寒いキャンプにはシェルターが嬉しい!試してみたい3つのスタイル

キャンプでシェルターのススメ!フルクローズすればあたたかく、換気もしやすく暖房も使えます。連結可能で設営の自由度も高いなど、寒い冬にこそシェルターが使える魅力を総まとめ!おすすめシェルターや、やってみたい使用シーン、注意点にもご注目を。


アイキャッチ画像出典:victoria

冬キャンプこそ「シェルター」の出番です!

gaiyou
スクリーンタープのイメージが強く、夏向けのアイテムと思われがちなシェルター。いえいえ、冬こそその本領を発揮するベストシーズン!実際、シェルターと一緒に冬キャンプへ出かけている方も多くいらっしゃるようです。

夏キャンのようにヘキサやレクタの日陰幕の必要がなくなりますし、リビングスペース確保のため、シェルタータイプの幕を1張りで完結出来ます!!(出典:どこまで行くのか 我がキャンプ

開放的なヘキサタープの中でふきっさらしの風を耐える・・・。それもきっと趣がありますが、自分はそれなりに軟弱なので、耐えきれません。そこで、暖房であっためた空気を、ちゃんと閉じ込めておくにはフルクローズできるスクリーンタープがあればきっと助かります。(出典:Stay

薪ストーブをシェルターに設置する事で、外は雪でもシェルター内を25℃~30℃にする事ができます。薪が無くなると大変なので余るぐらい持参しましょう。夜10時に寝るとして1泊2日で薪は50kgあれば安心です。(出典:キャンプ あーだこーだ

今回は、冬にこそシェルターを!という切り口で、夏場のメリットとはまた違うシェルターの魅力に迫ってみましょう。


シェルターが冬に”使える”3つの理由

1.スカート&フルクローズで寒さをシャットアウト!

skirt
出典:snowpeak
シェルターの側面は、基本的にメッシュドア+フラップの構造になっています。夏場の虫除けに大活躍なのがこのメッシュですが、冬キャンプではクローズできるこのフラップが重要!

4面をフルクローズにすれば、熱を逃さず秋~初冬でも暖かく快適。また、裾を覆うスカートも外からの風や冷気を遮断してくれます。

2.リビングスペースで暖房が使える

matome
テントと比べ、スクリーンパネル・多彩なベンチレーション搭載という通気性に長けたシェルターは、暖房の使用にも向いています。

真冬のキャンプであれば特に、暖房器具は欠かせません!シェルターなら、リビングスペースで薪ストーブや石油ストーブをたいて、ぬくぬく快適に過ごせます。

3.連結可能で設営の自由度が高い

renketsu
出典:snowpeak
2ルームではなく、ドーム+シェルターというパターンでギアを所持するキャンパーもたくさんいます。シェルターはデイキャンプをはじめ単体で使えるだけでなく、寒い時期にはテントと連結させてリビングとしても機能します。この柔軟な使い勝手の良さもシェルター大きな魅力!

設営も、構造上テントより短時間で建てられるものが多く、寒い中セッティングに時間を取られずに済む点も冬向けと言えます。

冬におすすめ!人気シェルター8選

スノーピーク メッシュシェルター

4面フルクローズ可能な使い勝手抜群のシェルター。最頂室内高210cmというサイズを実現しながら、風にも強い耐久性が魅力。定番のアメニティドームと連結させて使う為に、セットで揃えるユーザーも。
スノーピーク メッシュシェルター
ITEM
スノーピーク メッシュシェルター
●サイズ:430×400×210cm
●収納サイズ:76×26×30cm
●重量:11.7kg
●耐水圧:1,800mm
組み立ては思ったより簡単。中も事前に数字で想像してたよりも広く感じた。天井も高く快適。ドームテントと合体したら、快適そのもの。夜に雨に降られても安心していられた。 出典:Amazon

スノーピーク ランドベース 6

キャンプ場で”フィールドベース”として活躍する、新感覚のスペース!支持構造はタープと同じながらシェルター特有の快適な居住空間を実現。寒い季節のグループや家族での団欒にぴったりの形状です。
スノーピーク ランドベース 6
ITEM
スノーピーク ランドベース 6
●サイズ:800×700×240 cm
●収納サイズ:80×32×32cm
●重量:12.5kg
●耐水圧:3,000mm
設営がveryvery easyです。 子供家族や会社仲間と一緒にキャンプに 行っても余裕の広さで楽しく過ごすことが出来ます。ベストチョイスだと思います。 二人で使用する場合、半分は愛犬のドッグランスペース になってしまうのですが! 出典:snowpeak

