最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
6種類のアウトドア用リクライニングチェア

【アウトドアで大人気】リクライニングチェアおすすめ16選

リクライニングチェアとは、背もたれの角度を変えられるチェアのこと。そして数あるアウトドア用チェアの中でも、とくに快適性に優れているのがこのタイプです!

今回は人気のコールマンをはじめ、ロゴス、DOD、ヘリノックス、ニーモなど、有名メーカーのおすすめアイテムをご紹介。

さらに前半では、リクライニングチェアの選び方を徹底解説。すぐにおすすめのアイテムを見たい場合は、前半の解説を飛ばしてもOKです!

目次

チェアへのこだわりが、アウトドアの快適性を左右する!

DOD・スゴイッスに女性が座っている

出典:DOD

キャンプでもバーベキューでも、チェアに座っている時間が一番長くなるものだからこそ、アウトドアで使うチェアは、こだわって選びたいところです。

安いからといって、安易に飛びつくのは失敗のもと! 買ってから後悔しないためにも、選び方をしっかり押さえた上で購入することが大切です。

そして、できることなら信頼できるメーカーの製品を選びましょう。品質が良く補償もしっかりしているので、安心して使えますよ!

リクライニングチェア選びで重要な5つのポイント

オガワ・リクライニングチェアとアウトドア用のテーブルが並んでいる

出典:オガワ

リクライニングチェアを選ぶときに大切なのは、実際に使いたいシーンや目的、そして自分が重要視したい要素をできるだけ明確にしておくこと。その上で、以下に挙げるポイントを押さえましょう。

①ハイバックかつフットレスト付きのチェアが超快適!

林のなかに設置されたコールマン・インフィニティチェア

快適性を重視するなら、背もたれの高さにこだわってみましょう。リクライニングチェアの背もたれの高さは、大きく分けるとローバックミドルバックハイバックの3種類があります。

タイプローバックミドルバックハイバック
外観コールマンのツーウェイキャプテンチェアキャプテンスタッグのCSブラックラベル ロースタイルコンフォートチェアキャプテンスタッグのCS アルミリラックスチェア
高さ目安腰から背中の中間まで背中の中間から肩まで肩から頭まで
快適性
携行性

快適性を重視するなら、ハイバックのチェアがおすすめ。頭までサポートしてくれるリクライニングチェアは、背もたれを倒してそのまま昼寝ができるくらい超快適です。

さらに、フットレストが付いているものがベスト! フットレストは足を乗せるための装備で、全身を仰向けにした状態でくつろげます。

②折りたたみ方法は3タイプ!携行性重視なら「収束式」か「組み立て式」

収納袋に入れたDOD・スゴイッスを手に持っている

出典:DOD

リクライニングチェアの構造は「折りたたみ式」と「収束式」の2種類が主流で、一部に「組み立て式」の製品もあります。

タイプ折りたたみ式収束式組み立て式
使用時の状態ケシュア「キャンプ 折りたたみ式 リクライニング アームチェア」の使用時の状態コールマン・レイチェアの使用時の状態キャプテンスタッグ・トレッカー ザ ライトチェアの使用時の状態
収納時の状態ケシュア「キャンプ 折りたたみ式 リクライニング アームチェア」を折りたたんだ状態コールマン・レイチェアを収束させた状態キャプテンスタッグ・トレッカー ザ ライトチェアを分解した状態
特徴薄く折りたためる細長く収納できるもっともコンパクト
収納袋ないことが多い付属していることが多いほぼすべてに付属
携行性
設置の簡単さ

それぞれにメリットはありますが、携行性においては収束式と組み立て式が有利。多くの製品に収納袋が付属していることもあり、持ち運ぶのが簡単です。

一方で、設置がもっとも簡単なのが折りたたみ式。携行性の高さよりも、すぐに使えることを優先させたい場合は、折りたたみ式がおすすめです。

③アルミ製のフレームは軽くて錆びにくい

ヘリノックス・フェスティバルチェアの後ろ姿

出典:モンベル

リクライニングチェアのフレームに使用されている素材は、基本的にスチール(鉄)とアルミニウムのどちらか。安くて頑丈なのがスチールで、軽くて錆びにくいのがアルミニウムです。

アルミニウム製のリクライニングチェアは、持ち運びもメンテナンスも簡単。素材自体の価格が高いのがネックですが、それぞれの特徴を総合的に見ると、アルミニウムの方が優秀な素材といえます。

