”良コスパ”で大人気のハイランダーから、ついに初心者にやさしいテント&タープが出た!

2019/02/18 更新

”コスパ優秀なキャンプ道具が揃う”とキャンパーから大人気のハイランダーより、ついにテント&タープが発売となりました。初心者にやさしいトンネル型2ルームテントは初回販売分、即売り切れとすでに話題沸騰の予感!


あのハイランダーから初心者を後押しするテント&タープが登場!

出典:OUTDOOR BASE
良質な見た目ながらもお求めやすい価格帯が大人気。ナチュラムのオリジナルブランド「ハイランダー」より、ついにテントが登場しました!

度々品切れを起こすほどの高コスパアイテムを次々と生み出してきたハイランダーだけに、今回の新作テントも爆発的人気アイテムとなる予感!

出典:OUTDOOR BASE
今回は、1月末に発売を開始した3つのテントと、合わせて使いたい新作ヘキサタープの全4型をご紹介します。

「今年こそはキャンプを始めたい!」そんな思いを抱いている初心者さんは必見ですよ。

キャンプビギナーを応援!エアーフレーム採用の2ルームテント「ROOMY」

出典:OUTDOOR BASE
「初めてのキャンプ。奥さんは、子供の面倒を見ることで手一杯。テントは一人で立てないと……。」こんなシーンで設営に手間取るのは避けたいですよね。

”キャンプデビューが苦い思い出とならないように”という想いの元、ハイランダーが出した答えが、簡単設営を叶えてくれるエアーフレーム式のトンネル型2ルームテント「ROOMY」です。

出典:OUTDOOR BASE
ROOMYは、全長約640cm、天井高205cmと開放的な空間を作り出してくれる2ルームテント。一見その大きさに「本当に初心者でも立てられるの?」と不安な気持ちになりますが、とにかく設営で悩む箇所がないほど簡単!

出典:OUTDOOR BASE
設営方法は、テントの生地を広げ、背面を固定し、側面のバルブから付属のポンプを使い空気を注入。しっかり膨らんだところで、テントをペグで固定すれば完成です!
設営動画を見てみると、その簡単さは一目瞭然。空気を入れていくと自然にフレームが起き上がってくるので、力に自信がない方も安心です。

しかし設営が簡単とは言っても、正直なところまだまだエアーフレームを採用しているテントは少なく、強度について不安を抱く方も多いのではないでしょうか?
そんな方は、上記の検証動画をご覧ください。フレームの内部は、0.3mmの透明なチューブの上から、グランドシートなどに採用されるPEカバーを被せ、さらに本体のスリーブが被さった3重構造。しっかりと強度を保ってくれます。

また万が一エアーフレームに穴が開いてしまったとしても、自身でチューブを交換することも可能です。交換用のチューブは今後取り扱いが開始されるそうなので乞うご期待を!

出典:OUTDOOR BASE
では次はテントの中を見ていきましょう! リビングスペースは、メインテーブルとチェア4脚を配置しても、サイドに余裕が残るほどの広さ。

出典:OUTDOOR BASE
側面は大型メッシュパネルが配置されていて、天候に合わせてフルクローズしたりと風通しを調整できます。

出典:OUTDOOR BASE
インナーテントは、280×230×190cmと大人4人で横になれるほど。初めての一張りとしては申し分のないスペックが揃っていますね。

実はこのテント初回発売分は即完売! 注目度の高さが伺えるため、気になる方は随時ナチュラムのサイトをチェックしてください。

ナチュラム公式サイトはこちら
製品の詳細はこちら

ナチュラルカラーが◎ワンポールテント300

出典:OUTDOOR BASE
次は、トンガリ型のデザインが可愛らしい「ワンポールテント300」をご紹介。インナーテントサイズ約300×300×H240cmの「ワンポールテント300」は、大人2~3人で使うのに丁度いいサイズ感。

出典:OUTDOOR BASE
ワンポールタイプなので、重量約7kgと軽量。吊り下げ式のインナーテント上部にはメッシュパネルが配されており、空気が循環してくれます。

お値段は、19,800円(税込)と初心者さんでも気軽に挑戦できるお手頃価格です。
ITEM
ハイランダー ワンポールテント300
●フライシート素材:75Dポリエステル(耐水圧1500mm)
●インナーシート素材:68Dポリエステル
●フロア素材:ポリエステルオックス(耐水圧3000mm)
●ポール素材:スチール(直径25mm)
●本体サイズ:直径約330×330×H270cm(インナー高さ約240cm)
●収納サイズ:約22×22×74cm
●重量:約7kg
●目安人数:2〜3人用
●付属品:ABSペグ×16本、自在ロープ×8本、ハンマー、収納ケース
●大型ベンチレーション付
●原産国:中国

キャノピーもグイッと伸ばせる!ワンポールテントBIG420 専用グランドシート付

出典:OUTDOOR BASE
先ほど紹介した「ワンポールテント300」よりワンサイズ大きい「ワンポールBIG420」も登場! こちらはなんと専用のグランドシート付きで30,800円(税込)。

両モデルともインナーテントは吊り下げ式のため、外した状態でシェルターとしての使用も可能です。420モデルは、入口のキャノピー部分を伸ばすと簡単な前室を作ることもできるので、これ1つでキャンプを楽しむことができますよ。
ITEM
ハイランダー ワンポールテントBIG420 専用グランドシート付き
【テント】
●フライシート材質:75DポリエステルUV(耐水圧1500mm)
●インナー材質:68Dポリエステル
●フロア材質:210Dポリエステルオックス(耐水圧3000mm)
●ポール材質:直径32mmスチールポール
●本体サイズ:約450×450×300cm
●インナーサイズ:約420×420×300cm
●収納サイズ:約25×25×74cm
●重量:約11kg
●お勧め使用人数:4〜5人用
●付属品:ABSペグ×16本、自在ロープ×8本、ハンマー、収納ケース
●原産国:中国
【グランドシート】
●材質:PE
●商品サイズ:約405×405cm
●収納サイズ:約30×45×10cm
●重量:約1.9kg
●付属品:収納ケース 

7,980円と高コスパ!ヘキサゴンタープ440

出典:OUTDOOR BASE
さらにテントと同カラーの「ヘキサゴンタープ440」もラインナップ! 本体サイズ約440×435×230cmと5~6人でゆったりできるリビングスペースを確保できます。

耐水圧1500mmと少々の雨もへっちゃら。気軽にデイキャンプに行く際にも使い勝手の良いタープは、驚きの7,980円(税込)。
ITEM
ハイランダー  ヘキサゴンタープ440
●材質:75DポリエステルUV(耐水圧1500mm)
●ポール材質:直径19mmスチール
●本体サイズ:約440×435×230cm
●収納サイズ:約14×14×65cm
●重量:約3.5kg
●付属品:メインポール×2本、自在付ロープ(5m)×4本、(3m)×4本、ピンペグ×8本、ハンマー×1個、収納ケース
●原産国:中国


いかがでしたか? ハイランダーのテントはより多くの人にキャンプを楽しんでもらうための工夫が随所に見られましたね。これからのハイシーズンに向けて要チェックしてみてください。CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!