最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ogawa カーサイドシェルター 使用イメージ画像

最終的に行き着くスタイルはこれ?「カーサイドタープ」の人気・おすすめ12選

2022/09/12 更新

カーサイドタープとは、車の側面などにタープを張ることで住居空間を広げるアイテムです。車中泊だけでなく、オートキャンプにもおすすめのカーサイドタープ。日差し対策に優れたものや、おすすめの12アイテムをご紹介いたします!

目次

アイキャッチ画像出典:ogawa

カーサイドタープは身軽なキャンプの救世主!

カーサイドタープ 使用イメージ画像1

出典:楽天

気の向くままに車を停め、短時間でキャンプエリアをつくれるカーサイドタープ。車中泊はもちろんデイキャンプやテント泊など、いろいろなアウトドアスタイルを身軽に楽しめるのが最大の魅力です。
カーサイドタープ 使用イメージ画像2

出典:instagram by @shonan_vanlife

ひと口にカーサイドタープといってもいろいろあり、スカートやメッシュ窓が付いているものなど種類は様々。今回は大きく3つのタイプに分けて、おすすめのカーサイドタープをご紹介します!

カーサイドタープのおすすめ① ちょい“庇”ありのスタンダードタイプ

カーサイドタープ 使用イメージ画像

出典:instagram by @nao___chu

まず最初にご紹介するのは、テントのようにフレームがあって庇(ひさし)が付いているタイプ。手軽に取り付けられて風にも強く、目隠しになりつつ適度な開放感もあるベーシックなカーサイドタープです。

コンパクトなものが多くお値段も抑えめ。ソロから2人くらいがベストな大きさです。

ロゴス neosリンクパネル

ロゴス neosリンクパネル 使用イメージ画像

出典:Amazon

本来はロゴスのテントやタープと連結できるというものですが、車に取り付ける場合は別売りのカーセット用ジョイントとポールを使ってセッティングします。屋根部分がが盛りあがっていて雨を逃がしやすく機能的です。

ロゴス neosリンクパネル

●組立サイズ:(約)幅142×奥行200cm
●収納サイズ:(約)幅55×奥行6×高さ16cm
●総重量:(約)0.9kg
●素材:フレーム/グラスファイバー、シート/難燃性ポリエステルタフタ
●耐水圧2000mm UV−CUT加工

ogawa カーサイドタープAL

ogawa カーサイドタープAL 使用イメージ画像

出典:ogawa

車体の側面はもちろん、跳ね上げ式や横開きのリアゲートにも取り付けられるタイプ。車高170~200cmの車輌に適していて、硬い地面や砂場などでペグが打てない場所でも設営できるよう、重しとなるアンカーバッグも付属しています。

ogawa カーサイドタープAL

●収納サイズ:58×12×12cm
●重量:約2.5kg
●カラー:ブラウン×サンド×レッド
●素材:フライ/ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)、メッシュ/ポリエステル、ポール/6061アルミ合金
●付属品:タープ用吸盤フック2個、アンカーバッグ2袋、ピン、収納袋

キングキャンプ カーサイドタープ

キングキャンプ カーサイドタープ 使用イメージ画像

出典:Amazon

こちらもサイドとリアゲートどちらもにも設置でき、対応車種は軽自動車からミニバンまでと幅広い車種に取り付けられます。二層メッシュ窓で紫外線対策もバッチリ、小雨程度なら問題なく使用できる防水性能です。

接続するパーツはプラスチック製を採用し、車に優しい仕様になっています。

キングキャンプ カーサイドタープ

●収納サイズ:65×15×15cm 
●重量:約4kg 
●材質:210Tポリエステル、
●付属品:ペグ×4、固定ヒモ×2、専用収納バッグ
●耐水圧:1500mm 

フィールドア カーサイドタープ

フィールドア カーサイドタープ 使用イメージ画像

出典:楽天

耐水圧は1,500mm以上と小雨程度なら余裕で防ぐことができ、クロスポールのため強度も安定。おまけに軽量コンパクトで価格は1万円を切るなど、コスパ重視の方におすすめのアイテムです。

