アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
NP1

クルマ移動や車中泊が楽しくなる!オールインワン音声ナビ「NP1」を実際に試してみた

2022/11/01 更新

普段の生活にも、旅の移動にもナビは必須! ですが、「ながら運転」に対する罰則は、2019年12月以降より一層厳しくなり、スマホやカーナビを見ながらの運転には、不安とストレスがつきもの。

それを解消してくれるのが、画面を見ずに音声だけで操作できる音声ナビ。その中でも筆者が断トツでオススメしたいのは、パイオニアの「NP1」です!

Google Mapのナビと比較しながら、使ってみた感想をお伝えします。

目次

ナビ?相棒?かつてない近未来的な音声ナビ

Pioneer_NP1_機能

出典:Pioneer

目的地に正確に辿り着きたい。そんな思いでナビを使われている方がほとんどではないでしょうか?

今回ご紹介するナビ「NP1」はただの地図にあらず。まるでコンシェルジュのように運転をサポートしてくれるアイテムです。

Pioneer_NP1_機能

出典:Pioneer

地図を自動更新してくれるため買い替え不要で、クラウドに繋がりながらドライブレコーダー、カメラ、防犯システム、Amazon Alexa、Wi-Fiスポットと多彩な機能を備え、自分の好みや車載情報・行動パターンに合わせて自動でパーソナライズしてくれる……。

これはもはや、ナビというよりカーライフをサポートしてくれる頼れる相棒です!

パイオニア パイオニア NP1【ベーシックプラン】

一気に「NP1」の推しポイントをずらっと挙げてしまいましたが、順番にご紹介していきますね。

NP1って何者?【6つの魅力】

出典:Pioneer

2022年3月に発売された、会話するドライビングパートナーPioneer「NP1」

世界初のAI搭載された音声ナビで、「第35回日刊自動車新聞用品大賞2022」ではグランプリを受賞。新車・中古車ともに、普通車はもちろんのことキャンピングカーにも搭載可能です。

スマホアプリを併用することで、細かい設定や充実した機能を余すことなく使うことができます。

1. 画面操作不要!ドライバーの視線を奪わない

Pioneer_ナビ

出典:Pioneer

「NP1」は、カーナビやスマホのMapと異なり、写真のような画面の操作が不要!

運転中でも、話しかけるように目的地や経由地の登録・追加・削除ができ、いちいち停車して画面を操作する煩わしさから解放されます。

2. 地図表示も可能

NP1_案内_森木香蛍

「NP1」のスマホ用アプリケーションは、運転手が混乱しないよう必要最低限の情報量に絞り、安全に配慮されています。

「音声のみのナビゲーションは不安」……という方も、安心してください! 写真のような通常画面のターンバイターン誘導から、マップ表示への切替も可能です。

3. 好みの声を選べる

Pioneer_NP1_コエ替え_森木香蛍

年4回のアップデートが公言されていて、5月にはNP1を介してAmazon Alexaが利用できるようになりました。

そして9月の2回目のアップデートでは、案内の声を着せ替えできる「コエ替え」サービスが開始。

Pioneer_NP1_コエ替え_森木香蛍

人気声優の悠木碧さんの声を含む、6種類の声から選べます。

自分が好きな、落ち着ける声で案内してもらえることで、落ち着いた運転をサポートしてくれます。

4. Amazon Alexaが使える

Pioneer_NP1_Alexa

出典:Pioneer

皆さんは、Alexaを使われていますか?

車内でAlexaが使えるということは……NP1が、移動中に暇を持て余した子どもの遊び相手にもなってくれます。「アレクサ!なぞなぞを言って」「アレクサ!カラオケしよう」と、退屈な移動時間が、ちょっとしたエンターテイメントに変身!

