CAMPHACK

今さら聞けない!? オープンタープを効率的に、しかも美しく張る方法

0

記事中画像撮影:真田崇史 タープの張り方って実はシンプル キャンプシーンをスタイリッシュに見せるオープンタープには、ヘキサ型、ウイング型、レクタングラー型などなど、多彩な形状やサイズのモデルがありますよね。しかしながら基 […]

藤原 聡

記事中画像撮影:真田崇史

タープの張り方って実はシンプル

16
キャンプシーンをスタイリッシュに見せるオープンタープには、ヘキサ型、ウイング型、レクタングラー型などなど、多彩な形状やサイズのモデルがありますよね。しかしながら基本的に、どれも設営のコツはさほど変わりません。

たった一枚の布がリビングスペースの屋根となるわけですが、この一枚というのがなかなかのくせ者。フレームを組み立てて自立できるテントと比べれば、「どうやって立てるの?」というギモンが、とくにビギナーの方からは多くあるはず。

基本の設営法を知らないと、いつまでたっても短時間で設営ができませんし、大人数で「あーでもない、こーでもない」と時間・体力・精神力を浪費します。わからない人は1時間経っても設営できないことも(風が吹いていればなおさらツライ)。

ここでオープンタープを美しく設営する答えを知れば、とてもシンプルなことがわかります。もっとも効率のよい設営人数は2名で、それ以上は必要なし。息を合わせれば5分で作業完了!
それでは、誰もができるように解説していきましょう。

ベーシックなヘキサタープで設営の手順を紹介します!

手順1

01
使用したのはコールマン・ヘキサライトⅡ。まずは設営場所に生地を広げ、メインポール2本も繋げます。ひとまず、メインポールは写真のように生地の天辺に直線上に配置しましょう。

ちなみにこの時点で左右側面4点の張り綱も生地のテープ部に結んでおくと楽です(ちなみに僕は使用頻度が多いため、この張り綱は撤収時も付けっぱなしです。それだけで設営&撤収を含めて時間短縮になるから)。

手順2

02
「手順1」で配置したメインポールの位置はココが目安。メインポールのトップ側から見てひとつ目の継ぎ目をグロメットあたりにして置きます。

関連記事