最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ リュック

ソロキャンプにおすすめのリュック厳選8モデル!パッキング術も紹介

2022/09/12 更新

電車や徒歩で移動するソロキャンパーにとって、リュック選びは重要なポイント。使い勝手やフィット感を重視して、少しでも快適に移動したいですよね。今回は、ソロキャンプにおすすめのリュックを紹介します!選び方やパッキング術も徹底的に解説。ソロキャンプ用のリュックを検討している方は、ぜひ見てください!

目次

アイキャッチ画像出典:instagram by @grass_field_works

ソロキャンプ用のリュックはどう選ぶ?

キャンプ リュック

出典:instagram by @aki.tomi_220

お気に入りギアを詰め込んで、リュックひとつで出掛けるソロキャンプ。ロマンがあってかっこいいですよね。車以外でキャンプ場に向かうなら、リュックはずっと背負い続けないといけません。

まずは、自分にぴったりのリュックを選ぶポイントを見ていきましょう!

1泊するならサイズは30L以上!

ソロキャンプ道具

出典:PIXTA

ソロキャンプの持ち物は、テント・シュラフやマットなどの寝具・着替え・調理器具などです。リュックのサイズは、1泊するなら最低でも30Lは必要

荷物が増えた場合は、モールを活用してギアを外付けしたり、ポーチなどをつけて拡張ができるリュックもあります。

背負いやすさ・使いやすさもチェック

リュック キャンプ

出典:instagram by @dd_hammocks_japan

電車や徒歩で移動するなら、背負いやすさはかなり重要なポイント! 太めのショルダーベルトが付いていると、肩への負担が少なくなります。ウエストベルトが付いている登山用リュックは、さらに安定感が増しますよ。

また、ポケットの位置や荷物へのアクセスのしやすさもチェックしましょう。実際にお店で試してみるのがおすすめです。

ソロキャンプにおすすめのリュック8選

キャンプ リュック

出典:instagram by @shocamping
それでは早速、キャンプにおすすめのバックパックを見ていきましょう!

カリマー SFプレデター 30

ミリタリーな雰囲気がたまらないカリマーのSFプレデター。最大の特徴は、3面に取り付けられたナイロン製ウェビング「MOLLEシステム」。カラビナやポーチを取り付けて、自分好みに拡張できるのがポイントです。サイドにあるベルトは、マットなどの長めのギアを付けるのに便利です。

カリマー SFプレデター 30

●容量:30L
●サイズ:幅30×高さ55×奥行20cm
●重量:1.3kg
●素材:KS60リップストップ(マルチカムのみ500D IRRナイロン)

▼ミリタリーリュックについての詳細はこちらの記事をチェック!

カリマー クーガーグレース 55-70

女性の体型にフィットするように作られているカリマーのクーガーグレース。登山用リュックなので、ウエストベルトや背面調節システムの搭載で安定感は抜群です。テントやシュラフも入る大容量サイズ。

カリマー クーガーグレース 55-70

●容量:55-70L
●サイズ:幅36×高さ73×奥行30cm
●重量:2.55kg
●素材:KS-N420d Cordura R/S・KS-N210d HT Baby R/S

ドイター エアコンタクト 50+10

ドイターは、100年以上も世界中の登山家から愛されているドイツのメーカーです。定番アイテムのエアコンタクトは、補強フレームや腰や肩に付けられた大きめのパッドで、重さを感じにくい設計が特徴です。長時間の移動でも疲れにくいので、電車・徒歩キャンパーにおすすめです!

ドイター エアコンタクト 50+10

●容量:50+10L
●サイズ:幅30×高さ80×奥行24cm
●素材:100D PAハイテナシティ・1000D PA・100D ナイロン H.T.・1000D ナイロン

▼ドイターリュックについての詳細はこちらの記事をチェック!

ミステリーランチ テラフレーム3ZIP 50

リュック背面のフレームを開くことで、背中とリュックの間に荷物を収納できる「テラフレームシステム」搭載モデル。テントやシュラフなどの、大きめのギアを入れるのにぴったりです。また、メインの荷室に素早くアクセスできる3つのジップもポイント。設営や撤収がスムーズにできます。

ミステリーランチ テラフレーム3ZIP 50

●容量:50L
●サイズ:幅38×高さ71×奥行33cm
●重量:2.3kg
●素材:330デニールライトプラスコーデュラナイロン・YKKジッパー

▼ミステリーランチリュックについての詳細はこちらの記事をチェック!