④メッシュ素材のシートだと蒸れずに快適

ニーモ・ムーンライト リクライニングチェアのメッシュ部分

シートの素材にも注目しましょう。ポリエステルやコットンの布を採用している製品もあれば、メッシュが使われている製品もあります。

布のメリット・デメリット
【メリット】
●耐久性に優れている
●デザインの自由度が高い
●商品の選択肢が多い

 

【デメリット】
●収納時のコンパクトさではメッシュに劣る

 

メッシュのメリット・デメリット
【メリット】
●通気性に優れている
●体のカーブにフィットする
●布より軽量かつ、小さくたためる

 

【デメリット】
●時期によっては寒さを感じる

以上のメリット・デメリットを総合的に見て判断しましょう。用途や時期に合わせて、使い分けるのもおすすめです。

⑤耐荷重に余裕があるものを選ぼう!

DOD・スゴイッスに男性が座って食事をしている

出典:DOD

忘れてはならないのが、耐荷重です。ほとんどの製品に「耐荷重○○kg」といった表記があります。体が大きな方は、特に注意すべきポイントです。

耐荷重の数値がギリギリセーフでも要注意!ドスンと座ったときに体重以上の負荷がかかるため、破損する可能性があります。

自分の体重に対して、耐荷重に余裕があるリクライニングチェアを選びましょう。

これでリクライニングチェアの選び方は完璧!

ここまでピックアップしたポイントを押さえれば、リクライニングチェア選びはもう大丈夫!以下では、数あるリクライニングチェアの中から選び抜いたおすすめのアイテムをご紹介します。

●定番人気コールマン

●座り心地抜群
●軽量コンパクト
●おしゃれ
●5,000円以下
の順で紹介しています。見たい場所へは目次をクリックして飛べるので、ぜひ活用してくださいね。

【定番人気】コールマンのリクライニングチェア

丘の上にコールマン・インフィニティチェアが置かれている

リクライニングチェアといえば、最初に検討する方が多いのがコールマンの商品。雲の上の寝心地といわれるインフィニティチェアや、使い勝手の良いレイチェアなど人気アイテムをご紹介!

コールマン インフィニティチェア「快適性を追求したい方に」

「もっとも快適なリクライニングチェアが欲しい」というならば、コールマンのインフィニティチェアで決まり!コールマン自身が「雲の上に寝転んでいるような」と表現しているとおり、まさに至高の座り心地。昼寝をするのにも最高のリクライニングチェアです。

コールマン インフィニティチェア

●使用時サイズ:【通常時】約92×69×110cm、【リクライニング最大時】約166×69×76cm
●収納時サイズ:約15×69×90cm
●重量:約8.8kg
●耐荷重:約100kg
●素材:ポリエステル、スチール

おすすめポイント!
●ハイバックの背もたれとフットレストがもたらす、究極の快適性
●座ったままで、背もたれを無段階に調節可能
●脚が大きく開き、安定性に優れている

 

▼詳細はこちらのレビュー記事をチェック!

コールマン レイチェア「快適性と使い勝手のバランサー」

インフィニティチェアが快適性を極めているのに対し、レイチェアは快適性と使い勝手のバランスに優れているモデル。体が沈み込みすぎないため食事でも使いやすく、収束式の構造を採用していることから持ち運びも容易です。

コールマン レイチェア

●使用時サイズ:約61x70x98cm
●収納時サイズ:約25x15x89cm
●重量:約3.7kg
●耐荷重::約80kg
●素材:ポリエステル、アルミニウム、スチール ほか

おすすめポイント!
●軽量なアルミフレームの採用により、持ち運びラクラク
●リクライニングは3段階で、アームレストも一緒に動く
●折りたたんだ状態でも自立するから設置・撤収が簡単

コールマン・イージーリフトチェアST「コスパと機能性に優れたタイプ」

数あるコールマンのチェアの中でも、根強い人気を誇るモデル。座ったまま、背もたれに体重をかけるだけでリクライニングする仕組みです。

左右両方のアームレストにボトルホルダーを備え、キャンプもバーベキューも快適。コストパフォーマンスの高さも人気の理由です。

コールマン イージーリフトチェアST

●使用時サイズ:【通常時】約90×71×100cm、【リクライニング時】約90×127×89cm
●収納時サイズ:約24×20×101cm
●重量:約6.7kg
●耐荷重:約80kg
●素材:ポリエステル、スチール

おすすめポイント!
●リクライニング+フットレストで足を伸ばせる
●背もたれに体重をかけるだけでリクライニングできる
●背面メッシュポケットやボトルホルダーなどうれしい機能付き

 

▼コールマンが好きならこちらの記事もチェック!

