人気ブランド別!ミリタリーリュックおすすめ20選

2020/03/27 更新

ミリタリーリュックおすすめ厳選20選!種類も値段も様々なミリタリーリュックですが、日常的にはもちろんアウトドアで使うなら本格的なものを選びたいところ。そんな人気のミリタリーリュックを、ブランド別に紹介します。


アイキャッチ画像出典:HAZARD4 Facebook

本格派のミリタリーリュックが欲しい!

機能性や収納力からアウトドアシーンで重宝するのはもちろん、ファッションのアクセントにもなるミリタリーリュック。無骨なカッコよさを演出できる迷彩柄やトレンドのオリーブカラーが多く、今やおしゃれアイテムとして定番になりつつありますね。

ところでミリタリーリュックって、どんなリュック?

ミリタリーリュックとは、本来は軍隊で使われるミルスペック仕様のリュックサック。雪や雨といった悪天候にも耐えうる丈夫さやポーチなどを後付けして収納力を拡張できるなど、見た目のカッコよさだけでなく実用性も大きな魅力です。

今回はそんなミリタリーリュックに注目。まずは選び方からチェックしていきましょう!


ミリタリーリュックの選び方は?

出典:instagram by @ishigurohideki1127
一般的なリュックと同じように、ミリタリーリュックには様々な種類があります。選び方の目安としては、荷物の少ないデイリーユースなら、コンパクトな20~25Lがオススメ。荷物が増えそうな一泊二日程度のキャンプで使うなら40L程度、二泊三日など長期間であれば60Lくらいの大容量が良いでしょう。

ひとつのリュックでシーンに合わせて収納力を調節したいなら、サイドポケットなどを後付けできるモールシステム対応のものが便利。リュックやポーチについている帯状のベルトを使い、アイテムを連結させて使い勝手を拡張できます。

そんな便利でカッコいいミリタリーリュック、人気のアイテムはいったいどんなものがあるのでしょうか? ブランド別に20選を紹介していきます!

人気ミリタリーリュックその1「カリマーSF」

カリマー イギリス発のアウトドアブランド「カリマーSF」は、タフで機能的なミリタリーリュックが評判! 本格的なクライミングから、ハイキングや普段使いできるライトなアイテムまで数多くラインナップされています。

ミリタリーリュックブランドのなかでも比較的シンプルなデザインものもが多く、男女問わず気軽に身につけることができますよ。
ITEM
カリマー SF デルタ25
●サイズ:W300×H500×D150(mm)
●素材:ナイロン
●容量:25L
●重量:約 1200g
ITEM
カリマー SF プレデター30
●素材:ナイロン
●サイズ:横30×縦55×マチ20(cm)
●容量:30L
●重量:約1.3kg
ITEM
カリマーSF セイバー45
●サイズ:横幅30×高さ60×マチ25(cm)
●素材:ナイロン
●容量:45L
●重量:約1.7kg
ITEM
カリマーSF プレデターパトロール45
●サイズ:横幅34×高さ60×マチ28(cm)
●素材:ナイロン
●容量:45L
●重量:約2.1kg

人気ミリタリーリュックその2「ミステリーランチ」

出典:楽天
米軍の特殊部隊や森林消防隊も採用するなど、プロユースのハイスペックなリュックで知られるミステリーランチ。耐久性の高い生地を使いながら疲れない背負い心地と仕切りの機能性など、その使い勝手はライトキャンパーからディープなアウトドアマンまで幅広い層から定評があります。

なかでも定番の“アーバンアサルト”はクッション性のあるPCスリーブ付きで通勤通学にも使いやすく、豊富なカラバリで人気のアイテムです。
ITEM
ミステリーランチ アーバンアサルト21L
●サイズ:(約)58㎝×34㎝×25㎝
●素材:ナイロン
●重量:約1.3Kg
●容量:21L
ITEM
ミステリーランチ 2デイアサルト27L
●サイズ:(約)53cm×30cm×28cm
●素材:500デニールコーデュラナイロン
●容量:27L
●重量:(約)1.4kg
ITEM
ミステリーランチ スクリー 32
●サイズ:(約)64cm×36cm×29cm
●素材:210デニールロービック
●容量:32L
●重量:約1.3kg
ITEM
ミステリーランチ クーリー40
●サイズ:(約)72.4cm×40.6cm×32cm
●容量:40L
●重量:約1.7kg
●素材:330デニールロービック



人気ミリタリーリュックその3「コンドルアウトドア」

コンドルアウトドアはカリフォルニアを拠点とするタクティカルギア(ミリタリー装備品)ブランド。タクティカルベスト・モジュラーポーチなどのミリタリー製品を、20年以上に渡り米軍へ提供している老舗メーカーです。

