【2019年度版】キャンプデビューはこの5つの2ルームテントがおすすめ!

2019/06/05 更新

初めてのテントって誰しも悩むものですよね……。そこで初心者の方におすすめできる最新テントを5つピックアップしました!全て2ルームテントなので使い勝手抜群です。自分の理想のキャンプスタイルを想像しながら選んでみてくださいね。


アイキャッチ画像出典:DOD

初心者におすすめしたいテント集めました

出典:PIXTA
初めてのテント購入、ワクワクしますよね。でもいざ選び始めると、サイズも価格も選択肢が意外と多い……。

どれを買えばいいか分からなくなって、悩んでしまいませんか?
出典:TENT FACTORY
初心者の方でも使いやすいのは、家族や友人と過ごすのに丁度いいサイズの2ルームテント

2ルームテントは居住空間が広く、テントとタープの組み合わせに比べて雨風も侵入しにくいのが特徴。より詳しく2ルームテントの魅力について知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。それではさっそく、使用可能人数別におすすめ2ルームテントをご紹介していきます! 

【2~3人】DOD「カマボコテントミニ」

こんな人におすすめ

①大人数では使わないので、コンパクトなテントが欲しい人
②迷わず簡単に設営できるテントがいい人
③流行に敏感で、人気の高いアイテムが気になる人

出典:DOD
発売したばかりの「カマボコテントミニ」。2016年に登場してから爆発的な人気を誇る「カマボコテント」のミニ版です。

設営用のメインポールは3本全てが同じ長さなので、迷うことがありません。
出典:DOD
室内は、前室と寝室がそれぞれ250×250cm、高さ175cm。大人2人が広々と過ごせる空間です。

寝室の足元にはポケットが2ヶ所ついており、メガネやスマホなどの小物を収納可能。
出典:DOD
インナーテントを外して、250×500cmのスクリーンタープとしても使えます。写真のように、コットを使って寝るのもよさそうですね。

テントの生地はUPF50+のUVカット加工が施されており、紫外線の強い季節でも安心です。
出典:DOD
3ヶ所あるドア部分を別売りのポールで立てれば、日陰の面積を増やすことも可能。リビング部分は全面メッシュにも、半分だけ開けることもできます。

梅雨〜夏のキャンプでも、熱や湿気がこもりにくく快適! 「カマボコテント」同様、品薄状態が続く可能性があるので早めの購入をおすすめします。
ITEM
DOD カマボコテントミニ
●組立サイズ(外寸):(約)W250×D500×H175cm
●インナーサイズ:(約)W230×D220×H165cm
●収納サイズ:(約)W68×D26×H26cm
●重量(付属品含む):(約)11.7kg
●収容可能人数:大人2~3名(※寝室スペース)
●最低耐水圧:アウターテント:3000mm、フロア:5000mm

【3~4人】スノーピーク「エントリー2ルーム エルフィールド」

こんな人におすすめ

①春夏はもちろん、秋冬キャンプもしたい人
②テントの価格は抑えたいけれど、品質や機能性は妥協したくない人
③落ち着いたカラーのテントをお探しの人

出典:snowpeak
2018年12月に登場したこちらのテント。冬でも使えるテントだと10万円を超えるものが多い中、79,800円(税別)と手の届きやすい価格帯で必要十分な機能性を兼ね備えています。

設営に関しても、挿入するスリーブに合わせてポールが色分けされているので迷う心配がありません。
出典:snowpeak
寝室になるインナーテントは取り付けが簡単な吊り下げ式。広さは家族4人で過ごすのにちょうどいい、230×315cm。

先ほどご紹介した「カマボコテントミニ」より、ひとまわり大きいサイズ感です。
出典:Snow Peak
リビングルーム側には、冷気の侵入を防ぐスカート付き。インナーテントを外せば、秋冬にも使えるシェルターに早変わりします。

315×600cmの広々としたリビングは大人6人くらいまでなら、ゆったり快適!
出典:Snow Peak
天井には太陽光や雨音を緩和してくれるルーフシートが標準装備されています。保温効果もあるので1年通して使えるテントをお探しの方におすすめです!
ITEM
スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド
●キャリーバッグサイズ:83×30×34(h)cm
●重量:15.5kg
●対応人数:3~4名

【4人】ケシュア「AIR SECONDS FAM 4.2XL」

こんな人におすすめ

①他の人と被らない個性的なテントを探している人
②キャンプは春〜夏の間だけする人
③手ごろな価格のテントをお探しの人

出典:DECATHLON
こちらの「ケシュア」のテントは、ポンプで空気を入れて立ち上げる″エアフレーム式″。生き物のようにムクムクと立ち上がっていく様子は、設営中も注目が集まりそうですね。

