保証付きを厳選!バランススクーターおすすめメーカー4選

バランススクーターが気になる方は要チェック!今回はバランススクーターに関するあれこれを徹底解説します。バランススクーターで公道を走れるの?そもそもどんな乗り物なの?人気のメーカーは?など、バランススクーターに関する疑問を解決します。


アイキャッチ出典:PIXTA

バランススクーターってどんな乗り物?

バランススクーターに乗る男性
出典:PIXTA
バランススクーターと聞いて、どんなものが思い浮かぶでしょうか?バランススクーターは前後左右の体重移動やバランスによって移動ができる乗り物で「ミニセグウェイ」とも呼ばれています。

セグウェイは有名ですが、そのセグウェイのハンドルがないバージョンがバランススクーターなのです。ではバランススクーターはどのような乗り物なのか、さっそく紹介していきたいと思います。

その①バランススクーターは充電式

充電器
出典:pixabay
世に出回っているバランススクーターは基本的に充電式です。メーカーにもよりますが、1回の充電で連続しておよそ20kmほど走行が可能。非常に電池もちがよいことも魅力的ですね。また、充電の方法も簡単。製品に付属している充電器をコネクタに接続し、家庭用のコンセントに差し込めばOKなので、特別なにかが必要になることはありません。

その②バランススクーターは意外と重い

バランススクーターはどのメーカーの製品でも、約10kgの重量があります。持ち運ぼうとすれば、2リットルのペットボトルを5本分の負荷がかかることになりますから、持ち運びにはあまり向いていません。そのため、少し離れた公園等へ持ち出す場合には車などを活用して持ち運ぶことがおすすめです。

その③バランススクーターで公道を走行するのはNG!

city-666093_960_720
出典:pixabay
ちょっとした買い物やお出かけなどには非常に重宝しそうなバランススクーターですが、実はバランススクーターによる公道での走行は法律で禁じられているのです。その理由は、バランススクーターは「車両」として法律で認められていないから。

下手をすると道路交通法違反による罰金や、最悪の場合は逮捕に至ることも。こういった点をきちんと理解し、ルールを守ってバランススクーターを楽しみましょう。

その④バランススクーターは公道以外で楽しもう!

それではいったい、どこでバランススクーターを楽しめるのか?現在バランススクーターを使用できる場所としては、公道以外の私有地や公園ならOK。自宅の敷地内や近所の公園など、探してみると乗れる場所は多くあります。ただし、公園へ向かうまでの公道では乗らないようにしてくださいね。

※公園によってはバランススクーターの使用を禁止している場所もありますので、事前に確認してください。

その⑤オフロード対応のバランススクーターもある!

基本的にバランススクーターは段差などに弱く、舗装が成された場所を得意としますが、オフロード用に開発されたモデルもあります。通常のモデルより少し大きめな設計、タイヤを太くしたりして操作性をしやすいように作られています。オフロードで乗りたい!という方はこちらもチェックしてみてください。

その⑥ラウンドワンではバランススクーターを導入中!

全国のラウンドワン(スポッチャが利用できる店舗のみ)ではバランススクーターを導入しており、気軽に体験することができます。購入の前にどんなものか試してみたい!という方はスポッチャで試乗できますので、ぜひ試してみてください。

迷ったらこれ!バランススクーターの人気メーカー4選

バランススクーターは、いくつかのメーカーが商品をリリース。それぞれにどのような特徴があるのかをご紹介します。

Kintone(キントーン)

03_kintone1 某人気アニメに登場する「筋斗雲」を連想させるようなロゴのメーカー。バランススクーター人気の立役者ともいえるほど知っている方も多数。電動キックボードや電動スケートボードなどさまざまな電動製品が揃っているので、デザインの好みや使うシーンに合わせて選べることが特徴で、オフロードタイプのバランススクーターも取り扱っています。

【KINTONE】クラッシックモデル

堂々人気のキントーンのミニセグがさらに改良されて乗りやすくなりました。フットペダルには4つのセンサーが搭載され安定性がぐっとアップ。緊急時にはUSBから電力を供給できたり、衝撃に強いボディやクッション性の高いタイヤを採用して乗り心地にも使い勝手にも配慮されたおすすめモデルです。
ITEM
キントーン クラッシックモデル
●サイズ:横580mm×縦180mm
●重量:10kg
●走行距離:1回の充電で約20km
●最高速度:時速10km
●体重制限:最低20kg/最高100kg
●バッテリー:リチウムイオン電池