生地にこだわって作られるミリタリーリュックは数万円を超える高額なものも多いなか、コンドルはいずれの容量も1万円台と比較的リーズナブルであることも特徴です。
ITEM
コンドル 160 べンチャーパック
●サイズ:(約)30.5cm×50.8cm×17.8cm
●容量:27.5L
ITEM
コンドル アーバンゴー
●サイズ:約520×450×240mm
●重量:約1.6kg
●容量:約48L
ITEM
コンドル タクティカルギア 125
●サイズ:(約)55×42.5×27.5cm
●容量:49.8L
ITEM
コンドル タクティカルギア 126
●サイズ:(約)45×25×12.5cm
●容量:22.3L

人気ミリタリーリュックその4「ハザード4」

カリフォルニア州に本拠地を構えるタクティカルブランド「ハザード4」。司法や軍機関・戦場カメラマンといったプロはもちろん、リュックの一部がセミハードケース仕様になっているタイプはPCや精密機器を持ち運ぶビジネスマンにも愛用されています。

ハザード4といえばスリングバッグがベースになった“プランシリーズ”が人気。縦長のフォルムで個性的なデザインが特徴的です。
ITEM
ハザードフォー プランB
●サイズ :(約)22cm×50cm×16cm
●素材:コーデュラ1000デニール
ITEM
ハザード4 セカンドフロント
●サイズ:(約)46x28x16cm
●容量:約21L

ITEM
ハザード4 グレイマン パトロール
●サイズ:(約)48.3 × 27 × 25.4 cm
●重量:約1.8kg
●容量:31.8 L
ITEM
ハザード4 スウィッチバッグ
●サイズ:46x28x16cm
●容量:約21L

人気ミリタリーリュックその5「タスマニアンタイガー」

出典:ユーロサプラス
タスマニアンタイガーは、ドイツのミリタリーブランド。ドイツやフランス軍のほかヨーロッパ各国の警察にも採用され、試作品は現役の軍からフィードバックを得ているとあり、耐久性もお墨付きです。

特徴は動きやすさや通気性が考慮された独自のキャリングシステム。とことんプロユースであるブランドだけに、見た目だけでなくスペックにもこだわりたい本格派の方にオススメです。
ITEM
タスマニアンタイガー エッセンシャルパック L MK2 15L
●サイズ:(約)46×25×12 cm
●素材:コーデュラ 700 DEN
●容量:15L
●重量:約565 g
ITEM
タスマニアンタイガー コンバットパックMK2
●サイズ:(約)51cm×29cm×15cm
●重量:約1.45kg
●容量:22L
●素材:ナイロン
ITEM
タスマニアンタイガー トゥルーパーラ イトパック 35L
●サイズ:(約)59×32×17cm
●容量:35L
●重量:約1kg
●素材:ナイロン
ITEM
タスマニアンタイガー ミッションパック 37L
●サイズ:(約)55×28×20cm
●容量:37L
●重量:約2kg
●素材:ナイロン

クールで高機能なミリタリーリュックを手に入れよう

ミリタリーリュックは軍隊や警察といったプロフェッショナルが使うイメージがありますが、サイズやデザインによっては気軽に日常やアウトドアにも取り入れられます。クールで高機能なリュックをお探しの方、ぜひ人気ブランドのミリタリーリュックをチェックしてみてくださいね!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事


紹介されたアイテム

カリマー SF デルタ25
サイトを見る
カリマー SF プレデター30
サイトを見る
カリマーSF セイバー45
サイトを見る
カリマーSF プレデターパトロール45
サイトを見る
ミステリーランチ アーバンアサルト21L
サイトを見る
ミステリーランチ 2デイアサルト27L
サイトを見る
ミステリーランチ スクリー 32
サイトを見る
ミステリーランチ クーリー40
サイトを見る
コンドル 160 べンチャーパック
サイトを見る
コンドル アーバンゴー
サイトを見る
コンドル タクティカルギア 125
サイトを見る
コンドル タクティカルギア 126
サイトを見る
ハザードフォー プランB
サイトを見る
ハザード4 セカンドフロント
サイトを見る
ハザード4 グレイマン パトロール
サイトを見る
ハザード4 スウィッチバッグ
サイトを見る
タスマニアンタイガー エッセンシャルパッ…
タスマニアンタイガー コンバットパックM…
サイトを見る
タスマニアンタイガー トゥルーパーラ イ…
サイトを見る
タスマニアンタイガー ミッションパック…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
midori

2児の母でフォトグラファー。幼い頃に入団していたガールスカウトでアウトドアの魅力を知り、我が子にもたくさん自然と触れ合って欲しくてファミリーキャンプを始めました。フォトジェニックなキャンプを目指しています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!