CAMP HACK[キャンプハック]


リップスティック ブライト

種類が多すぎてわからない!ブレイブボードについてまるっと解説

0

ブレイブボードとは、子供も大人も夢中になれるキャスターボ―ド。購入しようとネットで検索してみると、リップスティックやデラックスなど、色んな商品名が表示されて混乱していませんか?今回はそんなブレイブボートについて、わかりやすく解説します

Lilli Y. Sugaya


アイキャッチ画像出典:Amazon

ブレイブボードとは?

ブレイブボードに乗る子供 「ブレイブボード」とは、地面をキックしなくても前に進む次世代ボード。全米で大ヒットし、2008年に日本に上陸しました。基本は横乗り姿勢で、重心を前後にかけることでボードが進んだり、方向転換できたりします。

ブレイブボード 車輪 注目すべきポイントは、その構造。1枚に4つの車輪がついているスケートボードと違い、ブレイブボードは前後2枚のボードがパイプで繋がれ、それぞれに車輪が1つずつ付いています。この特殊な構造が、サーフィンやスノーボードのような動きを路面で楽しめる、まさに新感覚のスポーツなんです。

エスボード、ジェイボード、リップスティック ってなに??

パソコンを触る人
出典:pixabay
ブレイブボードの購入を考えて検索していると、

●エスボード(ESS‐BOARD)
●ジェイボード( J-BOARD)
●Ripstik (リップスティック )

という名前を見かけませんか?どちらのボードも外見は同じなのですが、価格、スペックが大きく異なります。まずはそれらの違いを見ていきましょう!

「エスボード」を改良したのが「リップスティック 」

エスボードは、韓国で考案されたキャスターボード第一号です。要はブレイブボードの元祖的な存在です。キャスターボードとは、連携した二枚の板にそれぞれ自在車輪(キャスター)を一つずつ備えている、スケートボードの一種をいいます。

このエスボードを改良し、アメリカのRazor USA社が「リップスティック」と発売。するとリップスティックはたちまち大流行し、キャスターボード自体が注目されはじめたのです。

リップスティックの日本名が「ブレイブボード」

日本では、リップスティックの正規代理店が2店舗あります。そのうちの1つであるビタミンiファクトリー社が、「リップスティック」を「ブレイブボード」という日本名で販売しています。

つまり、リップスティックとブレイブボードは、全く同じ商品のことなんです!

リーズナブルな価格が魅力!「ジェイボード」

一方、ジェイボードはリップスティックを販売しているRazor USA社の親会社的な存在J.D. Corporation社が販売しているキャスターボードです。

リップスティックよりも安価な価格が魅力で、とりあえずジェイボードから始めてハマったらブレイブボードに移る、というユーザーもいるようです。

関連記事