CAMP HACK[キャンプハック]


港に置かれているカリマーSFのミリタリーリュック

ミリタリーリュックのおすすめ20選!小型から40L超の大容量まで

1

ミリタリーリュックは耐久性に優れ、無骨でおしゃれなデザインが大人気。アウトドアのみならず普段使いにも大活躍しますが、さまざまな種類が展開されている分、どれを選んで良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ミリタリーリュックの選び方やサイズ別のおすすめモデルをご紹介! 20L前後の小型タイプから40L超の大容量サイズまでピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヨシダ コウキ

制作者

ヨシダ コウキ

幼少期にキャンプに連れられてアウトドア好きに。 大人になってからご無沙汰だったものの、友人にキャンプに誘われキャンプ熱が再発。焚き火とご飯とお酒が好き。

...続きを読む
ヨシダ コウキのプロフィール

アイキャッチ画像出典:Instagram by @karrimorsf

ミリタリーリュックの魅力とは?

カリマーSFのミリタリーリュックを背負った男性
出典:Instagram by @karrimorsf
アウトドア用途はもちろん、タウンユースでも人気の高いミリタリーリュック。まずはそんなミリタリーリュックの魅力について紹介していきます。
ミリタリーリュックの3つの魅力1. 無骨でおしゃれなデザイン
2. 自分好みにカスタムしやすい
3. 軍用ならではの耐久性や防水性

1. 無骨でおしゃれなデザイン

地面に置かれたカリマーSFのミリタリーリュック
出典:Instagram by @karrimorsf
ミリタリーリュックの魅力はなんといってもその無骨なデザイン。迷彩柄や自然に溶け込むアースカラーが大人のおしゃれ感度を刺激します。

ミリタリーテイストはカジュアルな着こなしにマッチしやすく、ファッションアイテムのひとつとして取り入れる人が増加中です。

2. 自分好みにカスタムしやすい

カスタムしたタスマニアンタイガーのミリタリーリュックを背負う男性
出典:Instagram by @tasmaniantiger_gear
ミリタリーリュックのもうひとつの魅力が優れた拡張性。フロントやサイドに「PALS(パルス)ウェビング」といわれる帯状のパーツが装備されたモデルであれば、ポーチなどを外付けすることが可能です。

収納力を拡張できるだけでなく、見た目や機能を自分好みにカスタマイズしやすい点も、おしゃれ好きの心をくすぐるポイントといえます。

3. 軍用ならではの耐久性や防水性

ミステリーランチのミリタリーリュックから荷物を取り出す人
出典:Instagram by @mysteryranch
軍用アイテムであるミリタリーリュックは、基本的に過酷な環境下での使用を想定して作られており、高い耐久性や防水性を持つモデルが多いのも特徴。

キャンプや登山などのアウトドアから、毎日の通勤・通学まで、さまざまなシーンに対応できる汎用性の高さが人気の理由です。

ミリタリーリュックの選び方

カリマーSFのミリタリーリュックを背負って旅行する人
出典:Instagram by @karrimorsf
さまざまな種類が展開されているミリタリーリュックの中から、最適なモデルを選ぶための3つのポイントを紹介していきます。
ミリタリーリュックの選び方のポイント1. 容量は用途に応じて選ぼう
2. 「モールシステム」に対応しているかどうかを確認しよう
3. 本物志向なら実際に軍隊で採用されたブランドをチェックしよう

1. 容量は用途に応じて選ぼう

ミステリーランチの小さめのミリタリーリュックを背負う男性
出典:Instagram by @mysteryranch
1つ目のポイントは、用途に応じた容量を選ぶこと。「キャンプに持って行きたい」「通勤・通学に使いたい」など、使い方によって適切な容量は違います。

たとえば、ちょっとしたお出かけや一般的な通勤・通学に使うのであれば20L前後の小型タイプで十分な場合が多いでしょう。

持ち歩く荷物が多い場合は30L程度、本格的なアウトドアや旅行にも対応したい場合は40〜50Lほどの大容量モデルを選ぶと安心です。

2. 「モールシステム」に対応しているかどうかを確認しよう

モールシステム対応のカリマーSFのミリタリーリュック
出典:Instagram by @karrimorsf
モールシステムとは、アメリカ軍が採用している装備システムのこと。前述の「PALSウェビング」をはじめ、モールシステムに対応したリュックは拡張性が高く、収納力をアップさせることができます

