【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


IN⇄OUTをボーダレスに繋ぐ「INOUT(イナウト)」って何者?【人気ガレージブランドの裏話vol.3】

1

情報が少なく、ベールに包まれていることが多いガレージブランド。どんな人が、どんな想いでプロダクツを生み出しているのか?また、話題の商品はどうすれば入手できるのか?今回はグランピングスタイルを牽引するパイオニア的なブランド「INOUT(イナウト)」の代表小林さんに、詳細を聞いてきました。

まつい ただゆき


アイキャッチ・記事中画像撮影:比留間保裕

人気ガレージブランドをクローズアップ

大手メーカーによる大量生産品とは違い、職人技術やハンドメイドにこだわった高品質なアイテムが人気を博すガレージブランド。少量生産ながらもここ数年で人気がうなぎ登りのアイテムも少なくありません。

そこでこの企画では人気のガレージブランドにスポットを当てて、そのヒストリーと魅力に迫ります!

第3回目は「INOUT(イナウト)」

イナウト
「INOUT(イナウト)」がローンチしたのは2014年7月。当時では珍しい“家の中で使う家具を外でも使う”というコンセプトのもと、木材やアイアンを使ったテーブルやチェアは瞬く間に一世を風靡。グランピングスタイルを牽引するパイオニア的なブランドとして独自の地位を確立しています。

2020年5月には、東日本橋(中央区)から東向島(墨田区)へ店舗を移転。巨大な倉庫空間を自分たちでリノベーションし、さらに心地よく買い物ができる環境を作り上げました。

イナウト

コロナ禍での移転だったため、残念ながら大体的な告知プロモーションができずにオープンしたのが実情ですね。

というのはイナウトの代表小林卓さん。ブランド立ち上げから6年、装いを新たにリスタートする「イナウト」とは果たして何者なのか? 代表の小林さんに色々と伺ってきました。

関連記事