カラーはライトグレー・ボルドー・ダークブラウンの3色がラインナップされていますよ。

フィールドア カーサイドタープ

●本体サイズ : (約)250cm×350cm
●収納時 :(約)55cm×13cm×13cm
●重量 :(約)2.2kg
●カラー:ライトグレー、ボルドー、ダークブラウン
●材質 :生地/ポリエステル、ポール/グラスファイバー
●付属品:・タープ×1、ポール×2、吸盤フック×2、ペグ×4、ロープ×4、専用収納バッグ×1、取扱説明書(日本語)
●耐水圧:1,500mm以上

カーサイドタープのおすすめ② ガッツリ囲み型

カーサイドタープ 使用イメージ画像2

出典:instagram by @slumberjackgear

カーサイドタープの手軽さは魅力だけど、急な悪天候や寒さも乗り切りたい……そんな方におすすめなのはサイドウォールやスカート付きのタイプ。テントに近い感覚で使用でき、プライベートを確保しつつ開放感も味わえます。

いいところ取りゆえにお値段は先ほどのスタンダードタイプよりやや上がりますが、泊まりのキャンプがメインならより多くのシーンに対応できるこちらがおすすめです。

ロゴス ミニバンリビング

ロゴス neosミニバンリビング 使用イメージ画像

出典:楽天

車のリア部分に取り付けると後方をスッポリと覆えるので、簡単にプライベートスペースを確保できます。設置方法は、吸盤を取り付けて裾をペグで固定するだけなので、とても簡単。

着替えなどにも最適なスペースなので、ウォーターアクティビティーをするミニバンユーザーには特にススメです。

ロゴス ミニバンリビング

●使用サイズ:(約)140×140×170cm
●収納サイズ:(約)56×12×12cm
●重量:(約)2.5kg
●素材:キャノピー/スチール、シート/難燃性68Dポリエステルタフタ(耐水圧450mm、UV−CUT加工)

ロゴス カーサイドオーニング

ロゴス カーサイドオーニング 使用イメージ画像

出典:Amazon

フルオープンタイプと違いサイドウォールがあることで、雨や風を除けられるのがこちら。連結時は正面・サイド2箇所の3方向から出入り可能なので、車中泊の際にとても快適に過ごせます。

付属のジョイントで簡単に取り付けることができ、軽量アルミフレームで設営も楽々。別売りのポールロープを使えばキャノピーを張り出してリビングスペースも設けられます。

ロゴス カーサイドオーニング

●使用サイズ:(約)320×250×190cm
●収納サイズ:(約)63×20×20cm
●重量:(約)3.9kg
●素材:フレーム/6061アルミ 、シート/難燃性68Dポリエステルタフタ(耐水圧1600mm、UV-CUT加工)、メッシュ/ポリエステル
●取り付け可能な車サイズ:高さ/2.5mまで、天井幅/1.8m以上

ogawa カーサイドシェルター

ogawa カーサイドシェルター 使用イメージ画像

出典:ogawa

カーサイドタープとしてはもちろん、パネルを閉めればシェルターにもなるという利便性の高いアイテム。フルクローズした場合でも大型のメッシュ窓から換気もでき、冷気や虫の侵入を防ぐスカートも装備されています。

ogawaテントでおなじみのシックなブラウンカラーも高級感がありますね。ogawaのテントと連結して使用している方もいるので、ogawaユーザーの方は要チェックです!

ogawa カーサイドシェルター

●収納サイズ:約68×18×18cm
●重量:約4.2kg
●素材:フライ/ポリエステル75d(耐水圧1800mm)、ポール/6061アルミ合金(直径13.0mm)
●付属品:タープ用吸盤フック(2個)、アンカーバッグ(2袋)、ハンマー、スチールピン
●対象の車輛サイズ:車高170cm〜200cm

スランバージャック ロードハウススクリーンタープ

スランバージャック ロードハウススクリーンタープ 使用イメージ画像

出典:Amazon

男前なカーサイドタープスタイルを演出してくれそうなこちらは、スランバージャックのアイテム。いかにもアウトドアらしい無骨な雰囲気がカッコよく、主にジープやランドクルーザーなど四駆車ユーザーに人気のブランドです。

このタープは内側にメッシュが装備されていて、張るだけで瞬時に“蚊帳”のような設営が可能に。虫に遭遇することが多い夏をメインにキャンプをする方におすすめです。

スランバージャック ロードハウススクリーンタープ

●使用サイズ:490×429×261cm
●収納サイズ:71×25×23cm
●重量:5.6kg
●素材:68D Polyester 100%
●付属品:スチールポール×2
●耐水圧:1200mm

