【2021年最新】失敗しないクーラーボックスおすすめ大全!選び方や保冷力を高めるコツも

2021/07/14 更新

ソロからファミリーキャンプ向けのクーラーボックスをサイズ別に紹介!夏のキャンプで必須な食材の保管庫であるクーラーボックス。暑い外気温でのキャンプ中でも飲み物や食材を上手に冷やすコツや、キャンプスタイルにあったクーラーボックスの選び方を解説します!

アイキャッチ画像出典:楽天

自分に合ったクーラーボックスを選びたい!

クーラーボックス
出典:PIXTA
クーラーボックスはハードかソフトか以前に、サイズや機能性・デザインなど、あまりの種類の多さに購入の決定打が打ちにくいキャンプギアの一つといっても過言ではありません。

それでも「今の自分に合ったクーラーボックスを選びたい!」と意気込む方へ向けて、今回はクーラーボックスの選び方から、おすすめのクーラーボックスまで大ボリュームでご紹介します!

ポイントは4つ!クーラーボックスの選び方

出典:楽天
冒頭でもお話ししたとおり、クーラーボックスは種類が多くどれを購入すべきかかなり迷うギア。いざ選ぶときは以下の4つのポイントをもとに、自分に合ったクーラーボックスを絞っていきましょう。

①ハードかソフトかで選ぶ

クーラーボックス 今やもう当たり前になっていますが、クーラーボックスは大きく分けて【ハード】と【ソフト】の2種類に分けられます。その名のとおり頑丈な作りなのがハード、やわらかい素材で作られているのがソフトですが、それぞれにどのような利点があるのか見ていきましょう。

✔︎ハードクーラーボックスの特徴①:外部からの衝撃に強い
クーラーボックス
出典:YETI Facebook
ハードクーラーはその名のとおり非常に頑丈に作られており、外部からの衝撃を内容物まで伝えにくくなっています。やわらかい食材や、酒類の瓶なども安心して持ち運ぶことが可能。椅子やテーブル代わりにする場合もあるので、キャンプや釣りで1つメインとして用意しておきたいところです。

✔︎ハードクーラーボックスの特徴②:積載がしやすい
クーラーボックス
出典:HIMARAYA
側面すべてが頑丈で、車へと積み込むときには上に重量のあるものを載せることができます。形状が四角のものが多く、テントや収納ボックスなど重量がある物でも上に積載しやすいのがポイントです。

✔︎ハードクーラーボックスの特徴③:サイズの幅が広い
クーラーボックス
出典;Facebook
350ml缶が6本まで入るソロ用のものから、2ℓのペットボトルが15本まで入る大型なものまで、サイズ展開が広いこともハードクーラーの利点といえます。大型のソフトクーラーはまだ少ないため、連泊や大人数でのキャンプではハードクーラーを使用されている方が多いです。

✔︎ソフトクーラーボックスの特徴①: 軽量で持ち運びやすい
クーラーボックス
出典:snowpeak
一方ソフトクーラーは軽い素材で作られているため、大型なものでも軽く持ち運びやすいのが特徴です。中に食材を詰めても、クーラー自体が軽いのでそこまで重くならないのはうれしいポイントですね。

✔︎ソフトクーラーボックスの特徴②: コンパクトに収納できる
クーラーボックス
出典;Coleman
すべてのものがコンパクトにできるわけではありませんが、多くのソフトクーラーは折りたたむことでコンパクトに収納することができます。キャンプの撤収時に中が空になったクーラーを折りたためば、積載作業も非常に楽になること間違いなしです。

✔︎ソフトクーラーボックスの特徴③:多少なら規定量よりも多くものが入れられる
クーラーボックス
出典:DOD
ソフトという名のとおり柔軟性のある素材で作られているので、多少ならクーラーの形が変わるほど中に食材を詰め込んでも問題ありません。ハードでは規程の量しか入れられませんが、ソフトはチャックが壊れることに注意さえすれば、多少容量オーバーでも保冷することができます。

