【タープ張り方】野外リビングをつくろう!タープの張り方まとめ

2019/03/12 更新

しっかりしたタープの張り方を覚えることは、キャンプでいうリビングをしっかり確保するための基本です。一度覚えてしまえば容易なことでも、初めてならば不安なことも多いでしょう。そんな方にタープの張り方のコツを紹介します!


アイキャッチ画像出典:コールマン

タープとは?


タープ 張り方
出典:bighorn
山の天気は変わりやすいもの。キャンプをしてると、いつも強い日差しや、急な雨に悩まされます。そんな時に頼りになるのがタープ。この1枚の布が、雨、日差しを防ぎ、みんながくつろげるための「屋根」となってくれます。天気に振り回されずにキャンプを楽しめる、まさに心強いキャンプの必須アイテム!今回は、そのタープの魅力、そして設営方法についてご紹介します。

タープの種類

タープにはいくつかの種類があります。その形状ごとに、大きく分けると3つ。ヘキサタープ、スクリーンタープ、レクタタープがあり、キャンプの人数、用途により選び方は変わってきます。

【ヘキサタープ】

ITEM
コールマン タープ XPヘキサタープ MDX
■使用サイズ:約460×435×高さ230cm
■収納サイズ:約直径18×74cm、
■メインポール・サイドポール:約直径19×長さ180mm
■重量:約7.6kg

早速、子供のプールで使いました
特大のプールと大プールを並べると、丁度良く入りました


クロスポール採用で簡単設営。サイドポール標準装備で様々な設営バリエーションが楽しめる。
メリット
設営が簡単で風通しがよく、天候やシチュエーションで形状を変えられる。

デメリット
風通しがいいので秋冬は寒く、夏には虫が入ってきてしまいます。



【スクリーンタープ】
ITEM
コールマン スクリーンキャノピージョイントタープ3
■使用サイズ:約320×340×高さ215cm
■収納サイズ:約直径23×82cmm
■メインポール:約直径12.5mm、コーナーポール/約直径19mm、ジョイントフラップ/約直径7.9mm
■重量:約11.3kg

圧迫感は無く快適な空間でキャンプを楽しめました。


キャノピータイプのテントと連結可能なジョイントフラップ付きスクリーンタープ。背面にテントと連結可能なフラップを装着。

メリット
四方をスクリーンで囲われているため虫が入ってきません。スクリーンをフルクローズにすれば、プライベートな空間を確保できる上、雨や寒さ対策にもなります。

デメリット
重量があり、設営に多少時間がかかります。

【レクタタープ】

ITEM
コールマン スクエアタープDX
■使用サイズ:約550×400×高さ250cm
■収納サイズ:約直径20×82cm
■メインポール/約直径32×長さ250mm、サイドポール/約直径25×長さ180mm
■重量:約15.5kg

高強度ポール採用。大型サイズのスクエアタープ。

メリット
居住スペースが広く、天井も高く過ごしやすいです。

デメリット
ポールが多い分、持ち運びに多少苦労するかもしれません。また、風に弱く広い設営面積を必要とします。

タープの張り方

今回は、タープの代表格であるヘキサタープの張り方をご紹介。タープの張り方には大きく分けて4つの工程があり、工程ごとにそれぞれ手順、コツがあります!また、タープ設営に必要な物として、一般的にタープ・ポール・ペグ・ロープ・ペグ打ちハンマーがあげられます。

(1)レイアウトを決める
タープ 張り方タープを広げる

出典:cainz
タープ 張り方ポールとロープを図のように配置

出典:cainz

タープ 張り方


ポール用のロープをペグで固定

出典:cainz
(2)ポールを立てる


タープ 張り方ポールを自立させる

出典:cainz
タープ 張り方両側を立て、ポールを内側に20cmずらす

出典:cainz
(3)サイドをセットする
タープ 張り方タープ中心から45°の角度でロープを張る

出典:cainz
タープ 張り方

ペグを深く打つ

出典:cainz
(4)完成。全体をチェックする
タープ 張り方タープの張り具合を調整

出典:cainz

種類別おすすめタープ

【ヘキサタープ】

ITEM
コールマン XPヘキサタープ MDX
■使用サイズ:約460×435×高さ230cm
■収納サイズ;約直径18×74cm
■メインポール・サイドポール:約直径19×長さ180mm
■重量:約7.6kg

仲間8人、内子供3人で使用しましたが、サイズ的にもちょうど良く快適でした!


クロスポール採用で簡単設営。サイドポール標準装備で様々な設営バリエーションが楽しめる。

ITEM
スノーピーク HDタープ"シールド"・ヘキサ Pro セット
■キャリーバッグサイズ:80×17×22(h)cm
■重量:9.5kg(本体、ロープ含む)

かっこいいです。組み立ては簡単で優越感が有ります!キャンプが楽しみです。


立てやすく、風に強い王道タープ。日差しをブロックするシールド加工で、幕下を涼しく保ちます。

ITEM
ロゴス neos ドームFITヘキサ
■組立サイズ:(約)幅440×奥行430×高さ230cm
■収納サイズ:(約)長さ67×幅16×奥行13cm
■総重量:(約)4.0kg

価格の割りにしっかりしていてとても使いやすく、重宝しています!