ちなみに「ケシュア」とは日本に第一号店がオープンしたばかりの「デカトロン」の自社ブランドです。販売している商品はどれもコスパに優れており、こちらのテントも2ルームにしてはお財布に優しい58,900円(税込)!
出典:DECATHLON
左右対称の形で、インナールームが両サイドにあります。インナールームは140×260cmで、大人2人が並んで眠れる広さ。

寝室が2つあると、二家族別々で寝たり、男女で寝室を分けたりとケースに応じた使い方ができますね。
出典:DECATHLON
リビングは210×260cm、高さは195cmあるので、よほどの高身長の方でなければ屈む必要はありません。

また、独自に開発された生地は遮熱・遮光性に優れているので昼間でも暗くなるほど。直射日光による暑さをやわらげてくれます。
出典:DECATHLON
入口のドアを跳ね上げて固定すれば、リビングスペースを広くとることができます。

マットを敷いて、外側のスペースで調理、食事は中でという使い方もよさそうですね。

製品についての詳細はこちら

【4~5人】コールマン「トンネル2ルームハウス/LDX+」

こんな人におすすめ

①キャンプは春〜夏の間だけする人
②ぐっすり眠って翌日に疲れを残したくない人
③くつろげる広めのテントが欲しい人

出典:Amazon
2018年秋に発売開始された「トンネル2ルームハウス/LDX」が、ダークルームモデルへと進化したのがこちら! 価格は97,986円(税込)です。
コールマン独自の「ダークルームテクノロジー」が寝室にもリビングにも採用されており、外からの光を90%以上ブロックしてくれます。夏のキャンプだと朝日が昇る時間が早いので、明るくて目が覚めてしまい睡眠不足になってしまうことも。

遮光性の高いテントなら、光に邪魔されることなくぐっすり眠れます! 光がブロックされる分、温度上昇も抑えられ涼しく快適なテント内に。
リビングルームは260×330cmと今回ご紹介する中で一番広く、大人4〜5人がくつろげるサイズです。

大きなメッシュパネルを開ければ明るく開放的な空間にアレンジすることも。朝や夕方は日差しの強い側だけ閉めれば、適度に光を取り込みながら暑くなりすぎないよう調節できますね。

出入口上部の”ひさし機構”にご注目! 例えば夏の雨キャンプは、テント内は熱と湿気でムシムシしがち。出入口を開けておきたいけれど、雨が入ってきてしまいます。

そんな時、このひさしのおかげで中を濡らすことなく出入口を開放しておくことが可能に。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてくださいね。

製品についての詳細はこちら


【4~5人】テントファクトリー「aoba450」

こんな人におすすめ

①落ち着いたカラーのテントをお探しの人
②大人4〜5人で、テント内でゆったり過ごしたい人
③手ごろな価格のテントをお探しの人

出典:TENT FACTORY
テントファクトリーのテント「aoba5」が、ひと回りコンパクトになった「aoba450」。

大人4〜5人がゆったり使える広さで機能性や使い勝手はそのままに、少し小さめな分、組み立てがしやすくなりました。
インナーテントを取り外せば、大型シェルターとして使用可能です。

全面に大きなメッシュパネルが採用されており、風通しのよい空間になります。天井部分もメッシュになるので、ルーフシートを外せばさらに開放感抜群!
出典:TENT FACTORY
リビングルームは240×290cm。テーブルを囲み、椅子に座ってゆったりくつろげます。高さが220cmと天井高がある分、より広く感じそうですね。

入口部分のキャノピーをタープのようにポールで固定すれば、さらに広く使うこともできます。
ITEM
テントファクトリー AOBA450
●本体サイズ:幅290×奥行450×高220cm
●インナーサイズ:幅270×奥行210×高200cm
●収納サイズ:幅70×奥行39×高34cm
●重量:20.6kg
●耐水圧:3000mm
●定員:4〜5人用

どんなテントを選ぶ?

出典:Snow Peak
初めてのテント選び、失敗したくないと思えば思うほど選びきれなくなってしまうもの。ご紹介した5つのテントは価格と品質、設営のしやすさにおいてバランスのいいモデルです。

これから一緒に過ごしていくテント、自分のしてみたいキャンプスタイルを想像しながら選んでみてくださいね!

その他の初心者におすすめのテントはこちら

初心者におすすめのテントはまだまだあります!

Which one do you choose for your first tent

初テント、どれにする?


紹介されたアイテム

DOD カマボコテントミニ
サイトを見る
スノーピーク エントリー2ルーム エルフ…
テントファクトリー AOBA450
サイトを見る

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Akiko

キャンプ、川、車、料理、ビールが大好き!な2児の母です。アウトドア好き旦那、釣り好き息子、冬でも泳ぎたい娘とファミリーキャンプを楽しみながら、キャンピングカー購入を計画中!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!