DDハンモック DDベルゲン リュックサック

無骨ソロキャンパーから圧倒的支持を得ているDDハンモック。DDベルゲン リュックサックは本体が37L、3つのポケット18Lを合わせて55Lのサイズです。正面のポケットは取り外しが可能。テントから貴重品だけを持ち出したいときなど、サブバッグは必要なときに便利です。

DDハンモック DDベルゲン リュックサック

●容量:55L
●重量:1.7kg

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル

サイドポーチが取り外しできるサイバトロンのバックパック 3Pタクティカル。モールシステムを活用して自由にパッキングできるのが人気のポイントです! 小物をリュックの外側につけて、かっこよく見せたい人におすすめ。

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル

●容量:31〜40L
●サイズ:幅27×高さ48×奥行27cm
●素材:防水900D

ミレー サースフェー40+5

背負い心地がよく、リュックの種類も充実しているミレー。サースフェーは、背負ったまま水筒などを入れるサイドポケットや、スマートフォンなどを入れるウエストポケットがあるなど使いやすさも抜群です。

ミレー サースフェー 40+5

●容量:40+5L
●サイズ:幅30×高さ67×奥行20cm
●重量:1.57kg
●素材:ナイロン 210 CORDURA® OX ナイロン 210D DOUBLE R/S SD (68*62) PU

ザ・ノース・フェイス グリフィン65

ノースフェイスのグリフィン65は、容量65L以上とかなりの大型サイズ。 荷物はすべてリュックの中に収納したい方におすすめです。吸汗速乾性に優れたバックパネルや、背面長調節機能で長時間の移動も快適です。

ザ・ノース・フェイス グリフィン65

●容量:S/M:67L・L/XL:70L
●サイズ:S/M:幅39×高さ61×奥行28cm・L/XL:幅39×高さ67×奥行28cm
●素材:210D IronLiteナイロン・420D IronLiteナイロン

ソロキャンプのパッキング術!

ソロキャンプ パッキング

撮影:筆者

次に、ソロキャンプのパッキングのポイントを紹介します。上手にパッキングすれば、リュックが軽く感じることも! コツを掴んで、次回のキャンプから試してみてくださいね。

【シュラフ・衣類など】リュック下部へ

ソロキャンプ パッキング

撮影:筆者

まず、シュラフや衣類などの軽いものはリュック下部へ入れましょう。重いものが下にあると、重心が下に寄ってしまい歩きにくくなるためです。

すぐに使わないものを下に入れておけば、すぐに使いたいものを上部に詰めることができます。

【小物・すぐ使うもの】リュック上部へ

ソロキャンプ パッキング

撮影:筆者

設営で使うペグやハンマー、タープなどはリュック上部へ。すぐに取り出すことができ、スムーズに設営できます。また、ウェットティッシュやビニール袋なども上部に入れておけば、欲しい時にサッと取り出せます。

【調理器具】スタッキングしてコンパクトに

ソロキャンプ パッキング

撮影:筆者

ソロキャンプで意外とかさばるのが調理器具。クッカーの中にガスボンベやバーナーを入れるなど、スタッキングしてなるべくコンパクトにまとめましょう。サイズも一人用の小さいものを選べば、スペースを節約できます。

また、スキレットなど重めの調理器具などは、リュックの背中に入れるといいですよ。重心が身体に寄ることで歩きやすくなります

【テント・マットなど】ゴムロープなどで外側に固定

ソロキャンプ パッキング

撮影:筆者

テントなどの大きめのギアは、リュックの外側にゴムロープで固定してもいいですね。長めのマットなども固定しやすいです。リュックにループがあれば、カラビナを使って他のギアを吊り下げることもできます。

リュックひとつで身軽にキャンプに行こう

キャンプ リュック

出典:instagram by @kaz.cf

今回は、ソロキャンプにおすすめのリュックを紹介しました。ミリタリーリュックは、ギアを外付けするなど自分好みにカスタムできてかっこいいですよね。荷物をスッキリまとめたい方は、登山用のリュックを選んでもいいでしょう。自分のキャンプスタイルに合わせて、ぴったりのリュックを見つけてくださいね!

こちらの記事もおすすめ

紹介されたアイテム