【2021年最新モデルも】スノーピークのタープおすすめ7選と購入時の選ぶポイント

2021/05/26 更新

信頼の品質、スノーピークのタープを大特集!ライン別にご紹介します。購入前に知っておきたいタープを選ぶ際に気をつけるべき4つのポイントや、張り方、メンテナンス、修理方法も合わせてチェックしておきましょう。

アイキャッチ画像出典:instagram by @snowpeak_official

信頼の品質!実用性抜群なスノーピークのタープ

スノーピーク_ヘキサエヴォ
出典:Snow Peak
キャンパーなら誰しも憧れるブランド「スノーピーク」。スノーピークのギアは、妥協を一切許さず、こだわり抜いて作られた品質と美しいデザインで、日本国内のみならず海外のキャンパーたちを魅了し、多大な信頼を集めています。

出典:Snow Peak
スノーピークの数あるハイレベルなアイテムのなかで、タープもまたユーザーをうならせるほどハイスペックかつ美しいデザインのものばかりです。今回はそんな豊富なラインナップの中からおすすめのアイテムを一挙ご紹介します。
まずは、タープ選びのポイントからチェックしておきましょう。

【購入前に知っておきたい】スノーピークのタープ4つのポイント

目的によって製品を選びやすい!「ライン名」に注目

出典:Snow Peak
スノーピークのアイテムは、その機能やスペックなどからエントリーライン、スタンダードライン、プロライン、アイボリーラインの4つに区分されています。
このように分類することで、対象アイテムがどのような位置づけなのかが一目でわかり、ユーザーのアウトドア経験や目的に合せたアイテム選びがしやすくなっています。
①エントリーライン
 【初心者向け】キャンプ入門用として、簡単設営と必要十分なスペックを兼ね備えたライン
②スタンダードライン
 【中級者向け】年間を通してキャンプを楽しめる、より機能性を高めたラインc
③プロライン
 【上級者向け】機能性に優れたスノーピーク最高峰のハイスペックライン
④アイボリーライン
 【デザイン重視】ラグジュアリーな雰囲気を演出する、アイボリーカラー展開のモデル

大きさは対応人数の目安をチェック

スノーピーク_レクタ
出典:instagram by @snowpeak
張り方によって有効面積が変わってくるのが、タープ選びの難しいところです。サイズのスペック数値と合わせて、対応人数が記載されているので、参考値として合わせてチェックするのがおすすめです。

製品名についてる「シールド」って?


後ほど詳しくタープをご紹介しますが、スノーピーク製品には似たようなアイテム名のタープが存在します。たとえば、上記写真の「HDタープレクタ(M)」「HDタープ“シールド”レクタ(M)」。
一見デザインも変わりありませんし、サイズのスペックも一緒です。ですが「シールド」というワードが入っており、製品名が違います。

スノーピーク_シールド比較
出典:Snow Peak
この「シールド」とは、生地を通す光を軽減する効果があります。そのため、シールド加工が施されているタープの下は加工されていないノーマルタープのそれと比べると、入り込む日差しの量が少なく体感温度が低くなるため、快適に過ごすことができます。
測定する環境下によって誤差はあるものの、その温度差は約2〜4℃とも言われています。

ポールの付属は事前にチェックを!

スノーピーク_ポール
出典:Snow Peak
モデルによってポールが付属しておらず、そのままキャンプ場に持っていってもタープを張れません。ポールの付属の有無はしっかりと事前確認が必要です。
チェックするポイントもわかったところで、ライン別のタープの紹介とおすすめラインナップを紹介します。

【2021年最新製品】今までのタープ既製概念を覆す最新コンセプトタープ

HDタープ“シールド” メーヴェ L

出典:snowpeak
これまでのタープは、2つのタープポールを結ぶ中央のラインが一番高く、端にいくにつれて低くなっていくことが基本の形でした。

2021年の新作タープは基本の形を大きく変更し、動線上を高く、中央を低くした既成概念を覆すコンセプトで製作されています。ポールの数が、3本で構成される新しい形状のタープです。テーブルが設置される中央を低く、人の出入りがある動線上が高くなっています。

3つの角に集中して雨が流れるようになっているので、雨の日も快適に過ごすことができます。

ITEM
スノーピーク HDタープシールドメーヴェ L
収納サイズ:W78×18D×H21cm
重量:4.4kg
対応人数:6名​




エントリーモデルでも主力アイテム【エントリーライン】

アメニティタープヘキサLセット

出典:snowpeak
スノーピークの中では比較的入手しやすい価格設定のアメニティタープは、初心者にもおすすめのエントリーライン。スチールポールとペグがついており、アイテムを追加することなく、すぐに使えるセットです。

エントリーラインですが、機能を十分兼ね備えた人気アイテムです。
ITEM
スノーピーク  アメニティタープヘキサLセット
収納サイズ:80×17×19cm
重量:8.9kg
対応人数:6名

4人くらい余裕で入る大きさで高級感もあり最高でした!


