【使用レビュー】オールシーズン使えるロッジ型テント!リマ「バハリ4」

オールシーズン使えて、リビングも広々した空間。人とも被りにくいロッジ型テント「バハリ4」を徹底レビュー!他のテントにはない独自の魅力から、ネットだけでは、なかなか伝わらない細部まで、実際に使ってみて分かった魅力をたっぷりご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:筆者

MLIMA(リマ)のテントを購入!

MLIMA(リマ)は木や綿などの天然素材にこだわり、長く使えるアイテムを製造しているブランド。なかでも「ステンレスジャグ」はオシャレで保温性も高いと評判です。

今回はリマの【コットンロッジテント バハリ4】を購入したので、早速レビューしていきます!


ナチュラルな雰囲気に魅了され、購入を即決!

3〜4人家族で広々使えるオールシーズンのコットンテントで、なおかつ他と被らないオシャレなデザインのテントを探していました。

最初はヴィンテージテントをチェックしていましたが、ダメージやメンテナンスなど不安になり、色々と調べるうちにリマのバハリ4にたどり着きました。

ちょうどブラウンのカラーがでた頃で、ナチュラルな雰囲気に魅了され即決! ただ安い買い物ではないので、直接ユーザーさんに使い心地などを聞いてから購入に至りました。

まずは、基本的なスペックから

快適性を重視したオシャレなコットンロッジテント バハリ4。まずはどんなテントなのか、基本的なスペックをご紹介します。

収納時の大きさ

MLIMAテント
撮影:筆者
収納袋は2つに分かれており、それぞれ20kg(フライシート・インナーテント)、13kg(フレーム)で合計33kgとかなりの重量級……!

インナーテントは3kgのものが2つあり、我が家では1つしか使用していないので実質30kgです。


使用時の大きさ

bahari4
撮影:筆者
リビングの面積は200cm×260cm。先日ワークショップを実施した際、右側にインナーテントを吊るした状態で、最大8名入っても余裕の広さでした!

高さも200cmあるので、テント内でも大人が立って移動できます。

素材はポリコットン

MLIMAテント 生地
撮影:筆者
幕体の表面温度がポリエステル幕より高く、結露は少なくなります。冬季のキャンプもフルクローズにすれば暖かく、オールシーズンキャンプを楽しめます。

耐水圧は800mm。以前大雨に打たれた際、若干インナーまで濡れたので、雨予報の際はタープでの過保護張りがおすすめです。

続いて実際の使用感をレビューしていきますよ!

使用レビュー!バハリ4の魅力

とにかく使い勝手が良く、色々とアレンジをして楽しめることが自慢のバハリ4! バハリ4ならではの魅力を、実際に使用している写真と合わせてたっぷりとご紹介します!

気候に合わせてアレンジ可能!

mlima テント
撮影:筆者
mlima テント
撮影:筆者
前後フラップをフルオープンにすれば、抜群の風通しで夏場のキャンプでも快適に! 逆にフルクローズすれば、スカート付きなので冬は冷気の侵入を防いでくれます。

バックサイドはフルクローズ・メッシュ窓・フル巻き上げ・キャノピーと、なんと4wayのアレンジが可能!

広々リビングは超快適

※矢印をクリックで別の写真が見れます。
bahari4
撮影:筆者
リビングにはキッチンテーブルがすっぽり! さらに六角テーブルでおなじみのヘキ男とヘキ子も入り、周りにチェアを置いてくつろぐスペースができる程の広々空間。


自由に選べる寝床スタイル

bahari4
撮影:筆者
bahari4
撮影:筆者
インナーテントは2つ付属していますが、コットをひろげて寝るスタイルもオススメです。

インナーテントは大人2名が限界で、カーテンが垂れてくることで多少狭く感じますが、寝るだけなので気になりません。

子供達にとっては秘密基地のようで楽しそうにはしゃいでいました。

フレーム部分にフックかけ放題

bahari4
撮影:筆者
bahari4
撮影:筆者
鉄骨部分にはS字フックなどかけ放題! 濡れてしまったものなどを干したり、ランタンを吊るすのにも便利。

フレームは少し太めなので、大きめのフックがオススメです!

カーテンで楽しむ

bahari4
撮影:筆者
前後の窓部分にはリングがあり、そこに突っ張り棒や枝などを吊るせばカーテンレールが完成。キャンプのテーマに合わせて、自分仕様のオリジナルカーテンでデコレーションが楽しめます!

便利な大型ポケット付き

bahari4
撮影:筆者
小物の収納に便利な大型ポケットが2つ。散らかりやすいものは、写真のようにポケットに収納しておくことでテント内を広く使うことができますよ。

購入前の注意点

購入してからでは遅い! 事前にぜひとも知っておいてほしい注意点をご紹介します。

収納サイズは大きめ!

bahari4
撮影:筆者
収納サイズはやはり大きめなので、十分に注意してください。我が家ではフレームは後部座席の足元に、フライシートは立てて収納していますが、後方が見えづらく、あまりオススメではありません。

慣れるまで設営が大変!

※再生ボタンで設営の様子が確認できます
設営時間はおおよそ20分。説明書が入っているものの、初めてのロッジ型だと慣れるまで設営に時間がかかってしまうかも。

自分スタイルにアレンジし放題のおしゃれテント

bahari4
撮影:筆者
リマのコットンロッジテントは使う人やロケーションによってオリジナリティが溢れる、とっておきのテントです。オールシーズン活躍できて使い勝手も抜群!
ぜひテントをお探しの方は、こちらのテントをチェックして見てはいかがでしょうか。

オシャレに決めよう!

オシャレなテントに合わせて、サイトのコーディネートもバッチリ決めましょう!

BAHARI-4 you can enjoy on your own.
自分仕様に楽しめるバハリ4

関連する記事

bahari4
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ayako

小さい頃父によくキャンプへ連れて行ってもらった経験が、娘を産んで蘇ってきました。キャンプ沼にハマりつつ、ワークショップもしたり、妄想キャンプも得意! instagram(http://instagram.com/___a.y.a.k0uchi__)

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!