【快適性重視】座り心地抜群のリクライニングチェア

オンウェー リクライニングローチェア

出典:楽天市場
とにかくリラックスできる快適なチェアが欲しい!そんな方におすすめの、座り心地抜群のリクライニングチェアをピックアップしました。コールマンのアイテムは上記で紹介しています!

ニーモ スターゲイズ キャンプチェア

「ニーモのチェアといえば、これでしょ!」というくらい、オリジナリティーあふれる人気商品。

背もたれが自動的に最適な位置まで倒れる「オートリクライニング機能」を備え、アウトドアに革命的な快適性をもたらします。ハンモックのように揺れる心地よさも人気の理由です。

ニーモ スターゲイズ リクライナー ラグジュアリー

●使用時サイズ:92×68×112㎝
●収納時サイズ:60×17×17㎝
●重量:約3.3kg
●耐荷重:136kg
●素材:ナイロン、アルミニウム

おすすめポイント!
●ゆらゆらハンモックのような浮遊感が心地よい
●体重をかけるだけで自動的にリクライニングされる
●コンパクトに収納して持ち運べる
▼こちらの記事もチェック!

キャプテンスタッグ CS アルミリラックスチェア

アルミニウム製のフレームを採用した、折りたたみ式のリクライニングチェア。クッション入りのヘッドレスト・フットレストを装備し、ハイレベルな快適性を実現しています。

落ち着いた色合いも魅力的で、アウトドアシーンではもちろん、庭先でも使いやすいアイテムです。

キャプテンスタッグ CS アルミリラックスチェア

●使用時サイズ:約61×65〜125(奥行き)×107〜81(高さ)cm
●収納時サイズ:約61×101.5×15cm
●重量:約4.5kg
●耐荷重:約80kg
●素材:ポリエステル、アルミニウム、ウレタンフォーム、ポリプロピレン

おすすめポイント!
●軽量アルミフレームで持ち運びがラク
●安定感のある座り心地
●背もたれを5段階までリクライニングできる

オンウェー リクライニングローチェア

ホワイトとブラックの、コントラストが美しいリクライニングチェア。人間工学に基づいた設計により、ワンランク上の座り心地を実現しています。

枕を装備した、ハイバックの背もたれもポイント。座面の高さは31cmほどで、ロースタイルのキャンプにおすすめです。

オンウェー リクライニングローチェア

●使用時サイズ:【小リクライニング時】66×67×87.5cm、【大リクライニング時】66×82×74cm
●収納時サイズ:66×85×10cm
●重量:約3.3kg
●耐荷重:80kg
●素材:ポリエステル、アルミ合金

おすすめポイント!
●人間工学に基づいた設計で、長時間座っていても疲れにくい
●背もたれを3段階で調節できる
●枕付きでお昼寝にもぴったり

ケシュア キャンプ 折りたたみ式 リクライニング アームチェア

フランス生まれのブランドらしい、スタイリッシュな外観を持つリクライニングチェア。シリーズ最上位モデルで、展開・折りたたみが簡単な上、座ったままリクライニングできる使いやすいアイテムです。

折りたたんだ状態での厚さは、わずか10cm。置き場所に困らない点も長所です。

ケシュア キャンプ 折りたたみ式 リクライニング アームチェア

●使用時サイズ:ー
●収納時サイズ:86×58×10cm
●重量:4.85kg
●耐荷重:110kg
●素材:ポリエステル、アルミニウム、スチール ほか

おすすめポイント!
●バックレストは好みのポジションにリクライニング可能
●背もたれには風通しの良い生地を使用
●設置、撤収が簡単

【軽量コンパクト】携行性に優れたリクライニングチェア

ヘリノックス・フェスティバルチェアとテーブルが並んでいる

リクライニングチェアは大きくて場所を取るのがネック……。という方は、軽量コンパクトなタイプを選んでみては?バックパックに入るほどコンパクトなものもありますよ。

ヘリノックス フェスティバルチェア

総重量1.37kgを誇るフェスティバルチェアは、まさに「どこにでも持っていけるリクライニングチェア」。ヘリノックス自慢のアルミ合金製のフレームは、超軽量・高強度であることが特徴です。レバーをスライドする独特なギミックにより、背もたれと座面を無段階に調節できます。

ヘリノックス フェスティバルチェア

●使用時サイズ:55×54×46cm
●収納時サイズ:51×15×14cm
●重量:1.37kg
●耐荷重:100kg
●素材:ポリエステル、アルミ合金

おすすめポイント!
●深く座ることも、座椅子感覚で座ることもできる優れもの
●超コンパクトなのに耐荷重100kgと安心のタフさ
●肩がけできる収納袋が付属
▼ヘリノックスが気になる方はこちらの記事もチェック!

