CAMPHACK

秋冬にはメリノウールが絶対おすすめ!アウトドアマンたちが愛用する理由って?

0

ほぼ1年中着られる、メリノウールの長袖が快適すぎる!化学繊維のインナーも進化していますが、やっぱりメリノウールの着心地の良さと、保温性の高さ、防臭効果は唯一無二。秋冬のキャンプをワンランクUPさせる長袖を手に入れてみませんか?

toto7

アイキャッチ出典:アイスブレーカー

今年の秋冬はメリノウールの長袖で過ごさない?

From PIXTA
出典:PIXTA
秋冬のキャンプシーズンが到来! 紅葉や星空などロケーションも最高の秋冬キャンプに付き物なのが「寒さ」。

焚き火台や寝袋、アウターなど寒さ対策のギアを手に入れる前に、高性能インナーをチェックしてみませんか? その中でも特におすすめの「メリノウール素材の長袖」を詳しくご紹介します!

メリノウールを着た人たちの口コミ

7518850688_img_0957
撮影:編集部

第一印象は、肌触りはしっとりしている感じで着心地が良かったです。汗を吸ったあとはすぐに放出してくれているのでサラサラで快適。(出典:ヒラノート

4日間洗わずに連続で着てみましたが、綿などに比べて臭くなりませんでした。(出典:ヒラノート

メリノウールという素材の特徴

まずは素材の特徴を知るところから。一体メリノウールの何がすごいのか、メリット&デメリットをご紹介します。From PIXTA
出典:PIXTA
「メリノウール」とは、メリノ種という羊の毛から取られた天然素材。羊毛の中でも最高の品質を誇り、現代の技術では再現できないと言われているまさに自然の恵みの素材です。

メリット

・肌がチクチクしない優しい着心地
・冬は暖かく、夏でも涼しい調温機能
・天然の抗菌・防臭効果
・長袖なら真夏を除くオールシーズン活躍できる

デメリット

・化繊よりも重く、水を含みやすいので乾きにくい
・生地が弱いので摩耗しやすい
・穴があきやすい
・価格が高い
7586052832_img_0955
撮影:編集部
よく挙げられるメリットが「着心地の良さ」「高い調温機能」「防臭効果」です。この3つのメリットが飛びぬけて大きく、他インナーと比べてみると段違いの性能。一度使ってからハマってリピーターになる人が大多数。 そしてメリノウール素材は「天然素材」なので、肌の弱い人や子どもにも安心して着させられます。

また、デメリットと感じる部分も生地の厚さやタイプ・形状を考慮すれば、ある程度カバーも可能。化学繊維素材のインナーに物足りなさを感じている人に是非おすすめしたい素材が「メリノウール」なんです。

ユニクロのヒートテックと何が違うの?

ユニクロ/ヒートテックVネックT(9分袖)
出典:ユニクロ
ここで比較対象となりやすい素材として、冬におなじみの「ユニクロ/ヒートテック」が挙げられます。ヒートテックは「発熱」に特化した素材で、動く・発汗するという前提で力を発揮してくれます。

しかし同時に乾きにくい一面もあるので、スポーツや気温が低く発汗する登山などの場合にはとても不向きなインナーでもあります。そのため、ヒートテックは発汗しすぎず、程よく動き続ける日常使いのシチュエーションに最適なインナーです。

84957e83-69a9-444e-869e-86f3c5d52726
撮影:編集部
かたやメリノウールは「発熱」ではなく「保温」に特化した素材なので、動くことが少なく発汗も無い場合はこちらの方が向いています。

例えばずっと座り続けるデスクワークの方や、キャンプのシチュエーション。 キャンプでは設営や準備が終わってしまえば、のんびり歓談したり、料理をしたりしながら過ごす人も多いでしょう。じっとしている時間が長い秋冬のキャンプでは「メリノウールの長袖」がインナーとして一歩上を行っているんです。

関連記事