむのは忙しい現代社会だとなかなかできない贅沢! ゆらめく炎を前に「キャンプってやっぱりいいな~」と改めて感じる瞬間でもあります。

しかし焚火を満喫するために侮ってはいけないのが自然の寒さ! せっかく焚火にあたっているのに、火にあたっていないところが寒い、人が多すぎて火が遠いとなると、さてテントに入ろうかとなってしまいます。

今回は寒さに負けずに焚火を楽しむ、焚火にプラスして使いたい防寒グッズとテクニックをご紹介します。

手っ取り早い!今すぐできる3つの”あったか”テクニック!

まずは誰でもすぐできる簡単な3つのテクニックを実践してみましょう。


①貼る場所に工夫を!ホッカイロで底冷え防止

出典:PIXTA
座った体勢で長時間焚き火を楽しんでいると底冷えします。そこで首元や腰、さらに足にもホッカイロを貼ってみてください。足先から温まり寒さをしのげます。カイロを入れられるポケットがある靴下も便利ですよ!

②血行を促進するHOTな飲み物・スープを準備する

出典:PIXTA
ポリフェノールが含まれている飲み物は血行促進につながり体の中からポカポカします。ココアや生姜入りのスープで身体の中から温まりましょう。

さらに飲み物が冷えやすい冬は、スープにとろみをつけると冷めにくくすれば寒い季節にもってこい。片栗粉ではなく葛粉を使うと、体を温める効果がアップします。

③その重ね着は正解?より効果的な洋服の着方

1枚目のインナーは必ず汗を吸収するものを! 汗冷えせず、適度なフィット感で保温できるものが◎。アウターを脱いだら見える2枚目は、温かい空気をキープしてくれるニット、フリース、スウェットなど空気を含む素材のものを選びましょう。

アウターは裏地がついているものなど、暖かさを逃がさないもの、かつ防水性・防風性の高いものを選べば、効果的な暖を得られます。

自分にプラスしたい、防寒対策グッズ5選

①保温性もアップして心地よし!チェアカバー

1枚プラスするだけで保温性をアップしてくれるチェアカバー。汚してしまっても簡単に洗濯でき、またカバーを変えるだけで雰囲気を変えられるのも嬉しいポイント。一度試すと、寒い時期にカバーなしではいられません!
ITEM
オレゴニアン・キャンパー ウォームコンパクトチェアカバー
【スペック】
●素材:ポリエステル、ウール
●生産国:アメリカ 
●サイズ:(幅52、高さ70)cm
ITEM
ヘリノックス シートウォーマー
【スペック】
●重量:重量:350g(370g)

デザインもよく、装着もし易い。色も美しい。そして、暖かい。片付けも簡単、畳むだけで小さくなる。


②ひざ掛け・チェアカバー・湯たんぽカバーにも!万能ブランケット

出典:Amazon
ブランケットは1枚あると大活躍! チェアカバーのように椅子にかけて使うもよし、ひざ掛けにするもよし、体をくるむのもよし。焚火が終わった後には、寝袋の上にかけても使えますし、ペットボトル湯たんぽを作って包むにも良いです。
ITEM
ペンドルトン タオルブランケット オーバーサイズジャガードタオル
【スペック】
●素材:コットン100%
●サイズ:約102×178cm
●商品仕様:表:ベロア調、裏:ループ織り

厚みがあり表はフェイラーのようなループをカットしたタオル、裏面は普通のループタオルになっていて、引っかけにも強くクッション性もあるので皆さんがアウトドアに使いたくなる気持ちがわかります。


③電源サイトじゃなくてOK!充電式ウォームパッドで手軽に暖

USBブランケットをパソコンを使いながら使用する女性
出典:楽天
キャンプに持って行くモバイルバッテリーにプラスして、充電式ブランケットを使ってみよう! USBでモバイルバッテリーに接続すれば、あとはポポカポカと電気毛布のように使用できます。持ち出しやすいので、キャンプにぴったりの便利アイテムです。
ITEM
イーカイロ USBブランケット
【スペック】
●素材:ポリエステル他
●サイズ:900×600mm
●重量:320g

商品を使用したところ、じんわりと暖かくなるので、良いですね。ブランケットは、軽いですし、洗濯できるし、良い買い物が出来ました。


④インナーにはメリノウールがGOOD!