【KINTONE】オフロードモデル

クラシックモデルに比べ、本体が少し大きめにし、タイヤを太くすることでオフロードでも安定した乗り心地を実現したモデル。舗装された場所だけでなく、オフロードも楽しみたい!なんて方にはおすすめの製品です。

ITEM
キントーン オフロードモデル
●サイズ:横700mm×縦230mm
●重量:14kg
●走行距離:1回の充電で約20km
●最高速度:時速15km
●体重制限:最低20kg/最高120kg
●バッテリー:リチウムイオン電池

でこぼこが多少あっても大丈夫だろうと、オフロードタイプを購入しました。 まあ、やっぱり平らなところの方が乗りやすいです。 乗るのはすぐにできました。最初はうまく前にすすめなかったけど、ものの5分でいけました。


CHIC SMART(チックスマート)

04_chicsnart2 CHIC SMARTがリリースしているバランススクーター「CHIC-Robot」は近未来的を感じさせるデザインが主流となっているのが特徴です。K-POPアイドルグループとのコラボレーションでも一時話題となりました。主流モデルのバランススクーターから、操作性のしやすいハンドルつきのモデルまでさまざまに展開しているメーカーです。

【CHIC SMART】CHIC-Smart C1

エイベックス所属の韓国人気アーティスト、U-KISSとのコラボレーションでPVに採用されたり、さまざまなメディアで取り上げられるなど話題のマシン、チックスマート(CHIC-Smart)。2年保証がつく正規のお店で購入してくださいね。

ITEM
チックスマート C1
●サイズ:横580mm×高さ180mm×縦170mm
●重量:約11.5kg
●走行距離:約15~20km
●最高速度:時速約10km
●体重制限:最大100kg
●バッテリー:リチウムイオン電池

初めての感覚だったので最初乗るのに少し怖かったのですが、すぐになれます。すごく楽しいです。不具合もないです。充電も十分に持ちます。家の中やスムーズなコンクリートの地面で遊ぶことをお勧めします。


【CHIC SMART】CHIC-Smart D1

定番モデルのCHIC-Smart C1に比べ、かなりリーズナブルになったこのモデル。C1と比べるとリーズナブルになった分、走行距離が短くなるなど多少の変化はありますが性能は間違いなし。ちょこっと乗れるくらいでOKという方にはおすすめの製品です。

ITEM
チックスマートD1
●サイズ:横584mm×縦186mm×高さ178mm
●重量:約11.5kg
●走行距離:約10km
●最高速度:時速約10km
●体重制限:最大100kg
●バッテリー:リチウムイオン電池

家族ははりきって練習しています。やはり、安心感のある商品にして正解だったとおもいます。 慣れたらもう一台購入して並んで走ってみたいと思っております。


Airbike(エアバイク)

05_airbike1
出典:楽天市場
もともとは電動自転車を主流に商品展開していた日本発信のメーカー。バランススクーターは海外で生まれた商品なので、海外から輸入され販売しているものがほとんどを占めますが、Airbike社は国内メーカーなので安心感もありますね。比較的安価で販売していることも魅力のひとつです。

【Airbike】セグウェイ ホバーボード

5年間の修理保証期間がついており、有償ではあっても安心感のあるAirbike。エアレスタイヤを採用しているからパンクの心配もなく、15度から20度の傾斜にも耐えられるパワフル設計が魅力です。

ITEM
エアバイク ホバーボード
●サイズ:約/横590mm×縦185mm×高さ180mm
●重量:約10kg
●走行距離:15~20km
●最高速度:時速約10km
●体重制限:最低20kg/最高100kg
●バッテリー:リチウムイオン電池

ずっと気になってて今回購入しました。ミニセグウェイの中で安く、しかも日本製で5年間の保証が付いてるのを見て購入を決めました。最初5分ぐらいは慣れるのにかかりますけど、慣れたら自由に動けて楽しいです!


smart balance wheel(スマートバランスホイール)

