CAMP HACK[キャンプハック]


バッグを持つ男性

車がなくてもキャンプへGO!収納ボックス×キャリーカート=楽々キャンプ!

0

街中でみかける楽器や機材を運ぶ時に使っているキャリカートが、実はキャンプでも使えてとっても便利!さらに収納ボックスを組み合わることで普段の荷物もよりコンパクトに。電車移動やバス移動キャンプにおすすめなキャリカートをご紹介。

CAMP HACK編集部


アイキャッチ画像撮影:編集部

これからはキャリーカートを上手に使って楽々キャンプ!

キャリーカート 出典:Amazon
何かと荷物が多く、楽しみたい気持ちからアレもコレも、となってしまいがちなキャンプの準備。気づけば用意したザックがパンパンなんてことも……車移動なら良いですが、電車移動やバス移動だと荷物を上げ下げする機会も多く意外と大変ですよね。

そんな時はキャリーカートと収納ボックスを使えば、重いザックから解放されて移動がグッと楽になります!

収納ボックスを使ったパッキング例

必要最低限のアイテム
撮影:編集部
必要最低限のアイテムをまとめて入れます。テントはモンベルの軽量ソロテントを入れ、チェアは簡易のものを使います。テーブルは一応入れてますが、この収納ボックスがテーブルにもなるので、そこも節約可能ですね。

必要最低限のアイテム 収納した様子
撮影:編集部
収納してみるとまだ隙間にも余裕があり、これなら食材も追加で入れられそうです。パンパンに詰めたザックを背負ってキャンプへ行くと、途中で買った食材などは追加で入れにくいので結局ビニール袋を持つことになりますが、このキャリースタイルなら身体への負担も少なく軽やかに移動できます。

男性も増えてきたキャリースタイル

身体への負担の面で、ザックと比べてキャリースタイルはとても楽チン。すでに女性キャンパーは取り入れている方もいますが、最近は男性でも実践している方がチラホラ。筆者もその一人ですが、これが快適なんです!

特に暑い季節はどうしてもザックを背負うと背中にびっしょりと汗をかいてしまいますが、この移動方法ならそんなこともありません。また、電車やバスなどの移動の際に、他の乗客に迷惑をかけることが少ないというのも大きな魅力です。ただ、足場の悪い砂利道や凸凹道、砂浜などは一気に機動力が失われるので、そこには注意が必要です。

【失敗しないキャリーカート選び】購入前はココを見よう!

キャリースタイルを実践しようにも道具選びが不可欠。ネットで調べるだけでも数多くの種類が出てくるキャリーカートですが、失敗しない買い物をするために見ておくべきポイントを3つにまとめましたよ。

関連記事