②サイズで選ぶ

クーラーボックス
出典:楽天
続いてはキャンプスタイルを考慮し、クーラーボックスのサイズを選んでいきましょう。
人数に合わせたクーラーボックスのサイズ目安(1泊2日想定)
5〜15ℓ  :デイキャンプ
15〜20ℓ:ソロキャンプ
30ℓ前後:大人2人
40ℓ前後:大人2人+子供1人
50ℓ前後:大人3人
60ℓ前後:大人4〜5人

上記は1泊2日のキャンプを想定した基準。お酒を飲む方や、他の人よりたくさん食べる方は目安サイズよりワンサイズ大きいものを用意しておくと安心です。また、内容量に対してサイズが大きすぎると、余分なスペースができて保冷力の低下につながります。できるだけぴったりなものを準備したいところです!

③携帯性で選ぶ

クーラーボックス
出典:OtterBOX
キャンプでは車をサイトに停められるキャンプ場ばかりではなく、車からサイトまで距離がある場合や、電車などでキャンプ場まで行く場合もあります。両サイドに取手があるものや、肩掛けできるものキャスターがついているものなど自身が持ち運びやすいクーラーボックスを選ぶことが大切です。

保冷力は“素材”に注目!

クーラーボックス ここまでハードとソフトの違いを紹介しましたが、結局クーラーボックスに最も求められるのは、中の冷気を保つ保冷力。クーラーボックスにどのような素材が使われているか、も注目しましょう! 主にクーラーボックスの断熱材で使用される素材は、以下の3つ。
ポリウレタン・ポリエチレンなど発泡スチロール真空断熱パネル
イグルー ハードクーラー マリーンウルトラ 54
一般的なアウトドア用のものはほとんどがこれ。一番安価で、繰り返し使うものではない。釣り用のものに多く採用、高価なものが多い。
保冷力:中保冷力:低保冷力:高
また、少し前までは「ソフトクーラーは保冷力が低い」という常識も変わり、素材の進化により今ではソフトクーラーもハードクーラーに劣らぬ保冷力を備えているものも多く販売されています。そのため、ハードやソフトにこだわらず、自分に合ったクーラーボックスを選ぶことが重要です。

【5リットル〜20リットル】使い勝手◎なクーラーボックスおすすめ8選

【4.7L】コールマン テイク6(ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:Coleman
小さくとも頑丈で、汚れも拭くだけで簡単に取れるコールマンのテイク6。350ml缶が6本入るサイズで、ピクニックやデイキャンブへの持ち運びも気軽にできます。公式ホームページでは赤・青のみの販売ですが、時期によってはカーキやベージュなど、別注カラーも販売されるデザイン豊富な点がポイントです。

ITEM
コールマン テイク6
■容量:4.7L
■本体サイズ:約28.5×20×18(cm)

ソロキャンプにちょうどいいサイズでした。
500ミリリットルのペットボトルが横にして4本入ります。


【5L】ホールアース  MINI COOLER 6(ポリウレタン)

出典:楽天
カーキ・ベージュの2種類が販売されている、無骨でおしゃれなデザインが特徴のホールアースMINI COOLER6。

蓋部分を反転させることで、保冷しながらも缶用テーブルとして使うことができる、使い心地にこだわったハードクーラーです。

ITEM
ホールアース MINI COOLER 6
■容量:約5L
■サイズ:27 x 20.5 x 10.8(cm)

【10L】ダイワ クールライン アルファ/アルファII(ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:Amazon
釣具大手ブランドであるダイワが販売するのは、コンパクトでも多くの機能を備えるクールラインアルファ/アルファII。蓋が取り外せる設計により、丸洗いすることができるだけでなく、前後どちらからでも蓋を開けることができます。

その他にも、飲み物が取り出せる小窓がついていたり、さまざまなオプションでカスタマイズが楽しめるなど多機能なのが魅力的です。

ITEM
ダイワ クールラインアルファ2
■容量:10L
■サイズ:25×37×29.5(cm)