NP1_Alexa

出典:Pioneer

また、運転中にふと思いついたタスクを入れてくれたり、気になったことを調べてくれたりと、頼もしい秘書のような使い方もできます。

スマートホーム機能も使えるので、家電の消し忘れや、留守中の防犯にも◎。

5. 走行中に写真が撮れる

NP1

出典:Pioneer

「NP1写真を撮って」と言うと、車を停めてスマホやカメラを構える必要もなく、運転しながら安全に「いいな」と思った景色を撮影できます。

また、楽しい思い出を残すときだけでなく、危ないときにもこの機能は役立ってくれます。

NP1_クラウド

出典:Pioneer

事故してしまったときや、後ろの車があおり運転かも……前から変な人がきた……そんなときにもこの撮影機能が役立ってくれます。スマホやカメラを向けないので、相手を逆上させる危険性も回避できます。

NP1_クラウド

出典:Pioneer

撮った画像はすぐにアプリで確認でき、思い出写真をシェアしたり、事故時の保険のエビデンス(証拠)に役立ちます。

6. 愛車を犯罪から守ってくれる

NP1_駐車監視機能

出典:Pioneer

オプションで駐車監視ケーブル(4,400円)を購入して取付けておくと、駐車中に車上荒らしなどの振動があると、スマホに通知してくれます。

キャンプやアクティビティ中に、離れた場所に停めた車の様子が気になったことありませんか?

この値段で、NP1を使う限りずっと愛車と車内の安全が守れるなら安い気がしますよね!

パイオニア パイオニア NP1【ベーシックプラン】

Google Mapのナビと比べてみた【正直感想8つ】

1. 施設名や住所は認識してくれない!?

NP1_森木香蛍
メジャーな施設や駅名を除き、施設名や住所を伝えても、NP1に認識してもらえないことがあります。

が、この点は、アプリを併用することで解決できました!

アプリで事前に目的地となる施設や住所を検索しておくと、問題なく案内してくれます。

NP1_案内_森木香蛍
また、コツとして、駅名はフルネームで伝えると誤認識を防げます。

例えば、「大町駅(長野県)に行きたい」と伝えると、広島県の大町駅が目的地になってしまうため、「信濃大町駅に行きたい」とフルネームで伝える必要があります。

正式名称を知らない駅名もあるため、似たような施設名の候補の中から選択できるようになると嬉しいですね(アップデートに期待!)。

2. 単純に、高い!?

NP1

出典:Pioneer

口コミに「高い」というコメントがいくつかあったため、掘り下げて考えてみました。

NP1は常にクラウドと繋がり、また、年4回のアップデート以外にも随時マイナーアップデートがあるため通信が必須です。

そのため、本体価格にプラスして、通信・サービス利用料を支払う必要があります。

NP1の価格
ベーシックプラン(1年):本体込み65,780円
バリュープラン(3年):本体込み93,500円
次の年から毎年15,840円

 

Google Mapは無料で使えるので、一見、高い気がしてしまうのですが、運転中の手や視線をとられずナビが使え、手動でのアップデートや買い替えが不要で、自分の好みに育てていけるナビとしては、筆者は高いと感じません。

カーナビやドライブレコーダーを全てバラバラに買い揃えた場合、バリュープランの価格を超えます。

3. Wi-Fiスポットにもなるけれど……

NP1_WiFiスポット

出典:Pioneer

オプションで、docomoの回線を利用したWi-Fiスポットとして利用でき、5台まで同時接続が可能。

ポケットWi-Fiを契約するよりかは安いのですが、注意点があります。

WiFi使い放題オプション
1日:550円
1ヶ月:1,650円
365日:13,200円(1ヶ月あたり1,100円)

 

NP1_WiFiスポット_注意点

出典:Pioneer

あくまでの「車載用のWi-Fi」のため、走行中と停車60分以内のみWi-Fiが使えます

キャンピングカーでパソコン作業をする筆者は、NP1があればポケットWi-Fiがいらないかも! とまで思ったのですが、停車してから長時間の利用はできませんでした。

ですが、山間部でも途切れにくいLTEデータ通信で、同乗者が運転中に仕事ができ、動画を見放題できるのは嬉しい!

4. 住宅街や細い道は苦手!?