カーサイドタープのおすすめ③ 開放感抜群!オープンタープ型

カーサイドタープ 使用イメージ画像3

出典:楽天

最後にご紹介するのは、開放感を満喫したい方におすすめのオープンタイプ。手軽に設置できるのもポイントで、2〜4人くらいのファミリーに最適! カーサイドタープとしてだけでなく、単体での使用やテントと連結できるアイテムもあり、自由度の高さも魅力です。

クイックキャンプ カーサイドタープ

クイックキャンプ カーサイドタープ 使用イメージ画像

出典:instagram by @quickcamp.jp

こちらのカーサイドタープ最大の魅力は、4〜6人で使用できる大きさとアレンジ力。車のルーフレールやリアタイヤに固定して車と連結するほか、タープとしての単体の使用はもちろん付属のベルトでテントと連結も可能です。

通常のキャンプと車中泊どちらも行くという方におすすめです。

クイックキャンプ カーサイドタープ

●使用サイズ(約):幅500/290cm×奥行400cm×高さ240cm
●収納サイズ(約):幅70×20×20cm
●重量:約4.4kg
●素材:ポリエステル UVカット加工 ポール:スチール
●付属品:本体 スチールポール2本 ペグ8本 延長ロープ 車体固定用吸盤 張り縄×8
●耐水圧:1200mm
●使用人数目安:4人〜6人用

スランバージャック ロードハウスタープ ハイランダー

スランバージャック ロードハウスタープ ハイランダー 使用イメージ画像

出典:instagram by @f_rollin

「車までがキャンプギア!」というほど車にもこだわりを持っている方には、どストライク間違いナシなのがこちらのタープ。縦406×横488cmの大判サイズで、こちらも通常のタープとしても使えます。

ミリタリーテイストのカラーリングも、キャンプ場で映えること間違いなし。無骨なイメージのカーサイドタープをお探しなら、もうこれしかないかも!? 

スランバージャック ロードハウスタープ ハイランダー

●使用サイズ:L406×W262×H244cm
●収納サイズ:63.5×18×18cm
●重量:5.6kg
●素材:68D Polyester 100%
●付属品:ポール/244cm×2、スチールペグ×8本、リフレクティブガイライン/ロング2本・ノーマル4本の計6本、専用のキャリーバッグ
●耐水圧:1200mm

ロゴス あくびタープ

ロゴス あくびタープ 使用イメージ画像

出典:LOGOS

「あくびタープ」というほっこりする名前ですが、耐水圧2,000mmの生地を使用したハイスペックなアイテム。ぽっかりと口が開いたような形状は、開放感と共に出入りのしやすさを向上させてくれます。

前後ともテントと連結することができ、どちらか一方を車と接続すれば雨の日の動線もスムーズです。

ロゴス あくびタープ

●サイズ : (約)390×390×200cm
●収納サイズ : (約)66×18×18cm
●重量 : (約)5.6kg
●素材 : フレーム/6061アルミ・スチール、シート/難燃性68Dポリエステルタフタ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工)

カーカムス ハイライン オートフライ シンセティック

カーカムス ハイライン オートフライ シンセティック 使用イメージ画像

出典:楽天

ロッジ型のコットンテントでおなじみのブランド・カーカムスにも、カーサイドタープがラインナップされています。耐久・防水性に優れた生地で、雨や日焼けによる劣化の影響も受けにくい本格仕様。

レールバーも付属しているのでキャリーワゴンを取り付けることも可能、積載にも一役買ってくれます。

カーカムス ハイライン オートフライ シンセティック

●サイズ: 約2.47×2.65×3.66m
●収納サイズ:約15×15×122cm
●重量:約9.07kg
●素材: PUコーティングリップストップオックスフォードポリエステル
●付属品:キャリーバッグ付きオートフライタープ1個、3ピースレールバー1個、調整可能なオーニングポール3個、スピードバックル付きウェビングストラップ6個、スチールネイルステーク6個

カーサイドタープで颯爽とフィールドに出かけよう!

カーサイドタープ 使用イメージ画像3

出典:ogawa

カーサイドタープでフットワーク軽く出かけてみたら、自由度の高いキャンプにハマるかもしれませんね。ちなみにカーサイドタープには対応車種などが設けられている種類もあるので、あらじかめご自分の車と適合するかよくリサーチしてから購入しましょう!

こちらの記事もおすすめ

紹介されたアイテム