車中泊用として、後部の収納スペースに合わせて購入しました。各社のクーラーボックスをチェックしたのですが、SU1000Xは大きすぎず、小さすぎず、絶妙のサイズでした。アウトドア用のクーラーボックスも検討したのですが、釣り用は保温性能が高そうなのでこちらを選択しました。夏は冷やすために、冬は冷えすぎないようにするために、オールシーズン活用できそうです。


【18.1L】フィールドア ノーザンクーラーボックス(ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:楽天
無骨で重厚感溢れるデザインのフィールドア、ノーザンクーラーボックス。5cmの分厚い断熱材を使用し、10日間も氷を維持する保冷性は、連泊キャンプのサブクーラーとしても充分使用することができます。

蓋の空きにくさを解消する加圧リリースボタンやボトルオープナーなど、細部にまでこだわって作られているのが特徴です。

ITEM
FIELDOOR ノーザンクーラーボックス
■容量:18.9ℓ
■サイズ : (約)53×34×36(cm)

5月に一泊二日のキャンプで使用しました。二日目の昼でもロックアイスが普通の状態で残ってました。保冷力はとても良いと思います。硬いという評判も多いラッチですが、下に引っ張りながら閉めれば女性でも問題なくできました。


【10L】DOD ソフトくらこ(ポリエチレン)

クーラーボックス
出典:DOD
コスパの高さと個性的で使い勝手が良いアイテムが多いことから人気の高いDODのソフトクーラー、ソフトくらこ。背面にカラビナをつければ、バックパックやバイクで簡単に持ち運べる携帯性の高さが特徴です。

16時間ほども氷を溶かさないような保冷性がある反面、クーラーとしてではなくギア収納ボックスとしても使うことができます。

ITEM
DOD(ディーオーディー) ソフトくらこ
■容量:10L
■サイズ:41×29×13(cm)

軽くて程よくコンパクトです。
Dリングがたくさんついてるので自分の使い勝手のいいようにベルトを付け替えられるのが楽しい!
リュックみたいにしたかったけど、付属のベルトでは長さが足りず背中の上部に寄ってしまうのでそこは自分で用意しようかなと思います。
メインハンドルには広めのグリップがついていて多少重たいものでも手が痛くなりにくそう。
女性の両手で持ってちょうど~やや狭めくらいの長さです。
サイドハンドルも両側にあるので肩掛けにするときも左右気にせず持てます。


【12L】ロゴス 氷点下クーラー(ポリエチレン)

クーラーボックス
出典:楽天
ソフトクーラーの常識を覆す驚きの保冷力を持つ、ロゴス のハイパー氷点下クーラー。同ブランドの保冷剤「氷点下パック」を使用することで、アイスクリームが最大11時間保冷可能な保冷力を備えています。

衝撃に強い素材で頑丈であるにも関わらず、折りたたみ性能もあわせ持つハイスペックさが特徴です。

ITEM
ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラー
■サイズ:30×24×24(cm)
■容量:約12L・20L・40L

友達からロゴスのクーラーボックス と保冷剤のことは聞いていて、保冷剤はすぐに購入したのですが、自宅にあったクーラーボックスがまだ使えたのでそっちを使っていました。
けれどこの夏、クーラーボックスを活用する機会が増え、軽くて使いやすいものに変えることに!
やっと購入することが出来ました!
ロゴスの保冷剤2ことセットで使うと、凍るくらいです!