荷物が多くなりがちなアウトドアや旅行に使いたい場合や、使いやすいように自分でカスタマイズしていきたい場合はモールシステム対応のリュックを選ぶと便利です。

3. 本物志向なら実際に軍隊で採用されたブランドをチェックしよう

ミステリーランチのミリタリーリュックを背負う迷彩服の人
出典:Instagram by @mysteryranch
本物志向の方は、実際に軍隊で採用されたブランドをチェックするのがおすすめ。ハードな使用にも耐え得る耐久性や機能性を持ち、品質の高さに定評があるミリタリーリュックが揃っています。

以下に、実際に軍隊で採用された代表的なブランドを3つピックアップして紹介します。
・カリマーSF
・ミステリーランチ
・タスマニアンタイガー

カリマーSF

カリマーSFのミリタリーリュック
出典:楽天市場
カリマーSFは、イギリスのアウトドアブランド「カリマー」のミリタリー向けライン。SFとは「スペシャルフォース(特殊部隊)」の略称で、イギリス軍や警察の特殊部隊が採用するなどその性能は本物です。

人間工学にもとづいて開発されたS字ショルダーハーネスのほか、引き裂き強度や折り曲げ耐久性に優れた素材を採用しています。

ミステリーランチ

ミステリーランチのミリタリーリュック アメリカ海軍特殊部隊から特別仕様のパック製作依頼を受けた実績を持ち、森林消防隊や山岳ガイドなど過酷な環境で働くプロフェッショナルからも高い支持を得ている「ミステリーランチ」。

独自の3ジップデザインが特徴であり、個人の体格に合わせて背面長を調整できるフォーチュラヨークシステムを搭載するなど、フィット感や機能性に優れたラインナップを展開しています。

▼ミステリーランチのリュックについて詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

タスマニアンタイガー

タスマニアンタイガーのミリタリーリュック タスマニアンタイガーは、ミリタリー・セキュリティ・プロフェッショナル向けのタクティカルギアを専門に展開しているドイツブランド。ドイツ連邦軍やフランス軍でも採用され、欧州各国の軍や警察の厳しい要求に応え高い信頼性を獲得しています。

バックパックの荷重を効率良くヒップベルトに伝えるキャリングシステムや、耐久性に優れたコーデュラ素材を採用しているのが特徴です。

ミリタリーリュックのおすすめ20選

水辺に置かれたカリマーSFのミリタリーリュック
出典:Instagram by @karrimorsf
それでは、以下のサイズ別にミリタリーリュックのおすすめを紹介していきます。ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。
・20L前後の小型タイプ
・30L前後の標準タイプ
・40L以上の大容量タイプ

20L前後の小型タイプ

タスマニアンタイガーの小型のミリタリーリュック
出典:Instagram by @tasmaniantiger_gear
20L前後の小型タイプは、取り扱いがしやすいのでタウンユースにおすすめ! 通勤や通学など普段使いに最適です。

ミステリーランチ Urban Assault【容量:21L】

ミステリーランチのミリタリーシリーズ“アサルト”をベースに、タウンユース向けとして設計されたアーバンアサルト21。スタイリッシュなデザインと機能性を兼ね備えています。

人気の3ジップデザインにより荷物を素早く取り出すことが可能。PC用スリーブが内蔵されており、通勤・通学用としても活躍します。

ミステリーランチ Urban Assault【容量:21L】

●サイズ:28×49×14cm
●素材:500D Cordura ナイロン
●内容量:約21L

▼ミステリーランチ「アーバンアサルト21」について詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめ!

ミステリーランチ Gallagator【容量:19L】

軽量でストレスなく背負い続けることができるミステリーランチのギャラゲーター。荷物を素早く取り出しできる3ジップを搭載した19Lモデルです。

トップのジッパーポケットやサイドのボトルポケットを装備しているので荷物を整理して収納可能。日帰りハイクや日常使いに最適です。

ミステリーランチ Gallagator【容量:19L】

●サイズ:44×27×23cm
●素材:210デニールロービックナイロン,YKKジッパー
●内容量:19L


ケルティ ファルコンMR【容量:23L】

コットンのような風合いのポリエステル生地におなじみの“ブタ鼻”がアクセントのファルコンMR。シャープなシルエットながら23Lの容量を確保しています。フロントに搭載したポケットは左右で別気室となっているため、荷物を分けて収納可能です。

