CAMP HACK[キャンプハック]


シュラフ

凍える夜からサヨナラ! 限界温度-10℃の ”暖” シュラフ/寝袋【価格別】

0

冬キャンプの最大の悩み「寒さ」。冬キャンプにチャレンジしてみたものの想像以上の寒さに寝付けず、涙した夜ってありませんか?そんな方は手っ取り早く「秋冬」専用の寝袋を準備してみよう。今回は、限界温度-10℃~-15℃程のシュラフを価格別に紹介します。

Yuko


アイキャッチ画像出典:スウィートグラス

冬キャンの強い味方「限界温度-10℃~-15℃」のシュラフ

シュラフ
出典:facebook
「”寝袋って1つ持っていれば大丈夫でしょう!”そう思って挑んだ冬キャンプ……寒くて寝られなかった」なんて経験ありませんか?

もう冬はキャンプなんてしないと思ってしまったアナタ! ちゃんと冬用の寝袋を準備すれば冬キャンプも快適に。テント泊はもちろん、冬の車中泊にも役立つ限界温度が-10~-15℃のシュラフを価格別にご紹介します。

そもそも限界温度ってなに?

「限界温度」とは、代謝の高い人が丸まった状態で眠れる外温度のことです。またスペックを見てみると一緒に表記されていることの多い「快適温度」は、この温度域までなら多くの人が快適に眠れるという目安です。

あくまでも寒さに対しての感じ方には個人差があるので目安と考え、寒さに弱い人は快適温度を基準に寝袋を選ぶのがいいでしょう。

寝袋を選ぶ際に注意したいこと

キャンプ場の標高やその地域の気温をしっかり事前にチェックしておくことが大切です。

 「限界温度-10℃~-15℃」のシュラフはこんな人におすすめ

●これから冬キャンプを楽しみたい人
●極度の寒がりの人
●冬も車中泊を楽しんでいる人

関連記事