【17.1L】イエティ  ホッパーフリップ18(ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:Facebook
ハードクーラーのイメージが強いアウトドアブランドのイエティですが、ソフトクーラーもカッコよく人気の高いクーラーです。高い保冷力はもちろん、底面には傷がつきにくい素材が使用されているため、長く愛用することができます。

ドライスーツにも使われる止水ジッパーで、内部の水が漏れない構造になっている反面、ソフトクーラーになりがちなジッパーの硬さをカバーする、リュブリカントが付属するなど、手の行き届いたクーラーボックスです。
ITEM
YETI Hopper Flip 18
■容量:17.1L
■サイズ:32.07×40.01×26.04(cm)

【18L】ハイドロフラスク ソフトクーラートート

クーラーボックス
出典:楽天
保冷力の高いステンレスボトルで定評のあるブランド、ハイドロフラスクのソフトクーラートート。軽量でありながら420Dと820Dの2つのナイロンを採用することで、防水性・耐久性・高い保冷力を実現した頑丈ソフトクーラーです。

もちろん保冷力も高く、その保冷時間は最大48時間。ハードタイプのクーラーボックスに引けを取らない丈夫さと保冷性能を持ち合わせています。
ITEM
ハイドロフラスク ソフトクーラートート 18L
■容量:18L
■サイズ:43.1×32×20.3(cm)

【30リットル〜40リットル】厳選クーラーボックスおすすめ8選

【37.8L】イエティ クーラーズ タンドラ45(ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:A&F
高い保冷力と耐久性からクーラーボックスの定番といっても過言ではない、イエティのタンドラ45。クマがこじ開けようとしても決して壊れない頑丈な作りや、サイトレイアウトでも存在感を放つシンプルで無骨なデザインが特徴です。

そして何よりも、数日間の連泊もこれ1つで行けるほどの保冷力こそが、イエティの人気の理由といえます。
ITEM
イエティ クーラーズタンドラ45
■容量:37.8L
■サイズ:47.9×27.0×29.2(cm)

お値段が高いので購入するのに少し考えましたが、やはりこれにして良かったなと感じました。先日3泊4日のキャンプに行った時に、途中心配だったので1度氷を足しましたが、出発前の氷も最後まで冷たく、そして途中で買った氷もとけることなくビールがキンキンに冷えていました。重さがあるので持ち運びが以前使っていた物より大変ではありますが、その分丈夫さと保冷力の強さに感動しました。 


【38L】スノーピーク ハードロッククーラー(ポリエチレン・ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:Amazon
頑丈で一生使えると多くのキャンパーから支持が高いブランド、スノーピークのハードロッククーラー。つなぎ目のない一体構造で、ドライアイス使用時は最大7日間も氷を維持する高い保冷力があります。

無骨で渋いフォルムと、蓋部分に堂々と入ったスノーピークのロゴは、まさにサイトレイアウトを男らしく見せる引き立て役です。

ITEM
スノーピーク ハードロッククーラー 40QT
■容量:38L
■サイズ:64.8×40.6×39.1(cm)

【42.5L】ローバー プロダクツ ローラー45QT

クーラーボックス
出典:plywood
近年、日本の上陸したアメリカのクーラーボックスブランド、ローバープロダクツのローラーシリーズ。クーラーボックスのブランドということもあり、最大10日間と高い保冷性だけでなく、パンクレスタイヤを搭載し、持ち運びも簡単にできます。

さらに、蓋の上部には折り畳み可能のボックスが付属し、展開するとキャンプ道具を詰め込んで運べるキャリーにもなる高機能クーラーです。

ITEM
ローバー プロダクツ ローラー45QT
■容量:42.5L
■サイズ:57x53.3x49(cm)

【33.1L】アイスランド クーラーボックス35 (ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:楽天
続いて紹介するのが、1泊2日のキャンプでも十分使える、約33Lのアイスランド クーラーボックス。頑丈で保冷力が高いのはもちろん、付属の仕切り板やバスケットを取り付けることで、食材と飲み物を分けやすくなっています。

カラーは上画像のカモの他に、サンド・グレー・グリーンと豊富なのも魅力的です。

ITEM
アイスランド クーラーボックス 35QT
■容量:31.1L
■サイズ:41×57×41(cm)

