CAMP HACK[キャンプハック]


TOYOTA ランドクルーザー60 テント 絵

車のプロが選んだ『アウトドアなクルマ』6車種はコレ。”ウェイク”から”ランクル60″まで!

1

クルマの趣味は、人ぞれぞれ。しかし、事アウトドア、特にキャンプとなればそれに合うクルマが存在する。今回はクルマのプロである中古車販売のフレックス・ドリーム谷崎氏に、アウトドアなクルマを選んでもらった。あなたの好みはどのクルマ?

フレックス ドリーム


アウトドアなクルマは、カッコよさで選ぶ?スペックで選ぶ?

TOYOTA ランドクルーザー60 テント 絵
アウトドアに出かけるなら、クルマは必須なわけだけど、あればいいってもんじゃない。スペックもそうだけど、やっぱり見た目も大事なファクター。自分の相棒となる一台を見つけたい!

そんなわけで、ある意味定番のゴツい”漢モノ”からスタイリッシュな”お澄まし系”まで集めてみた。

TOYOTA ランドクルーザー60

TOYOTA ランドクルーザー60
最終型でも30年が経過するクラシックモデルの60(ロクマル)だが、今なお現役バリバリ! 角張ったデザインはアウトドアシーンで『映え』ること請け合いで、所有しているだけでは許されず「遊びに行こう!」と急かされるようなクルマ。無機質な‟物“ではなく‟相棒”と呼べる存在となりそうだ。

今なお、日本はもちろん海外にも根強いファンが多く存在するロクマル。ステーションワゴン(乗用車)としてのテイストを積極的に取り入れたモデルであり、パワステ、エアコン、パワーウインドウを装備する個体がほとんど。

「クラシック」と聞くと所有を躊躇してしまいそうだが、そこまで神経質になる必要はない。事実‟日常のアシ“としてお使いのユーザーも多く存在する。「どんな場所であっても、人や物を運び、帰ってくることが必然であるクルマ」がランクルに課せられた使命であり、その信頼性の高さは古いロクマルであっても同じ。

綺麗にリメイクするもよし、ヤレ感を楽しむのも趣があって一興。趣味のアウトドアシーンはもちろんライフスタイルを彩る『ギア』のひとつとしてラフに付き合うのがクール!

関連記事