実践!スキレットで作るふわふわオムレツの作り方とアレンジレシピ

2019/04/10 更新

スキレットで作るオムレツはもう絶品!ふわっとした優しい口触りがもう堪りません。しかしスキレット=くっつく、こげやすいという印象もあり、なかなか挑戦できない方も多いのでは?今回はスキレットでくっつかずに、焦がさずに、ふわふわなオムレツを作る方法をご紹介!


アイキャッチ画像撮影:筆者

キャンプの朝食にふわとろオムレツはいかが?

出典:PIXTA
卵焼きや目玉焼きより、ちょっと手の込んだオムレツ。ふわっとしたオムレツに、こんがり焼けたトースト、淹れたてのコーヒー……なんて、贅沢な朝ごはんですよね。

そんなオムレツですが、ニトリで販売している「ニトスキ」でお馴染みのスキレットを使えば、さらに美味しく作れるのをご存知でしたか?

スキレットだからこそ作れる、ふわとろ「オムレツ」

卵
出典:PhotoAC

卵を加熱すると、卵に含まれるたんぱく質が熱で変化し固まる。この固まる温度のことを「凝固温度」という。

この凝固温度を出来るだけ下げないようにすると、加熱してもふんわりした状態のまま仕上げられるのだ。(出典:オリーブオイルをひとまわし

ふわふわの要因は、できるだけ長く卵の”凝固温度”を維持させること。そこで、スキレットの特性である”蓄熱性”が一役買ってくれるというわけなのです。

物は試し、さっそくスキレットでプレーンオムレツをつくってみることにしました。

スキレットで「プレーンオムレツ」を作ってみよう!

材料(1人前)

材料
撮影:筆者
卵……2個
塩……小さじ1/4
牛乳……大さじ2
バター……大さじ1

作り方

① まずはスキレットをプレヒートさせます。(落とした水滴が蒸発せず、コロコロ転がるようになるまで。)

撮影:筆者
プレヒートさせる理由は、スキレットについている目に見えない水(吸着水)を揮発させるため。そうすることで、食材がくっつきにくい状態を作り出します。

② 待っている間に、ボウルに卵、牛乳、塩を投入し、かき混ぜておきます。
ボウル
撮影:筆者
③ 十分プレヒートさせたら、油を投入し、スキレットを回してまんべんなく広げます。
油
撮影:筆者
これは油返し(回し油)といって、フライパンの温度を下げる役割があります。プレヒートさせたままの状態では、くっつく前に食材が焦げてしまうので、表面温度をある程度まで下げなくてはいけません。

④油返しでつかった油を取り除き、バターを投入しまんべんなく全体に広げます。
バター
撮影:筆者
⑤ ②の卵を投入し、スキレットを揺らしながら菜箸でかき混ぜます。
混ぜる
撮影:筆者
卵液は外側から固まってくるので、内側に入れるようにするのがコツですよ!

⑥ 半熟になってきたら、火を止めましょう。後はフライ返しで形を整えていきましょう。

⑦ 完成です!
オムレツ
撮影:筆者

卵がスキレットにくっつく原因は?

① その卵、冷蔵庫から取り出したばかりじゃない?

卵
出典:PhotoAC
冷蔵庫から取り出したばかりの卵を使うと、スキレットの温度が一気に下がりすぎてしまい、くっつく要因につながる恐れがあります。あらかじめ、卵を常温に戻しておくのが◎。

② 空焼きが足りていないかも?

揮発させている
撮影:筆者
空焼きをする理由は、スキレットの表面についている目に見えない「吸着水」を揮発させるため。この吸着水をしっかり揮発させないと、食材がくっつきやすくなってしまうのです。

ではどれくらい熱すればいいかというと、水滴を落としたとき、すぐに蒸発せずコロコロと転がっていく現象が起きたらOKです。

今回はプレーンのオムレツを作ってみましたが、具材を混ざればさらに食べ応えのあるオムレツが作れちゃいます! さっそく見ていきましょう。

スキレットで作るオムレツアレンジレシピ3選

① 野菜たっぷり!「スパニッシュオムレツ」

スパニッシュオムレツ オリーブオイルで野菜をじっくり炒め、チーズを入れて作るスパニッシュオムレツ。好みの具材を入れてアレンジも自在です。たっぷり野菜が取れますよ。

レシピの詳細はこちら

② お味噌汁との相性抜群?「和風オムレツ」

和風オムレツ にんにくの香りが立つ和風のオムレツ。しらすの塩気が絶妙です。小ねぎを最後に散らすと彩もよく、まずまず食欲がそそられます。

レシピの詳細はこちら

③ 蒸し焼きでホクホク?「じゃがいもオムレツ」

じゃがオムレツ ひっくり返さない失敗いらずの具沢山オムレツ。蓋をして蒸し焼きにするのでひっくり返す必要がないんです。じゃがいも、しめじ、ベーコンをたっぷり入れてボリューム満点の一品!

レシピの詳細はこちら

スキレットでも焦がさず作れる!

撮影:筆者
スキレットや卵の特性を知っているだけで、くっつかず、焦がさずふわふわなオムレツを作ることができます。せっかくなので、フライパンとスキレットで作ってみたものを食べ比べてみる、というのも楽しそうですね。

次回のキャンプの朝食に、オムレツを加えてみてはいかがでしょうか?

スキレット料理のレパートリーを広げよう!

あと1品欲しい…!」そんな時におすすめのササッと作れる「スキレット」を使ったお手軽レシピをご紹介します。

 

Let’s make fluffy omelet with skillet!

スキレットでふわふわのオムレツを作ってみよう!



 

関連する記事

スキレットで溶いた卵
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
midori

2児の母でフォトグラファー。幼い頃に入団していたガールスカウトでアウトドアの魅力を知り、我が子にもたくさん自然と触れ合って欲しくてファミリーキャンプを始めました。フォトジェニックなキャンプを目指しています。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!