CAMP HACK[キャンプハック]


【スノボ・MTB・天体撮影】外遊びで使いたいデジタルガジェット3選!

0

CAMP HACK × gearedの連携記事企画!“人生を変えるツール”を紹介するメディア「geared」がセレクトしたギアをCAMP HACKで紹介します。今回は、外遊びで使いたい最先端のデジタルギア特集

geared


ヘルメットをしたまま仲間と通話。SONYのスノースポーツ専用ギア NYSNO-10

SONY NYSNO-10 SONY が開発した NYSNO-10 は、スノースポーツを楽しみながら、仲間との会話やハンズフリー通話などを可能にするスノースポーツ専用コミュニケーションギア。

スノースポーツ用ヘルメット外側の後頭部付近に、付属のマウントを接着した上で、ワンタッチで装着して使用。

ヘルメットのシェルを直接振動させることで音を作り出す技術を採用しているので、耳をふさがず、滑走音など周囲の音も聞きながらコミュニケーションや音楽を楽しめるというものです。

雪山
「グループトーク」機能では、NYSNO-10 同士を3台までグループ登録でき、Bluetooth 通信で最長約1km離れた相手との同時会話が可能です。

実際に雪山で使ってみたところ、まず音の聴こえ方としては、相手の声が周りで鳴っている環境音のようにはっきりと聞こえてきます。

実際に1kmの距離で会話できるかは残念ながら試すことができなかったものの、障害物がなく、相手の姿が見えている範囲では、声が聞きとりにくくなることはありませんでした。

スマートフォンを介さないので、電波の届かない場所でも、はぐれた仲間とすぐに連絡が取れるのは嬉しいところです。また、マウントを含めて150gと軽量なので、重さが気になることはありませんでした。

NYSNO-10 リストバンド型リモコン
他にもスマートフォンなどと Bluetooth で接続すると、ハンズフリー通話や音楽再生を楽しむこともできます。

リストバンド型リモコンのボタンひとつで電話の着信への応答、リダイヤルや音楽の再生・停止ができるため、スノースポーツ中も簡単に操作が可能です。

NYSNO-10 は、雪山の厳しい使用条件にも耐えられるよう、防水、防塵、耐衝撃、耐低温性能(-10℃まで)を兼ね備えています。

また、マウントを接着する範囲に凹凸がなく、本体を装着する範囲に突起物がなければ、どのブランドのヘルメットにも装着可能。ただし、ロードバイク用のメットのように、穴がある構造の場合はうまく音が響かないとのことです。

製品名 :NYSNO-10
メーカー:SONY
価格  :オープン
販売  :ロータスインターナショナル

curator/gearedエディター

関連記事