最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
スキレットで溶いた卵

実践!スキレットで作るふわふわオムレツの作り方とアレンジレシピ

スキレットで作るオムレツはもう絶品!ふわっとした優しい口触りがもう堪りません。しかしスキレット=くっつく、こげやすいという印象もあり、なかなか挑戦できない方も多いのでは?今回はスキレットでくっつかずに、焦がさずに、ふわふわなオムレツを作る方法をご紹介!

目次

アイキャッチ画像撮影:筆者

キャンプの朝食にふわとろオムレツはいかが?

スキレットのオムレツ

出典:PIXTA

卵焼きや目玉焼きより、ちょっと手の込んだオムレツ。ふわっとしたオムレツに、こんがり焼けたトースト、淹れたてのコーヒー……なんて、贅沢な朝ごはんですよね。

そんなオムレツですが、ニトリで販売している「ニトスキ」でお馴染みのスキレットを使えば、さらに美味しく作れるのをご存知でしたか?

スキレットだからこそ作れる、ふわとろ「オムレツ」

卵

出典:PhotoAC

卵を加熱すると、卵に含まれるたんぱく質が熱で変化し固まる。この固まる温度のことを「凝固温度」という。

この凝固温度を出来るだけ下げないようにすると、加熱してもふんわりした状態のまま仕上げられるのだ。(出典:オリーブオイルをひとまわし

ふわふわの要因は、できるだけ長く卵の”凝固温度”を維持させること。そこで、スキレットの特性である”蓄熱性”が一役買ってくれるというわけなのです。

物は試し、さっそくスキレットでプレーンオムレツをつくってみることにしました。

1 / 3ページ