キャンプ用として購入しました。
発送も早く、キャンプまでに間に合いました。
クーラーとしての性能は、抜群です。使用状況にもよると思いますが、氷が二日間はもちました。また、デザインもカッコイイと評判が良かったです。


【35L】コールマン アルティメイトクーラーⅡ(ポリエチレン)

クーラーボックス
出典:Coleman
自然に溶け込むオリーブカラーが映える、コールマンのアルティメイトクーラーⅡ。「クイックサーブオープニング」を採用し、フタを全開にせずとも2、リットルのペットボトルのような大きな物も取ることが出来ます。

未使用時は薄く折りたためるので、収納するときにかさばらないのも魅力的です。

ITEM
コールマン アルティメイトアイスクーラーII オリーブ
■容量:35L
■サイズ:42 x 32 x 38 (cm)

【35L】アイスミュール トラベラー(ナイロン・ビニール)

クーラーボックス
出典:ICEMULE
ソフトクーラーをメインで取り扱うアイスミュールが開発した、他社とは一線を画す人気商品「トラベラー」。このクーラーは保冷時間は最大48時間と保冷力も非常に高いだけでなく、付属のショルダーハーネスを展開することで、バックパックのように背負うことが出来ます。

ファスナーを全開にすれば取り出しやすいだけでなく、整理しやすいように開口部が広く工夫されているのもうれしいポイントです。

ITEM
アイスミュール トラベラー
■容量:35L
■サイズ:57.2×27.9×33(cm)

【36L】AOクーラーズ キャンパスシリーズ(ポリエチレン)

クーラーボックス ソフトクーラーの中でも根強い人気を誇るのがアメリカ発祥ブランド、AOクーラーのキャンバスシリーズ。インナーを縫い目のない構造にすることで、外気温が49度でも最大24時間ほど氷を維持する保冷力の高さを実現しています。

サイドのバックルを外すことにより、高さのある物も縦収納できるトートスタイルに切り替えが出来て、さまざまな状況に対応可能なソフトクーラーです。

ITEM
AOクーラーズ 36パック キャンバス
■容量:36L
■サイズ:53×30×25(cm)

36pが丁度良いサイズだと思って買いましたが、それでも大きく感じました。
普段使としてトートバッグに使うなら奥行き25センチは厚過ぎると思いました(キャンプ専用かな?)。
それと、保冷力を重視したクーラーなので断熱材の厚さの分、収納には期待しない方が良いと思います。
僕以上に息子が気に入り、次回キャンプが楽しみです。


【38L】ORCA Coolers 40(ポリウレタン)

出典:楽天
2012年スタート、期待の新進気鋭ブランド・オルカ。オフィシャルでは「氷が10日間溶けない」と謳われているほど高い保冷力を誇ります。また、注目したいのはそのディテール。両サイドに大きく丈夫なハンドルを備え、内部の水をスムーズに排出できるシステムや、クーラーボックス自体に鍵をかけることも。豊富なカラバリで人気急上昇中です!
ITEM
オルカ クーラーズ40
■容量:38L
■サイズ:高さ約44×幅約65×奥行き約45(cm)

【46L】DOD ソフトくらぞう(ポリエチレン)

クーラーボックス
出典:DOD
高い保冷力と機能性が光る多機能ソフトクーラー 、DODの「ソフトくらぞう」。断熱材には極厚発泡ポリエチレンフォームを使用し、その保冷時間は最大56時間。2泊3日のキャンプでも、チェックアウトまで氷を溶かさず帰ることもできます。

付属のパーテーションは位置調整することができるので、食材と飲み物の量次第で幅の調整ができ、使い勝手が重視されたソフトクーラーです。

ITEM
DOD(ディーオーディー)  ソフトくらぞう
■容量:46L
■サイズ:58×31×36(cm)