ニーモ ムーンライト リクライニングチェア

高強度・高耐久性のメッシュ素材をシートに採用した、ニーモの新作。ベルトの長さを調整することで、無段階に背もたれの角度を変えられます。

通気性の良さ、重量830gの軽さ、バックパックに入るほどのコンパクトさが強み。耐荷重も余裕の136kg!

ニーモ ムーンライト リクライニングチェア

●使用時サイズ:49×53×64㎝
●収納時サイズ:10×10×35㎝
●重量:830g
●耐荷重:136㎏
●素材:ポリエステル、アルミニウム

おすすめポイント!
●重さが830gと超軽量
●収納サイズがコンパクトでバックパックに入る
●背もたれの角度が無段階で調節できる
▼コンパクトなチェアはこちらの記事もチェック!

【おしゃれ】デザイン性に優れたリクライニングチェア

DOD・スゴイッスのリクライニング機能を使っている女性

出典:DOD
機能はもちろん、色やデザインも妥協したくない!というこだわり派のあなたにおすすめしたい、おしゃれなリクライニングチェアをご紹介。天然木のアームレストやナチュラルな色合いのものなど、お好みで選んでみてください。

DOD スゴイッス

ユニークな商品展開が特徴で、多くのファンを抱えているDODのリクライニングチェア。天然素材のコットンを採用したシートは風合いが美しく、背もたれに描かれたウサギのロゴが印象的です。角度だけでなく座面の高さも調整可能と、機能面でも抜かりなし!

DOD スゴイッス

●使用時サイズ:60×66×69/86/90/94cm
●収納時サイズ:39×46×11cm
●重量:約2.3kg
●耐荷重:100kg
●素材:コットン、アルミ合金、ナイロン

おすすめポイント!
●角度・高さを10パターンの中から選べる
●火の粉に強いコットン製だから焚き火の近くで使える
●小物の収納に便利なサイドポケット・バックポケットを装備

 

▼詳細はこちらのレビュー記事をチェック!

オガワ リクライニングチェア

背もたれに「ogawa」のロゴが映える、おしゃれな一品。座面高25cmのロースタイルのチェアで、あぐらをかくようにして座れます。背もたれのリクライニングは3段階。

アームレストに天然木のパーツを用いており、落ち着いたデザインの中に上質感をうかがわせる一脚です。

オガワ リクライニングチェア

●使用時サイズ:50×35×57cm
●収納時サイズ:61×69×9cm
●重量:約4.1kg
●耐荷重:80kg
●素材:コットン、スチール、木

おすすめポイント!
●背もたれを3段階で調節できる
●専用収納バッグ付き
●コットン生地で火の粉に強い

キャプテンスタッグ CSブラックラベル ロースタイルコンフォートチェア

実はリクライニングチェアを数多く取りそろえているキャプテンスタッグ。こちらのアイテムは、クールなデザインが特徴の「CSブラックラベル」シリーズに追加された新製品です。

リクライニングは3段階で、フレームはコンパクトに収納できる収束式。背面ポケットも便利です。

キャプテンスタッグ CSブラックラベル ロースタイルコンフォートチェア(リクライニング付)

●使用時サイズ:63×72/83/93.5(奥行き)×76/70/57.5(高さ)cm
●収納時サイズ:25×22×67cm
●重量:5kg
●耐荷重:ー

おすすめポイント!
●3段階にリクライニングできる
●便利な背面ポケット付き
●収束式でコンパクトに収納可能

ロゴス グランベーシック ハイバック囲炉裏チェア

自然の風景に溶け込むような、ナチュラルな色使いが特徴のモデル。ロースタイルのキャンプに最適なサイズで、3段階のリクライニングが可能です。

天然木のアームレストが心地よい手触りを感じさせつつ、高級感を演出。肩がけできるベルト付きで、運搬もラクに行えます。

ロゴス グランベーシック ハイバック囲炉裏チェア

●使用時サイズ:63×61/72/82×74.5/69/60cm
●収納時サイズ:63×68×9.5cm
●重量:4.0kg
●耐荷重:150kg
●素材:ポリエステル、スチール、アルミニウム、天然木

おすすめポイント!
●背もたれを3段階で調節できる
●焚き火に最適なロータイプ
●持ち運びに便利なベルト付き

▼詳細はこちらのレビュー記事をチェック!