耐風性に優れたヘキサゴンタイプ。裾はテントにフィットしやすいラウンドシェイプ

ITEM
ユニフレーム REVOラック
■ペグダウン間:約160cm
■収納サイズ:約φ11×33cm
■重量:約1.0kg

ちょい置きに丁度いいです。


 使いやすいサイズで新登場。 左右非対称デザインとヘヴィーメッシュにより、解放感にあふれた心地よい居住スペースを誰もが美しく張ることができます。
【スクリーンタープ】
ITEM
コールマン ラウンドエアスクリーン 400
■使用サイズ:約360×400×225cm
■収納サイズ:約直径24×79cm
■重量:18.2kg

キャンプですごく快適にすごせました!


4面すべてがキャノピー仕様。フルオープン可能なラウンドスクリーン。フルクローズ、メッシュ、オープンでの使用可能。4面すべて出入り可能に、4面全てキャノピー張り出し可能。ジョイントフラップ採用でテントとの連結可能。テントとの連結で寝室とリビングが一体化に。

ITEM
スノーピーク カヤードセット
■カヤードサイズ:底辺680cm×高さ210cm
■重量:11.5kg

**基本タープですから、デイキャン、キャンプともに設営撤収が楽。


ジリジリと照りつける強い日差しの夏でも、クーラーのガンガンきいた家に閉じこもる必要はありません。フルメッシュのカヤードなら、汗ばむ夏も快適にフィールドで過ごせます。シールド加工のインナールーフを使えば、さらに涼しさアップ。メッシュを覆うようにパネルを取り付ければ、プライベート空間もつくれます。メッシュを通り抜ける心地よい風を感じてください。

ITEM
ロゴス Q-PANELインセクトスクリーン
■組立サイズ:(約)幅350×奥行380×高さ210cm
■収納サイズ:(約)長さ115×幅23×奥行23cm
■重量:(約)14.6kg

日よけ風よけ雨にも…最強ですよ


前面はアーチ型フレームを交差させ強度・居住性を兼ね備えたPANELシステム採用

【レクタタープ】
ITEM
コールマン スクエアタープDX
■使用サイズ:約550×400×高さ250cm
■収納サイズ:約直径20×82cm
■メインポール:約直径32×長さ250mm、サイドポール:約直径25×長さ180mm
■重量:約15.5kg

高強度ポール採用。大型サイズのスクエアター

ITEM
スノーピーク HDタープ "シールド"・レクタ Pro セット
■キャリーバッグサイズ:80×17×22(h)cm
■重量:13.4kg本体、ロープ含む

比較的風の通り道にある場所で設営していますが、ばたつく事も少なく安心して使っています。


有効面積が広く、実用的なレクタ型タープ。広いリビングスペースが作れます。

ITEM
小川キャンパル フィールドタープレクタDX
■サイズ:幅420×奥行350cm
■重量:約11.0kg

生地がしっかりしていて、良い日陰を作ってくれます。


 強い日差しを生地の厚さと遮光ピグメント加工で二重にカット。大勢の人数でもゆったり使える大型のレクタ型タープです。

タープの本当の目的とは?


タープ 張り方 キャンプは、自然の中に入っていって、その中でのひとときを楽しむのがひとつの醍醐味。しかし、間にへだてる物がなにもないと不安で、いまいちキャンプっていう気になれないものです。そんなときにタープがあると、なんとなく安心できますよね。タープは、人間と自然がうまく付き合うための、「心地いい距離」にしてくれる道具なのかもしれません。

よく、テントは寝室、タープはリビングに例えられますが、そのリビングは一番気持ちのいい場所である必要があります。楽しいキャンプの時間を過ごすためにも、タープの張り方をしっかりと覚え、安心してくつろげる場所を確保したいものですね!

 

outdoor living room
野外リビングをつくろう!

紹介されたアイテム

コールマン タープ XPヘキサタープ M…
サイトを見る
コールマン スクリーンキャノピージョイン…
サイトを見る
コールマン スクエアタープDX
サイトを見る
コールマン XPヘキサタープ MDX
サイトを見る
スノーピーク HDタープ"シー…
サイトを見る
ロゴス neos ドームFITヘキサ
サイトを見る
ユニフレーム REVOラック
サイトを見る
コールマン ラウンドエアスクリーン 40…
サイトを見る
スノーピーク カヤードセット
サイトを見る
ロゴス Q-PANELインセクトスクリー…
サイトを見る
コールマン スクエアタープDX
サイトを見る
スノーピーク HDタープ "シ…
サイトを見る
小川キャンパル フィールドタープレクタD…
サイトを見る

関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

» コールマンの高価買取なら買うトドア

タープ 張り方
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nemoto shunsuke

フリーライター。タウン紙「わかば通信」を中心にライフスタイルやアウトドア分野を活動フィールドとしている。海とキャンプが好きで、学生時代に伊豆でのキャンプ体験からアウトドア・キャンプにはまる。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!