CAMP HACK[キャンプハック]


スウェーデントーチのやり方と注意点まとめ【着火方法・後始末は】

0

スウェーデントーチ(スウェディッシュトーチ)で焚き火をやってみたいけど何をどう使ったらいいのか、着火方法や後始末など分からないことも多いですよね。そこで実際にフィールドで初挑戦! 注意点もまとめているので参考にしてみてくださいね。

AKT


アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者
※この記事の撮影は直火での焚き火が許可されているキャンプ場で行っています。

新しい焚き火の楽しみ方に挑戦してみたい


家族でキャンプに行くときは、焚き火のかたわらでのんびり過ごすのが好きな筆者。焚き火を使って子供たちと普段できない経験をするのが楽しみでもあります。

これまでフェザースティック作りやファイヤースターターでの着火などをしてきましたが、今回はやったことがない焚き火がしてみたくなり、気になっていたスウェーデントーチに挑戦してみました。

そもそもスウェーデントーチって?


丸太を燃やして焚き火をするのがスウェーデントーチ。スウェディッシュトーチとも呼ばれ、北欧では古くから“かがり火”として使われていたようです。

一度火をつければ薪をくべる必要もなく数時間燃え続ける便利なもので、焚き火同様に暖を取ったり料理を作ったりすることができます。

今回初挑戦のスウェーデントーチ、やり方や注意点を交えながらその魅力をお伝えしていきます!

関連記事