すぐに届きました!商品名がソフトだし、折り畳めるだろうと勝手に思っていましたが、畳めなかったです。
思ったより大きかったです。
中の仕切りは面ファスナーで取り外しができ、好きな幅に調節できます。
ショルダーにも手提げにもでき、3方向にハンドルがついていて、ちょっと物がぶら下げられるようにテープが付いていたりと、便利に使えそうです。


【50リットル〜60リットル】大型クーラーボックスおすすめ5選

【51L】コールマン アニバーサリースチールベルトクーラー54QT(ポリウレタン)

クーラーボックス レトロなデザインが目を惹く、コールマンのアニバーサリースチールベルトクーラー54QT。すごいのはおしゃれなデザインだけでなく、厚さ3cmの発砲ウレタンを断熱材に使用し、最大4日間は氷を維持する保冷性も持ち合わせています。

ターコイズやストロベリーだけでなく、レッドやイエロー、グリーンにナッツカラーなどカラーリングが豊富なのもうれしい点です。

ITEM
コールマン スチールベルトクーラー54QT
■容量:51L
■サイズ:41×60×42(cm)

以前からスチールベルトクーラーは欲しかったのですが、いいお値段するので購入をためらっていました。ターコイズ色は、現物を見てもめちゃくちゃ可愛かったです。保冷効果もコールマンなら安心ですし、少し大き過ぎるかなぁとも思いましたが、まとめ買いするにはこの大きさもあまり気にならないのかなぁと。恐らく大きめのショッピングバック2つ分くらいは余裕かと。思いきって購入して良かったです。 


【50L】ロゴス アクションクーラー(ポリプロピレン)

クーラーボックス
出典:LOGOS
手頃なお値段で使い勝手のいいギアを多数販売するロゴス、アクションクーラー。蓋が取り外し可能で丸洗いすることができ、蓋にはかまどが付いているため、飲み物だけを出したいときなどに便利です。そして何よりもこのサイズ、この可能性で1万円以下という驚きの価格も魅力!

ITEM
ロゴス アクションクーラー
■容量:50L
■サイズ:70.6×38.4×37.6(cm)

良かった
金額的にもおさえたくて、なおかつ見た目にもと考えていた所、このサイズで持ちやすく、
小さい扉があるのはとても便利。
長く使っていきたいです!


【54L】チャムス スチールクーラーボックス(ポリウレタン)

クーラーボックス
出典:CHUMS
多くのおしゃれキャンパーが愛用するブランド、チャムスのスチールクーラーボックス。正面に大きく入ったロゴと、シンプルで写真映えするデザインが人気のクーラーボックスです。

片手でも簡単に開けることができるロック機能や、他社製品では角についていることの多い栓抜きは、正面につけることで使い勝手も抜群な点もキャンパーのことが考えられて作りになっています。
ITEM
チャムス スチールクーラーボックス 54L
■容量:54L
■サイズ:42×58×36.5(cm)

【60L】シマノ スペーザ ホエールリミテッド600(真空パネル)

出典:釣king
真空パネルを3面に使用し、高い保冷力を誇る釣り人御用達ブランド。キャスター付きで便利! フィッシャーマン一押しの保冷力を誇り、大人二人が座れるタフボディです。

ITEM
シマノ スペーザ ホエールリミテッド600
■容量:60L
■サイズ:39.6×93.4×34(cm)

【61.5L】オッターボックス ベンチャークーラー 65QT

クーラーボックス
出典:Amazon
ソフトクーラーで人気の高いオッターボックスですが、ハードクーラーのこちらも注目ギア。他社のものと比較して突出しているハンドル部分は、持ちやすさと車載固定がしやすくなっています。サイドテーブルやペットボトルホルダーなど、オプションが多彩で自分仕様にカスタマイズできます。

ITEM
オッターボックス ベンチャーハードクーラー 65クォート
■容量:61.5L
■サイズ:102×48×48(cm)

これで冷やし上手!クーラーボックスをの保冷力を高めるコツ

クーラーボックス
出典:DOD
真夏に炎天下の中でキャンプをすると、いくらクーラーボックスといえど温まり、冷気が失われます。せっかくの冷気を失わず、なおかつクーラーボックスの保冷力を最大限発揮できるコツもあわせて知っておきましょう!