信頼の生地と永久保証で長く使える【スタンダードライン】

HDタープ“シールド”・ヘキサ(L)

出典:Instagram by@tomoko_maman
スノーピークのヘキサタープは、きれいなシルエットが特徴のタープです。風にも強く、設営がしやすいのが特徴。Lサイズは、ファミリーでの使用やグループキャンプにも使用できるサイズで特に人気が高い製品です。

ITEM
スノーピーク HDタープ“シールド”・ヘキサ(L) TP−862H
収納サイズ:80×17×22(h)cm
重量:3.6kg(本体、ロープ含む)
対応人数:6名

テントに合わせてスノーピークに。
価格は高いけど、やっぱりいいです!


HDタープ “シールド”・レクタ(M)

出典:Instagram by@irielifecamp
遮光性の高いシールド加工が施された「HDタープ“シールド”レクタ(M)」。通過する日光を軽減してくれるので、暑い日でもタープの下で快適に過ごせます。

ITEM
スノーピーク タープ HDタープ シールド ・ レクタ ( M )
収納サイズ:80×17×22cm
重量:3.7kg
対応人数:6名

スノーピーク最高峰のハイスペックライン【プロライン】

HDタープ ヘキサエヴォ Pro.

出典:snowpeak
最高峰のスペックを備えた上級者向けのプロライン「HDタープシールド ヘキサエヴォ Pro.」。フォルムはより美しく、長辺640cmと有効面積が広いのが特徴です。

ITEM
スノーピーク HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro.
【プロライン】
収納サイズ:80×20×20cm
重量:4.5kg
対応人数:6名

さすがスノーピークと言う作りです。ポール用の袋もついてるし、タープ入れの中にも結束バンドがあるので、車に積み込んだ時に荷崩れしなさそうです。


ラグジュアリーな雰囲気を醸し出すおしゃれな【アイボリーライン】

HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリー

出典:snowpeak
前出のヘキサエヴォ Pro.と同じ形のアイボリーライン。美しいフォルムとアイボリーの組み合わせで、サイトをグラマラスな印象に。日光を通しやすいアイボリーですが、インナールーフが標準で装備されており、充分に日差しをカットします。

ITEM
スノーピーク HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリー
収納サイズ:80×20×20cm
重量:5.3kg
対応人数:6名

雨でも焚き火ができる!TAKIBIタープ オクタ【アイボリーライン】

出典:Instagram by@fuku_wilow_camp
難燃性のインナールーフを備えた焚き火対応の変形八角形「オクタタープ」。そのフォルムは、見た目が美しいのはもちろん、対応人数6~8人と有効面積を広くとることができ、開放的なリビングスペースを確保できます。

ITEM
スノーピーク TAKIBIタープ オクタ
収納サイズ:83×25×26cm
重量:8.9kg
対応人数:6~8名

強い日差しでもしっかりシャットアウトしてくれて、夜は下で火が使えてとっても便利です。張り方も何パターンか試してみたいです。


ITEM
スノーピーク TAKIBIタープ オクタ インナールーフ
収納サイズ:33×60cm
重量:4.2kg

キャンプに行く前に!タープの張り方をおさらい

_mg_2465
撮影:真田 崇史
気になったモデルが見つかったら、タープの張り方をおさらいしておきましょう。非自立式のタープは、慣れるまで設営に手こずることもあります。ポイントを押さえて、キャンプ場でスムーズに設営を成功させましょう。


使ったあとのメンテナンス方法は?

雨テント
出典:WILD-1
タープを長く愛用するには、使用後のメンテナンスが非常に大切です。特に雨や結露などで濡れてしまった場合は、しっかりと乾かしてから保管しないとカビやにおいの原因になります。
このため、スノーピークではアフターサービスとして、テント・タープ・シェルターの乾燥サービスを行っています。濡れたままのタープをそのまま配送するだけと簡単。気になるサービスの詳細はこちらをご参考に。

スノーピークのタープが壊れた場合、保証・修理対応は?

テント修理
出典:Snow Peak
メーカーが商品の品質に責任を持つことは当然との考えから、スノーピークのアイテムに保証書は付属されていません。
ただし、商品の機能が損なわれた場合は、オンラインで修理交換を受け付けています。製造上の欠陥が原因の場合は無償、その他の場合でも適正な価格で修理もしくは交換してくれますよ。万が一のときでも安心ですね。
詳しくはこちら

お好みに合ったラインのタープを選んでキャンプをもっと快適に!

スノーピーク_アイボリーライン
出典:instagram by @snowpeak_official
スノーピークのタープは、スタイル、素材、サイズ、価格帯など幅広くラインナップが充実しています。どの製品もキャンパーを満足させるこだわりが、伝わってくるアイテムばかりです。
数あるラインナップの中からご自分のお好みにぴったりのラインを見つけて、快適なキャンプを楽しみましょう。

他ブランドのタープアイテムが気になる方は下記も参考に!


紹介されたアイテム

スノーピーク HDタープシールドメーヴェ…
スノーピーク  アメニティタープヘキサL…
スノーピーク HDタープ“シールド”・ヘ…
スノーピーク タープ HDタープ シール…
スノーピーク HDタープ シールド ヘキ…
スノーピーク HDタープ ヘキサエヴォ…
スノーピーク TAKIBIタープ オクタ
スノーピーク TAKIBIタープ オクタ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

スノーピーク_アイボリ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

釣りやキャンプなど外遊びが大好きです。道具収集癖がありますので、ギア情報やキャンプ場情報などお届けします。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!