幅を広く設けたショルダーハーネスを採用しているので、肩の負担が少なく長時間背負うことができます。

ケルティ ファルコンMR【容量:23L】

●サイズ:47×31×25cm
●素材:ポリエステル
●内容量:23L


タスマニアンタイガー コンバットパック MK-2【容量:22L】

ドイツのタクティカルギアブランド「タスマニアンタイガー」のモールシステムを搭載したコンバットパックMK。メインコンパートメントは22Lですが、フロントポーチに8Lの容量があり合計30Lの荷物を収納することが可能です。

メイン部は底面以外フルオープンに開くことができるので荷物の出し入れが便利。ベルクロで着脱できるウエストベルトを搭載しており、アウトドアやタウンユースなどシーンに応じて使い分けることが可能です。

タスマニアンタイガー コンバットパック MK-2【容量:22L】

●サイズ:51×29×15cm
●素材:700D CODURA®ナイロン
●内容量:22L


ハザード4 Second Front Rotatable Backpack【容量:21L】

兵士やカメラマンが使用するバッグを展開する「ハザード4」のバックパック。胸側で横向き装着にも対応し、側面のポケットやジッパーを素早く開閉することができます。

通気性に優れた熱成形バックパッドを使用しているので背負ったときの背中の蒸れを軽減。ラップトップPCやハイドレーションバッグも収納可能です。

ハザード4 Second Front Rotatable Backpack【容量:21L】

●サイズ:46×28×16cm
●素材:ナイロン
●内容量:21L


30L前後の標準タイプ

タスマニアンタイガーの中型のミリタリーリュック
出典:Instagram by @tasmaniantiger_gear
30L前後の標準タイプは、タウンユースでもアウトドアでも兼用して使いたいという方におすすめ! ジム通いなどちょっと荷物が多い普段使いから日帰りキャンプまで対応できます。

カリマーSF デルタ25【容量:25L】

市街地パトロールを想定した25Lサイズのデルタ25。1,000デニールナイロンの素材や止水ジッパーを採用しているので強度や防水性に優れます。

S字ハーネスを採用し、通気性が良く厚めのクッションを使用した背面構造が特徴。機動性を重視したミニマルサイズなので普段使いにもおすすめです。

カリマーSF デルタ25【容量:25L】

●サイズ:50×30×15cm
●素材:KS100e
●内容量:25L


カリマーSF セイバー30【容量:30L】

軽量ながら強度と収納力を兼ね備えたカリマーSFのセイバー30。ドローコードで開閉する開口部に加え、ラチェットによる上蓋を使用しているので水の侵入をシャットアウトします。

内部には衝撃を吸収するスリーブポケットを内蔵しているためパソコンを収納することも可能。日帰りキャンプや1泊程度の旅行に最適です。

カリマーSF セイバー30【容量:30L】

●サイズ:50×35×10cm
●素材:ナイロン
●内容量:30L


ミステリーランチ 2Day Assault【容量:27L】

ミステリーランチの代表モデルである3デイアサルトを日常使いしやすい大きさにリサイズして作られた2デイアサルト。モールシステムなどミリタリーテイストを残しつつ内部にPC/ドキュメントスリーブを内蔵しているのが特徴です。
背面調整が可能なので最適なサイズで背負うことができるほか、着脱可能なウエストベルトを搭載。長時間背負い続けても疲れにくくキャンプや普段使いなど幅広く使用することができます。

ミステリーランチ 2Day Assault【容量:27L】

●サイズ:53×30×29cm
●素材:ナイロン
●内容量:27L


コンドルアウトドア ベンチャーパック【容量:27.5L】

カリフォルニアを拠点としタクティカルギア専門メーカーである「コンドルアウトドア」のベンチャーパック。厚手で丈夫なヘビーナイロン素材を使用し、フロントやサイド・ボトム部にモールシステムを搭載しているので拡張性に優れます。

メイン内部背面にタブレットを収納できるスペースを確保。ミリタリー感あふれるデザインながらタウンユースでも使いやすい機能を装備しています。

コンドルアウトドア ベンチャーパック【容量:27.5L】

●サイズ:30.5×50.8×17.8cm
●素材:ヘビーナイロン
●内容量:27.5L


コンドルアウトドア タクティカルギア129Mアサルトバックパック【容量:30L】

フロントに2つのファスナー式ポケットを搭載したミディアムアサルトバックパック。バックフロント・サイド・ボトムにモールウェビングを搭載しているので拡張性に優れます。