スノーピーク リビングシェル

スノーピークの全てのシェルターの基礎になっているというのが、このリビングシェル。根強い人気の理由は、トンネルを介さずともテントをドッキングできるシステム!パネルの使い方によって、リビングやキッチンをより快適にレイアウトセットできる自由度も高いシェルターです。
スノーピーク リビングシェル
ITEM
スノーピーク リビングシェル
●サイズ:455×210cm
●収納サイズ:76×28×33cm
●重量:13.2kg
●耐水圧:1,800mm
設営ではポールと設置部位が色分けされていており、説明書でポイントの確認だけで問題なくできた。電源なしサイトを常用するので冬はストーブが不可欠。MAX2.5kwの対流型ストーブを出力80%で使用し、外気温0度の時、グランドマット上5cmで4度、ローテーブル上6度。160cmで12度。(サーキュレータ使用) 雨、風、寒さから守られていることを実感でき、秋冬キャンプでは必需品。 出典:snowpeak

コールマン ウェザーマスタースクリーンタープ コア

ウェザーマスターシリーズの2016年秋冬モデルとして新たに発売されたのが、こちら。フロア面積460×460cmと、2家族が余裕で集える広々スペース!4面すべてフルクローズ、2つのフラップでジョイントも可能です。
2000031575_2
出典:coleman
●サイズ:460×460×225cm
●収納サイズ:φ31×77cm
●重量:21.5kg
●耐水圧:3,000㎜

コールマンオンラインショップ


ロゴス プレミアム PANELスクリーン

ロゴス製品の十八番、PANELシステム採用で耐久性と居住性を両立。なんと高さ163cmの出入り口(扉)付き!天井部はカバー付き、大型ベンチレーションで結露対策も万全です。
ロゴス プレミアム PANEL スクリーン
ITEM
ロゴス プレミアム PANEL スクリーン
●サイズ:340×340×210cm
●収納サイズ:70×28×28cm
●重量:13.8kg
●耐水圧:3,000mm
今回張った幕は前室付のツールームテント(プレミアムPANELグレートドゥーブル)と先日買っちゃったスクリーンタープ(プレミアムPANELスクリーン340-AE)の2つ。それを連結しちゃったもんだからそりゃもーすごいっすよ( ̄▽ ̄-)b しかもしかも、このスクリーンタープは扉つき!!夜タープを閉めきったときに大活躍してくれました(≧▽≦) 出典:ゆうき〒のページ

キャンパルジャパン ロッジシェルター

ロッジシェルターのフォルムを継承し、より使い勝手の良いシェルターに。フロアサイズ460×350cmの大型シェルターは、存在感大!両側面フラップおよびライナーシート、ベンチレーター装備で暖房器具の使用にも配慮されています。
キャンパルジャパン
ITEM
キャンパルジャパン
●サイズ:460×350cm
●収納サイズ:96×36×39cm
●重量:幕体8.3kg、ポール12.5kg
●耐水圧:1,500mm
「てっこつ」とか、かわいい呼び名があるのは後でしりました。何しろ、重くて、たよりになるやつです。二年ほどで20泊くらいしたでしょうか。一年中、暴風雨に耐えてくれています。夜中に雨水が勢いよくインナーテントの床下を流れて、浮遊感を味わったときはさすがに浸水を覚悟しましたが、平気でした。設営・撤収も一人で可能。てっこつの屋根の上で幕を展開したり畳んだりします。中からてっこつをロープでペグダウンすれば耐風性が向上します。 出典:Amazon