①保冷剤で食材を挟む

出典:PIXTA
クーラーボックスに保冷剤を入れるときは、まとめて入れずに食材を挟むようにして入れることがポイントです。また、冷気は下から上へと上がっていくため、テキストクーラーの底と食材の一番上に入れることで冷気が逃げず、保冷性が保たれやすくなります。

使用する保冷材は小さくすぐ溶けてしまうようなものではなく、できる限りアウトドア用のものを使用することが大切です。

ITEM
ロゴス 氷点下パック GT-16℃・ハード600g
■重量:600g
■サイズ:19.5×13.7×2.8(cm)

購入して初めてクーラーボックスに入れて持ち運びしましたが
10時間以上経っても氷点下パックはほとんど解けずに凍っていました。
これは安心して持ち運びもできますし、停電時の冷蔵庫などにも使えそうです。



②食材を前もって凍らせておく

冷凍食材
出典:PIXTA
キャンプに持っていく食材は、前もって凍らせておきましょう。そうすることで、冷やして保管するための食材も保冷剤のようにクーラーボックス内を冷やし、保冷性を上げることができます。

③クーラーボックスを日陰に置く

出典:PIXTA
陽に当ててしまうと、クーラーボックス本体が温まってしまい、保冷性が失われやすくます。直射日光は避け、タープの日陰など、できる限り陽の当たらないところに置きましょう。

④地熱を避ける

クーラーボックス
出典:Amazon
地面からは地熱という熱が発せられており、クーラーボックスを地面に置いておくとその熱によって温められてしまいます。クーラースタンドやチェアなどの上にクーラーボックスを置いて、地熱を避けることが大切です。

⑤クーラーボックスの使い分けをする

真夏のキャンプでは頻繁に飲み物を出すために、クーラーボックスを何度も開け閉めしてしまいがち。開けるたびに中の冷気は逃げてしまうので、食材用と飲み物用の2つのクーラーボックスを使って用途ごとに分けると食材が傷みにくくなります。

自分に合ったクーラーボックスで、キャンプを楽しもう!

クーラーボックス いかがだったでしょうか、頑丈で大容量なハードクーラーや、持ち運びやすさと収納性に長けたソフトクーラーはさまざまな種類のギアが販売されています。自分に合ったクーラーボックスを上手に使い、暑い夏だからこそ食中毒や熱中症などに注意して楽しいキャンプを過ごしましょう。

クーラーボックスの最新情報はこちら!

紹介されたアイテム

コールマン テイク6
ホールアース MINI COOLER 6
ダイワ クールラインアルファ2
FIELDOOR ノーザンクーラーボック…
DOD(ディーオーディー) ソフトくらこ
ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クー…
YETI Hopper Flip 18
ハイドロフラスク ソフトクーラートート…
イエティ クーラーズタンドラ45
スノーピーク ハードロッククーラー 40…
ローバー プロダクツ ローラー45QT
アイスランド クーラーボックス 35QT
コールマン アルティメイトアイスクーラー…
アイスミュール トラベラー
AOクーラーズ 36パック キャンバス
オルカ クーラーズ40
DOD(ディーオーディー)  ソフトくら…
コールマン スチールベルトクーラー54Q…
ロゴス アクションクーラー
チャムス スチールクーラーボックス 54…
シマノ スペーザ ホエールリミテッド60…
オッターボックス ベンチャーハードクーラ…
ロゴス 氷点下パック GT-16℃・ハー…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

子供の頃に両親に連れられキャンプを知り、大人になって先輩の勧めで再デビュー。昨年生まれたばかりの娘をキャンプにハマらせようと日々奮闘中。アポロンの購入を目標とし、最近ソロキャンとギア自作を始めたキャンプ歴4年ライター。