メイン収納内部にはハイドレーションシステムに対応したポケットを内蔵しているのでスムーズな水分補給が可能。ポケットを多数配置しているので小物を整理して収納することができます。

コンドルアウトドア タクティカルギア129Mアサルトバックパック【容量:30L】

●サイズ:47.5×30×22.5cm
●内容量:30L


グレゴリー リーコンパック【容量:29L】

グレゴリーがかつて米軍特殊部隊用に開発したスピアパックのコンセプトを継承しているリーコンパック。軍事偵察からタウンユースまで幅広い用途で使用できます。

メイン内部にはハイドレーションパックや無線を収納するのに適したスリーブポケットを内蔵。オーガナイザー付きのフロントポケットやアクセサリーの装着が可能なモールを搭載しています。

グレゴリー リーコンパック【容量:29L】

●サイズ:29×45×19cm
●素材:500Dコーデュラナイロン
●内容量:29L


グレゴリー バウンダリーデイ【容量:27L】

フロント全面にモールシステムを搭載したデザインが特徴的なグレゴリーのバウンダリーデイ。機能性に優れていながらミリタリー感を主張し過ぎないスタイリッシュなデザインが人気です。

大型のメインコンパートメントを採用しているので荷物を収納しやすく、マチ幅を調整できるサイドコンプレッションを装備。バッグ背面側にPC専用のスリーブを設けています。

グレゴリーのバウンダリーデイ
グレゴリー バウンダリーデイ【容量:27L】
サイズ 34×46×16cm
素材 バリスティックナイロン
容量 27L
グレゴリー公式サイトで見る

ケルティ ウィングMR【容量:32L】

レトロでおしゃれなデザインが人気のアメリカ発バックパックメーカー「ケルティ」のウィングMR。コットンの風合いがあるポリエステル生地が特徴的です。両サイドに装備したポケットにはペットボトルや折りたたみ傘など細長い荷物を収納可能。

幅が広くクッション性に優れたショルダーストラップを採用しているので肩への負担が軽減され、ストレスなく背負うことができます。

ケルティ ウィングMR【容量:32L】

●サイズ:51×29×17cm
●素材:ポリエステル
●内容量:32L


40L以上の大容量タイプ

タスマニアンタイガーの大型のミリタリーリュック
出典:Instagram by @tasmaniantiger_gear
40L以上の大容量タイプは、本格的なアウトドア用途におすすめ! キャンプや登山、サバイバルゲームなどの用途に最適です。

カリマーSF Predator Patrol45【容量:45L】

メインコンパートメントだけで45Lの収納力を確保したカリマーSFの大容量バックパック。1,000デニールナイロン生地にシリコン/エラストマーコーティングを施しているので耐久性と防水性に優れています。

モールシステムを装備し、両サイドにオプションのPLCEサイドポケットを取り付けることが可能。拡張性に優れ、イギリス軍採用モデルとして人気です。

カリマーSF Predator Patrol45【容量:45L】

●サイズ:72×50×12cm
●素材:KS100e
●内容量:45L


ミステリーランチ テラフレーム3 ZIP50【容量:50L】

大荷重を支える剛性を持つガイドライトMTフレームを搭載したミステリーランチの50Lバックパック。バック本体とフレームを分離させ、その空間に荷物を積載できる独自のシステムが特徴です。

フレームのカーボンステーは直接ウエストベルトに縫い付けられているので、荷重を腰で効率良く受け止めることが可能。3ジップデザインにより素早く荷物を取り出すことができます。

ミステリーランチ テラフレーム3 ZIP50【容量:50L】

●サイズ:71×38×33cm
●素材:330デニールライトプラスコーデュラナイロン,YKKジッパー
●内容量:50L


コンドルアウトドア 3DAY アサルト【容量:49L】

米軍規格による3日間のミッションに対応した「コンドルアウトドア」の3デイアサルト。本体49Lの大容量を誇り、モールシステムを装備しているのでさらに収納力を拡張することが可能です。