06_barance1
出典:楽天市場
中国発信のメーカーで、使い道に合わせた幅広いラインナップが特徴。近未来的でシンプルなデザインが人気で、若者にも人気があるメーカーとして確立しています。LEDが内臓され、暗い場所でも光るバランススクーターなど画期的でおもしろいアイデアの製品が多くあります。

【smart balance wheel】バランススクーター

電気自動車にも採用されているLG社製のバッテリーを搭載。馬力のある走りで、スムーズなスタート、コーナリングも思い通りに曲がれる!オフロードにも耐えられるパワーが魅力なのに動作音も小さく、高性能にこだわった作りです。オプションのカートをつければ、座った状態でも楽しめます。

ITEM
スマートバランスホイール バランススクーター
●サイズ:横570mm×縦180mm×高さ180mm
●重量:約12kg
●走行距離:約20km
●最高速度:時速12km
●体重制限:最低20㎏/最高120kg
●バッテリー:リチウムイオン電池

モーター音は静かで気になりません。充電も一度の充電で数時間走れます。他と比べたわけではありませんが、加速、操作性もいいと思います。重さは重いので、お子さんだと持ち運びづらいと思います。


気をつけたい!バランススクーター選びの3ポイント

たくさんのメーカーからリリースされているバランススクーター。デザインはもちろんですが、購入するときにぜひ気を付けてほしい点や付いていると便利な機能をご紹介します。

ポイント①:「過充電防止機能」が付いているかチェック!

06_moeru1 「過充電」とはなんでしょうか?スマホなどにも使われる充電池は、100%まで充電したあとも電源につなぎ続けていると、充電と放電を繰り返して充電池を劣化させてしまい(過充電)、最悪の場合は発熱・発火の可能性もあります。この危険な過充電を防止する機能が搭載されているかをしっかり確認しましょう。

ポイント②:PSE認証マークがあると安心

07_pse1 日本では、電気製品の安全について規定する「電気用品安全法」に基づき、電気製造業者、輸入業者はPSEマークを表示することが義務付けられています。国内の審査をしっかりクリアして販売しているかどうかも、安全な製品かどうかの判断基準になります。購入の際には保証の確認とともに必ずチェックするようにしましょう。

ポイント③:保証は付いているのか

保証書
出典:PIXTA
バランススクーターは慣れればすぐに乗りこなせますが、慣れない間にどこかへぶつけたりして故障してしまった…そんなときに保証がついていると安心ですよね。メーカーによって保障内容はさまざまではありますが、バランススクーターを購入することは決して安い買い物ではありませんので、保証つきの製品を選ぶことをおススメします。

安全に楽しく、バランススクーターを乗りこなそう!

バランススクーターを楽しむ外国人の男性
出典:PIXTA
前後左右の体重移動、そしてバランスだけで操作ができるバランススクーターはまさしく「思いのままに操作できる乗り物」。慣れれば自分の身体の一部と同然、乗りこなすことができます。現在、日本国内では公道の走行は禁じられていますが、もしも道行く人々がバランススクーターに乗っている景色を想像したら…昔思い描いていた未来のような光景ですよね。

法律に関する正しい知識と、バランススクーターを乗りこなす技術を身につけて近未来的な乗り心地を体感してみては?

 

Take the balance scooter and experience the futuristic ride!

バランススクーターに乗って近未来的な乗り心地を体感しよう!

    紹介されたアイテム

    キントーン クラッシックモデル
    サイトを見る
    キントーン オフロードモデル
    サイトを見る
    チックスマート C1
    サイトを見る
    チックスマートD1
    サイトを見る
    エアバイク ホバーボード
    サイトを見る
    スマートバランスホイール バランススクー…
    サイトを見る

    関連する記事

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    仁科綾

    幼い頃から両親に連れられ夏はキャンプ、冬はスキーとアウトドアに親しみ、
    大人になった今でもアウトドア大好きな20代女子。現在は南の島にて活動中、
    「離島らしいアウトドア」を試行錯誤の日々を送っています。

    公式プロライター

    • YURIE
    • 平 健一
    • 写風人
    • Takamatsu Misato
    • SAM & 沖田雅生
    • 小雀  陣二
    • A-suke
    • 長谷部 雅一
    • 八幡 暁
    • 風森 美絵
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!