Pioneer_NP1_案内_森木香蛍

実験的に、何度かNP1とGoogle mapで同じ目的地を設定してみました。

NP1のルートの方が遠回りで時間のかかる案内だったことがあります。

一見マイナスポイントのように感じていたのですが、これはNP1のパーソナライズ機能の表れでした。

というのも、NP1は車載情報やこれまでの走行データを分析し、曜日や日時を加味して、ルートを出してくれます。

NP1_安心なルート

出典:Pioneer

Google Mapのルートは、「こんな道よくみつけたな」と思うような、細い道を案内されることが多々あり、筆者が乗るキャンピングカー移動ではヒヤヒヤした経験が……。

安心して走行できるルートを案内してもらえるのは、長期的に見ても頼りがいがありそうです。

NP1_ルート案内

出典:Pioneer

ちなみに、「NP1」のルート案内のロジックは、パイオニアの元子会社で「MapFan」を持つ株式会社ジオテクノロジーズ(インクリメントP株式会社)を使い蓄積された地図データが採用されています。

5. ドライバー目線のわかりやすい案内

Pioneer_NP1_案内

出典:Pioneer

「NP1」の案内は「助手席の人が案内してくれるかのうように」、音声のみで、運転者の目線からわかりやすい具体的な目印を使って案内してくれるため、視線を奪われることなく運転に集中できます。

「900メートル先を右です」と言われてもイメージしにくいですが、「3つ目の信号を右です」と案内してくれるので、わかりやすくて助かります!

6. 話しかけても認識してもらえない!?

NP!_アプリ_森木香蛍

筆者は、音声で「目的地の消去」ができなくて、使い初めに戸惑いました……。

Google Mapだと、「終了」をタップするだけです。

アプリから案内を終了するか、「NP1」のマニュアルに記載の言葉のリストを見て、音声でも終了できるようになったのですが、どの言葉で通じるのかは、慣れるまで少し時間がかかりました。

NP1_案内

出典:Pioneer

口コミを見ていると、「〇〇が使いにくい(通じにくい)」などのマイナス評価もちらほら。

でも実は、このマイナス評価が、NP1をバージョンアップして行くのです!

Pionner開発チームの皆さんが、SNSに書かれた声を拾い上げて、「この言葉でもこのアクションができるようにしよう」と、ワードの調整が日々行われています。

年4回のメジャーアップデートだけでなく、こうしたマイナーアップデートは随時行われているそうです!

7. 画像と位置情報を共有できる!?

Pionner_NP1_運転

出典:Pioneer

Google Mapでは、位置情報の共有をよく使う筆者。

「NP1」は位置情報だけでなく、カメラに映るドライバー目線の映像も共有でき、相手が助手席にいるかのように会話ができます。

これは新しい! おもしろい!

道案内だけでなく、トラブルが起こったときや、ご高齢者の運転の見守りにも活用できるなと感じました。

8. 勝手に話しかけてきてくれる!?

Pionner_NP1_案内

出典:Pioneer

これはGoogle Mapにはない、ドライブトピック機能

有名な観光地を通ると、概要を教えてくれたり、日没の時刻になると知らせてくれます。

この機能、もっと充実するといいな……どんな情報が聞きたいか選択できるようになるといいな……と今後に期待しています!

これまでにないパーソナライズ音声ナビ

美ヶ原ドライブ_森木香蛍
「NP1」の大きな特徴は、AIの学習機能をフルに使いあなただけの音声ナビにつくり上げていけるところ。

パーソナライズについては、Pionnerさんがこれからも力を入れて育てていきたいところだそうです。

筆者は車がライフスタイルに欠かせないので、自分の使い勝手がいいようにナビもカスタマイズしていけるのは非常に嬉しく、「NP1」はカーライフが楽しくなるマスト相棒になりそうです。

「NP1」であなた仕様のカーライフを始めませんか?

パイオニア パイオニア NP1【ベーシックプラン】

✔こちらの記事もおすすめ!