【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


組み立て式木製家具の先駆者「YOKA(ヨカ)」って何者?【人気ガレージブランドの裏話vol.4】

0

情報が少なく、ベールに包まれていることが多いガレージブランド。どんな人が、どんな想いでプロダクツを生み出しているのか?また、話題の商品はどうすれば入手できるのか?今回は組み立て式のウッドファニチャーでお馴染み、「YOKA(ヨカ)」の代表角田さんに詳細を聞いてきました。

まつい ただゆき


アイキャッチ・記事内画像撮影:比留間保裕

人気ガレージブランドをクローズアップ

大手メーカーによる大量生産品とは違い、職人技術やハンドメイドにこだわった高品質なアイテムが人気を博すガレージブランド。少量生産ながらもここ数年で人気がうなぎ登りのアイテムも少なくありません。

そこでこの企画では人気のガレージブランドにスポットを当てて、そのヒストリーと魅力に迫ります!

第4回目は「YOKA(ヨカ)」

ヨカ
2015年6月にブランドを立ち上げ、今年で5周年を向かえる「YOKA(ヨカ)」。組み立て式の木製家具から始まり、焚き火台やテントなど、最近ではラインナップの幅も拡大中。

アウトドアファニチャーブランドから、アウトドア総合ブランドへと進化を続けています。

ヨカ
そんな「ヨカ」のアイコン的商品といえば、切り込みの入った板を組み合わせて作る木製のアウトドア家具。デビュー当初はこのユニークで斬新な構造が話題を集め、いきなり大手ショップとの取引も成立したとか。

最近でこそいろんなブランドから似たような構造の家具は発売されていますが、「ヨカ」がその先駆者と言っても過言ではありません。

ヨカ
「ブランド立ち上げのとき、アウトドアだけでなく、インドアでも使える家具を作りたかったので、JIS準拠の耐久試験も受けました。これもアウトドア用品としては珍しい試みでした」と語るのは、ヨカを運営する株式会社トゥエルブトーンの代表・角田崇さん。

今回改めて、「ヨカ」誕生のきっかけから、今後の展開予定について詳しく聞いてきました。

関連記事