モンベル_スーパーメリノウールシャツメンズ
出典:モンベル
重ね着のインナーにオススメしたいのがメリノウールシャツ。速乾性に優れているため汗冷えを防いでくれるだけではなく、熱を逃さない作りで暖かさもキープ! ストレッチ性があり体にフィットし、肌触りも心地よいです。
ITEM
モンベル スーパーメリノウール EXP.ラウンドネックシャツ
【スペック】
●素材:スーパーメリノウール79%+ポリエステル18%+ナイロン2%+ポリウレタン1%
●平均重量:195g
●カラー:ブラック(BK)、パプリカ(PAPRI)
●サイズ:S、M、L、XL

【着心地】 気になるようなチクチク感が無くて良い/【吸湿性】 蒸れなくてすごく良い/【動きやすさ】 体に付いて来る、すごく良い
【その他】 中厚手とあったが、厚み的には普通、でも暖かい


⑤着る寝袋で完全包囲!

着る寝袋なら暖かさは抜群! 焚火で暖まったあとに、そのままテントの中へ入れるので温かさを持続することができます。火の粉があたると穴があくので、焚火との距離に注意して使ってくださいね。
ITEM
ポーラー ザ ナップサック スリーピングバッグ
●素材
-表:100%マイクロファイバーポリエステル 
-裏地:100%ナイロン 
-中綿:100%ポリエステル
●サイズ(cm)
M:ボディ 約172cm×肩幅 約49.5cm×フード 約35.5cm(目安:身長~173cm)
L:ボディ 約193cm×肩幅 約60cm×フード 約35.5cm(目安:身長~190cm)
●収納時:直径 約17cm×長さ 約42cm
●重量:約1120g程度(M、収納袋込)

ここ数日、寒波到来で寒いのですが、ストーブを消しました(笑)足まですっぽり入っているのでもちろん暖かく、ちょっと動くときは手で少し裾をあげる程度で十分動けます。寝袋なのに。歩いて移動の時は裾のドローコードを腰のところで引いてやれば膝丈くらいになるのでぶっちゃけ走れそうです。寝袋なのに。


焚火を最大限活かすプラスギア2選

①陣幕で横風をカバー!

tent-Mark DESIGNS 陣幕
出典:楽天
風を遮るだけで暖かさはだいぶ変わります。周りの目も遮ってくれるためプライベートな空間が作れるところもポイント。綿混紡で火の粉による穴はあきにくいですが、防炎加工ではないため火の粉には注意が必要です。
ITEM
テンマクデザイン 陣幕
【スペック】
●サイズ幅:約510cm×140cm(H)
●収納時:約12cm×12cm×70cm
●総重量:約4300g(ポール、収納ケース、張綱含む)
●素材:
-本体生地:コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)
-ポールスリーブ:ポリエステル210D    
-ポール:スティール×4本
●付属品:張綱(Φ4mm)、収納ケース

まず、「風除け」としてですが海のそばのキャンプ場ということもあり少し風が強かったのですが、この幕のおかげで焚き火が良かったです。「目隠し」としては車と併せるとかなりの範囲を覆うことが出来ます。


②難燃素材のタープで雨風知らず!

タープの下で焚火 タープは持っているけど、いつも火の粉が心配だったという方はぜひ難燃素材のものを! ポリエステル×コットンの混紡生地を使用しているため、火の粉が飛び散っても穴が開きにくく、陣幕と組み合わせると◎。もちろん、突然の悪天候にも活躍してくれます。
ITEM
テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
【スペック】
●素材:ポリエステル×コットン混紡(表面撥水処理)
●サイズ(約):390×380/240(幅)cm
●重量(約):本体/1,900g、総重量/2,150g
●付属品:収納袋、張綱/φ4mm×4.5m×1本、φ4mm×3.5m×3本、φ4mm×1.5m×2本

弱い雨の中初めて使いましたが、ガンガンに燃やさないで軽い焚き火ならタープ下(先端の方)で出来たのですごく良かったです。爆ぜた時に当って穴が空くかどうかは分かりませんが。気持ち上の安心感は少しありました。防水も問題ありませんでした。


ずっとここで過ごしたい!くらい焚火が快適に

焚火
出典:Unsplash
最初から全部取り入れなくても、できることを少しするだけで寒さは和らぎます。秋冬キャンプの予定がある人は、せっかくの焚火が苦い思い出にならないよう事前にしっかり寒さ対策をしていってください!

焚き火を楽しむなら、難燃素材のウェアもオススメ!

焚き火を楽しんでいて、気が付いたら穴が開いていた…なんて悲しいことにならないように。難燃素材のウェアを着よう。

Warm items are must have for bonfire!

暖かアイテム焚火に必須!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Yuko

フリーランス翻訳家兼ライター。5歳でキャンプデビュー。年に1回はキャンプに行くことを目標にしている。両親からいずれキャンピングカーを譲り受ける予定。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!