CAMPHACK

【決定版】スノーピークのランタンラインナップ徹底解説!人気おすすめ6選

1

常に斬新な発想と洗練されたデザインで話題を集めるスノーピークのランタンたち。今回はスノーピークの最新ラインナップから、おすすめのモデルをピックアップ。人気のおすすめランタン6選、じっくりご紹介していきますよ!

TOMOKO YAMADA

アイキャッチ画像出典:snowpeak

その斬新さで、常に注目を集めるスノーピークのランタンたち

スノーピークのランタンが光っている
出典:snowpeak
LEDなのに暖色系の灯りが魅力の「ほおずき」など、常に斬新な発想と洗練されたデザインで注目を集めるスノーピークのランタンたち。今回は、そんなスノーピークランタンの最新ラインナップから、おすすめの6アイテムについてじっくりご紹介していきます!

【 最新版 】おすすめ!スノーピークのランタン6選

機能美の極み!炎がゆらめく「ノクターン」

スノーピークランタンのリトルランプノクターン
出典:snowpeak
シンプルで機能美極まるスタイリッシュなキャンドルランタン「ノクターン」。2016年の発売以来、今も多くのキャンパーを魅了し続ける人気アイテムです。

小さな光ですが、火力調整のダイヤルを回すことで炎の大きさを調整でき、テーブルを充分に照らすことができる実用的な光量を得られます。

スノーピークランタンのノクターンで光をともす人
出典:snowpeak
何といっても、やはりダイレクトにゆらめく炎を眺められるのが癒やされます。しかも熱効率も良く、ガスの消費量は1時間にわずか7グラム! ガス缶の残量が少なくても長時間照らしてくれる秀逸なランタンです。

スノーピーク リトルランプ ノクターン

●材質:アルミニウム合金、ブラス、ゴム、ガラス、ステンレス鋼
●サイズ:42×40×105(h)mm
●重量:102g
●収納サイズ:51×47×112(h)mm


メインのランタンで使うならコレ!「ギガパワー BFランタン」

スノーピークのギガパワー BFランタン
出典:snowpeak
ギガパワーBFランタンは、スノーピーク初のランタン「ギガパワーランタン”天”」で培った技術をギュッと詰め込んだランタン。ラージサイズのマントルから放たれる光量は、なんと最大170W相当です。

最大170Wの光量は、テントサイトを明るく照らすだけでなく遠くからの目印にもなるレベル。

スノーピークのギガパワー BFランタンをともす
出典:snowpeak
しかも、自動着火装置「オートイグナイタ」付きで、より安全な着火が可能。初心者でも安心の設計です。

また、2分割式のガラスグローブは、ベンチレーターを外さずに簡単に取り外せる構造に。細部まで使い勝手に配慮された設計は、さすがのスノーピーク製品です。

スノーピーク ギガパワーBFランタン

●ガス消費量:約80g/h
●サイズ:φ130×235(h)mm
●材質:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス、耐熱ガラス
●重量:1025g(ヘッドのみ)
●出力(照度):170W相当
●セット内容:本体、収納ケース、マントル×1


ロングセラー!小さくて明るい「ギガパワー ランタン天 オート」

スノーピークのギガパワーランタン天オート
出典:snowpeak
1998年にリリースされた、スノーピークとしては初めてのガスランタンです。同年にグッドデザイン賞も受賞したこちら、世界最小・最軽量のコンパクトさなのに、その明るさは実に最大80W!

ワイヤー式の火力調整ハンドルはグローブを装着した手でも扱いやすく、微妙な火力コントロールもスムーズ。

スノーピークのギガパワーランタン天オートをともす
出典:snowpeak
また、自動点火装置「オートイグナイター」付きで、初心者でも簡単に着火が可能。また、接続部分はより軽量なアルミニウムにアップデートされるなど、時を経て今もなお世界のキャンパーから支持されるロングセラーモデルです。

スノーピーク ランタン
出典:Instagram by @zs.camp_kengo
付属のガラスグローブのほか、別売りで金属製のメッシュグローブもラインナップ。ガラスグローブの扱いが不安な人にはこちらがおすすめです。

スノーピーク  ギガパワー ランタン 天 オート

●サイズ:φ59×H95mm
●収納サイズ:62×65×103(h)mm
●重量:125g
●出力(照度):80W相当
●材質:ステンレス、アルミニウム合金、ブラス、耐熱ガラス

スノーピーク メッシュ グローブ S

●サイズ:直径50×45mm
●素材:ステンレス

関連記事