CAMP HACK[キャンプハック]


一生モノで高コスパ!保冷必須の“あの”アウトドアメーカーから 最強レベルが新登場!

3

釣り好きにとっては説明するまでもない釣り具のスペシャリスト「シマノ」から、釣り場で鍛えられたノウハウを活かしたキャンパー仕様のクーラーボックス「ICE BOXシリーズ」が登場。

昨今は様々なクーラーボックスがしのぎを削りあう中、この「ICE BOXシリーズ」が保冷力、機能性、耐久性すべてにおいて「最強なのでは!?」との声が多数。その所以を徹底検証してみました!

CAMP HACK 編集部

制作者

CAMP HACK 編集部

キャンプ歴15年のCAMP HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため毎日様々なキャンプ用品に触れている。そして、キャンプの楽しさをもっと広めるためにYouTubeチャンネルを開設し、登録者数15万人突破中!

...続きを読む
CAMP HACK 編集部のプロフィール
logo ad for outdoor

「シマノ」といえば、釣りでお馴染みのあのブランド

portrate
「シマノ」といえば自転車のパーツや釣り具の専門メーカー。その良質なモノづくりは日本のみならず世界中のファンから厚く支持されています。釣り部門ではリールやロッド、ルアーと並び、クーラーボックスも人気。

中でも「フィクセルシリーズ」は釣った魚の鮮度をしっかり保つための機能を搭載している非常に優れたクーラーボックスなんです。

そんなシマノからキャンパー仕様のクーラーボックスが新登場!

portrate
今回紹介するのは「フィクセルシリーズ」を基盤とし、キャンパー仕様にアップデートされた「ICE BOXシリーズ」。抜群の保冷力を誇る独自構造や痒いところに手が届く多様な機能性はそのままに、キャンプシーンに映えるルックスが加わって新たに登場しました!

ICEBOXシリーズの詳細はこちら

「ICE BOXシリーズ」クーラーはキャンプギアとして革新的!

lightweight01
「ICE BOXシリーズ」の優秀な点は、キャンプメーカーのクーラーボックスにはあまり見られない革新的な断熱構造。釣り用のクーラーボックスは釣り上げた魚の鮮度をいかに保つかが命であり、保冷力も厳しく求められます。そんな釣りの現場で鍛えられた構造が存分に活かされているわけです。

lightweight01
上位機種には「真空パネル」という特殊な断熱構造を搭載。収納力も見た目以上で、一般的なロトモールド製法の壁厚5cmと比べると、容量効率は35%も高くなっています。

「ICE BOXシリーズ」は4タイプ×2サイズ

「ICE BOXシリーズ」は、性能が異なる4種類、そして22L&30Lの2サイズ展開の計8モデルのラインナップ。予算と用途に合わせて幅広い選択肢からチョイスできるのが嬉しいですね。


1泊2日なら、22Lはソロ用、30Lなら小家族用(大人2人+お子さん1人)のクーラーボックスとして活躍できそうです。

なんと、PROモデルは最大氷保持期間が10日間

上位機種の「EL」と「PRO」に関しては、断熱と保冷に長けた「真空パネル」という素材が内部に組み込まれています。特に「PRO」には「6面極厚真空パネル+発砲ウレタン」が採用され、最大氷保持期間が何と10日間という圧倒的な保冷力。

炎天下や長時間の使用など、過酷な条件化でも保冷力を失わない最高位のモデルです。

真空パネルが多いほど断熱性能は高くなる


真空構造の面が多いほど断熱性能は高くなります。クーラーボックスは上面と底面、そして側面(4面)の計6面で構成され、「PRO」はそのすべてが真空構造で覆われているのだから、そりゃ最強の断熱性能のはずです!

次項ではそんな「最強」と呼び声高いICEBOXシリーズのおすすめポイントを紹介します!ICEBOXシリーズの詳細はこちら