メインコンパートメントを含めフロントやサイドに合計5つの収納スペースを確保。荷物を小分けに整理して収納することが可能です。

コンドルアウトドア 3DAY アサルト【容量:49L】

●サイズ:約50×42×23cm
●素材:1,000デニール・ナイロン生地 ワイパー
●内容量:49L


タスマニアンタイガー ファーストレスポンダー ムーブオン【容量:40L】

応急衛生用品を携帯する目的で開発された「タスマニアンタイガー」の40Lバックパック。メイン収納部は面ファスナーで容易に位置を変更できる仕切り板を内蔵しているので小物を整理して収納できます。

分離し単独で使用できるデイパックを前面に搭載。メディカルバッグとしてはもちろん、防災用として効果的に使用できます。

タスマニアンタイガー ファーストレスポンダー ムーブオン【容量:40L】

●サイズ:56×37×24cm
●素材:CORDURA 700D(マルチカム500D)
●内容量:40L


ハザード4 Patorol Pack Thermo Cap Daypack【容量:40L】

通気性を高めた熱成形バックパネルを背面に搭載した「ハザード4」の40Lバックパック。体の動きを制限しない柔軟性があり、ストレスなく背負うことができます。

フロント上部にパッド入り熱成形ポケットがあり、ライナーが付いているので精密機器やメガネなどを収納することが可能。独自構造のハーネスや2箇所に設けたキャリーハンドルなど、機能性に優れています。

ハザード4 Patorol Pack Thermo Cap Daypack【容量:40L】

●サイズ:48.3×27×25.4cm
●素材:1,000D Cordura
●内容量:40L


サイバトロン 3Pタクティカルバックパック【容量:65L】

“キャンプ芸人”のヒロシさんが使用していることでも有名な「サイバトロン」の3Pバックパック。フロントやサイドに収納ポーチを搭載し、大容量の収納力を誇りながらリーズナブルな価格が魅力です。人間工学にもとづいた独自デザインの肩パッドを採用しているので、心地良く背負えるのが特徴。

軍隊でも用いられるロープファスナーを採用し、モールシステムに対応しているため荷物量に応じて収納力を拡張できます。

サイバトロン バックパック【容量:65L】

●サイズ:76×33×20cm
●内容量:65L


タスマニアンタイガー トゥルーパーパックV2 plus【容量:50L】

フロントに3つの収納ポーチを搭載した「タスマニアンタイガー」の50Lバックパック。単独でモールベルトとして使用できる脱着式のヒップストラップを搭載しています。

ハイドレーションパックに対応したポケットを内蔵しているので足を止めずに水分補給が可能。底面を含む4箇所にモールシステムを装備しレインカバーが付属しています。

タスマニアンタイガー トゥルーパーパックV2 plus【容量:50L】

●サイズ:61×36×31cm
●素材:コーデュラ700
●内容量:50L


ミリタリーリュックのコーディネート

黒いミリタリーリュックを背負った男性
出典:Instagram by @karrimorsf
ミリタリーリュックはアウトドアからタウンユースまでさまざまなシーンで大活躍するアイテム。

ここからは、以下のシーン別にミリタリーリュックのコーディネート例を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください!
・ビジネス
・キャンプ
・登山

ビジネス

黒のミリタリーリュックを背負うグレーのスーツを着た人
出典:楽天市場
ミリタリーリュックもシックなブラックカラーならスーツと合わせやすく、スタイリッシュなイメージに! ビジネススタイルにもかっこよく決まります。

キャンプ

ミリタリーリュックを背負い山道を進む人
出典:楽天市場
これぞミリタリーリュックの本領発揮! モールシステムの拡張性を最大限に活かし、かっこいい無骨キャンプスタイルを実現できます。

登山

ミリタリーリュックを背負うグレーTシャツを着た人
出典:楽天市場
スリムなシルエットで腕の動きを妨げず、フィット感を高められるミリタリーリュックは登山シーンでも人気があります。

タフでおしゃれな万能アイテム!

ミリタリーリュックを背負う女性
出典:Instagram by @karrimorsf
渋いデザインが大人のおしゃれ感度を刺激するミリタリーリュックは、アウトドアはもちろん、タウンユースでも大活躍! カジュアルな着こなしにもマッチします。

今回紹介したおすすめモデルを参考に、タフでおしゃれな万能アイテムをゲットして、ミリタリースタイルを楽しんでみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ

紹介されたアイテム

関連記事