【安いけど機能は十分】5,000円以下のリクライニングチェア

ビジョンピークス リクライニングアームチェア
出典:楽天市場
5,000円以下で買えるお手頃アイテムをピックアップ!どれも安心のアウトドアブランドのチェアなので、安くてもしっかり機能が備わっています。

キャプテンスタッグ・CS リクライニングラウンジチェア

「できるだけ予算を抑えたい!」「家族全員分そろえないといけない!」という方におすすめなのが、このアイテムです。定価5,500円ですが実勢価格は3,000円前後。リクライニングは3段階。アウトドアで使うのに、必要十分な機能を備えています。

キャプテンスタッグ CS リクライニングラウンジチェア

●使用時サイズ:79×68.5/76/84(奥行き)×91.5/91/89(高さ)cm
●収納時サイズ:16×16×94cm
●重量:3.5kg
●耐荷重:80kg
●素材:ポリエステル、鋼、ウレタンフォーム

おすすめポイント!
●コストパフォーマンス抜群で複数購入にもおすすめ
●バーベキューでも便利なカップホルダーを装備
●ベルトでアームレストの位置を調整できる

ビジョンピークス リクライニング アームチェアDX

ハイバックの背もたれは、寄りかかるだけでリクライニング可能。そしてフットレストが展開すると、足を前方に投げ出すスタイルでくつろげます。5,000円を切る価格設定も魅力的です。

ビジョンピークスは、スポーツ用品メーカーとして有名な「ヒマラヤ」が展開するアウトドアブランド。

ビジョンピークス リクライニングアームチェアDX

●使用時サイズ:【通常時】約85×70×104cm、【リクライニング時】約85×94×136cm
●収納時サイズ: 約105×20×16cm
●重量:6.5kg
●耐荷重:80kg
●素材:ポリエステル、スチール

おすすめポイント!
●後ろに体重をかけるだけで簡単リクライニング
●肘掛けや背面に便利な収納ポケット付き
●収束式で収納が簡単

ハイランダー リクライニングローチェア

軽量なアルミニウム製のフレーム、天然のブナ材を使用したアームレスト、クッション入りのヘッドレストを備えた高コスパモデル

リクライニングは4段階で、4段階目は仰向けに寝た状態になります。座面の高さが20cmと低く、テント内での使用にもおすすめです。

ハイランダー リクライニングローチェア

●使用時サイズ:59.5×71×61cm
●収納時サイズ:62×7×70cm
●重量:約3.1kg
●耐荷重:約120kg
●素材:ポリエステル、アルミニウム、ブナ材
おすすめポイント!
●背もたれを4段階で調節できる
●ほぼ水平まで倒せるので星空観察にもおすすめ
●枕部分は着脱可能

 

クオルツ フットアップリクライニングチェアメッシュ

大手アウトドアショップ「WILD-1」のオリジナルブランドである、クオルツの新製品!フルメッシュのシートがもたらす抜群の通気性、ブラック一色のスタイリングが特徴のアイテムです。

背もたれに体重をかけると、フットレストが自動的に持ち上がります。

クオルツ フットアップリクライニングチェアメッシュ

●使用時サイズ:81×66cm×104cm
●収納時サイズ:103×25×16cm
●重量:約7kg
●耐荷重:約80kg
●素材:ポリエステル、鋼

おすすめポイント!
●フルメッシュで夏も快適
●体を背もたれに預けるとフットレストが自動で上がる
●足を伸ばせるのでリラックス度が高い

キャンプもフェスもバーベキューも、リクライニングチェアで決まり!

湖畔にコールマン・レイチェアが3脚並んでいる

キャンプはもちろん、フェスやバーベキューなど、さまざまなアウトドアシーンで役立つリクライニングチェア。快適性を追求する人にとって、リクライニングチェアこそが最適な選択です。

そして、ひと口にリクライニングチェアといってもスタイルは実に多種多様。どこまで快適性を追求したいのか、携行性も大切にしたいのか、それともデザインを最優先したいのか。

自分にとっての理想をもとに、目的に合ったチェアを選びましょう!

こちらの記事もおすすめ