キャンパルジャパン ラナ

ドームテントと接続しやすい機能で人気の高いラナ。接続用カーテンによって密着性を高め、雨風の吹き込みを防げます。4面にメッシュパネルとフラップを装備し、もちろん単体で使うシェルターとしても優秀!
キャンパルジャパン ラナ
ITEM
キャンパルジャパン ラナ
●サイズ:360×210×165cm
●収納サイズ:74×25×25cm
●重量:幕体7.5kg、ポール3.2kg
●耐水圧:1,500mm
1. 4面フルメッシュ・フルクローズとなること2. 耐久性が高い事3. 家族4人プラス荷物が置けるスペースがあること4. 設営・撤収が容易であることの4点を基準とし選考した結果、ラナに決定しました。テントはピスタ5を使用していますが、接続用カーテン?が付属されており4面どちらからでもラナと接続でき大変便利です。又、結露対策用のインナーシートも付属されています。 出典:Amazon

キャンパルジャパン ティエラ5アネックス

キャンパルジャパンのテント・ティエラ5シリーズに接続可能なオプションシェルター。単体での使用はできませんが、テント後方に連結させることで空間が広くなるだけでなく、後側から出入りも可能に。テントと連結させた時の美しい流線型フォルムは秀逸!
キャンパルジャパン ティエラ5アネックス
ITEM
キャンパルジャパン ティエラ5アネックス
●収納サイズ:63×20×20cm
●重量:幕体3.9kg、ポール0.7kg
●耐水圧:1,500mm
ティエラのフライ全体をスクリーンタープとして使用できるので広大なリビングができ満足ですが、サイトが少し小さく前張り出しは難しいです。 出典:ナチュラム

冬にシェルターを使うなら!やってみたい「3つのシーン」

「シェルターの中にテント」

matome
出典:victoria
冬場でもシェルター一幕でキャンプする!という気合いの入ったキャンパーは、シェルターの中にソロ用のテント、またはドームテント用のインナーで就寝スペースを作っています。一部で”カンガルースタイル”とも呼ばれるこのパターン、冬のシェルター活用にぜひ参考にしたいですね!

「壮大なドッキング」

docking
連結可能というシェルターの特徴を最大限に活かして、前方・後方ともにドッキング!というスケールの大きな設営にもチャレンジしたいもの。

異なるメーカーのテント・シェルターが連結できる!という発見を楽しみたい気持ちもわかりますが、安全かつスムーズに連結させるなら、やはりテントとシェルターは同一ブランドで揃えると安心ですね。

「豪雪の中薪ストーブでぬくぬく」

maki
冬場にシェルターを使う最大の醍醐味は、「薪ストーブ」ではないでしょうか。どうせやるなら、豪雪の中シェルターで薪ストーブ!

外はキンキン、中はポカポカ。このギャップを楽しみながら、冬キャンプにやって来た実感を味わいたいですね。

シェルター内で火気を使用する際の注意点について

シェルターだからといって、火気や暖房器具の使用について配慮が必要なのは通常のテントと同じ。不用意にフルクローズ状態で使ってしまっては、一酸化炭素中毒の恐れがあるので要注意!

空気が通り抜けるよう窓2ヶ所以上をメッシュにする、ベンチレーションで換気するなど注意を払って使用しましょう。


シェルターは冬にこそ使うべき!

tyuui
出典:snowpeak
テントの居住性とオープンタープの利便性、それぞれを良いとこどりしたシェルターは、夏だけでなく冬にも使える優秀アイテムです。お手持ちのドームテントにタープなど+αのギア購入をお考えなら、断然シェルターがおすすめですよ!

 

Select A Shelter In Winter!

冬こそ、シェルター

紹介されたアイテム

スノーピーク メッシュシェルター

スノーピーク メッシュシェルター

¥86,184 税込

スノーピーク ランドベース 6

スノーピーク ランドベース 6

¥132,840 税込

スノーピーク リビングシェル

スノーピーク リビングシェル

¥107,784 税込

ロゴス プレミアム PANEL スクリーン

ロゴス プレミアム PANEL スクリーン

¥102,600 税込

キャンパルジャパン

キャンパルジャパン

¥128,000 税込

キャンパルジャパン ラナ

キャンパルジャパン ラナ

¥81,000 税込

キャンパルジャパン ティエラ5アネックス

キャンパルジャパン ティエラ5アネックス

¥43,200 税込

関連する記事

img_7443
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックをこよなく愛する主婦ライター。6歳と4歳の珍獣系の息子たちに振り回されつつ、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う日々。 キャンプ前日、キッチンでチビチビ呑みながら焼き鳥串を仕込むのが至福のひと時。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE