A-suke流「アウトドア ダンディズム」#08:ナイフのシース(鞘)前編

東京の水道橋にあるアウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」を営む傍ら、「男前キャンプ」と題したイベント活動も行っているA-sukeさんの連載がスタート。第8回は見落としがちだけど奥が深い、シース(鞘)についてです。


シースは、種類も豊富だし奥が深いんだ

さて、長くナイフのことを書いてきたけど今回はナイフを納めるシース(鞘)の話。たかがシースといっても簡易な作りのモノからシース単体で工芸品といえるレベルまでさまざま。

ナイフ本体の自作となるとかなりの技術が必要だけど、シースの自作ならやってみれば意外にそこまで道具も技術もなくても作成することができる。自分の手でお気に入りのシースを作るなんていうのもいいと思う。後編ではシースの作り方を紹介するけど、まずはシースの種類から見ていこう。

革シース

%e5%86%99%e7%9c%9f001%ef%bc%bf%e3%83%ac%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b9 一番メジャーな素材が革。簡素な造りから重厚なモノまで実にいろいろ。使いこむと味わいが出てくるのは天然素材のいいところ。ただし、メンテナンスが必要。

ナイロンシース

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
タクティカルナイフなどに採用されるシースで、プラスティックやカイデックスと組み合わされることも多い。

プラスティックシース

%e5%86%99%e7%9c%9f003%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b9 大量生産品などに良く採用されるのがプラスティック。安全性も高く軽量。水や汚れなどにも強く、丸洗いできる。

カイデックスシース

%e5%86%99%e7%9c%9f004%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b9 カイデックスとは熱可塑性のある合成樹脂で、ここではプラスティックとは分けさせていただく。加工が容易で、耐水性、耐摩耗性などさまざまな点で優れた素材。

ウッドシース

%e5%86%99%e7%9c%9f005%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b9 鉈などには木でできたシースが使われることがある。利点が多いとは言えないもののノスタルジーある素材で刃にも優しい。

シースのチューニング&メンテナンス方法

種類がザックリとわかったところで一番メジャーな革シースのチューニング&メンテナンスの方法を教えよう。まずはチューニングだけど、市販の革シースは型に合わせて作っただけなので一つ一つ個体に合わせて作っているわけじゃない。これをナイフの形にピタッと合うように成形してあげることでもっと使いやすいシースになるんだ。

ただ、すべての革シースがこの作業を必要としているわけじゃない。具体的に言うと一枚の革を丸めて刃の側だけが縫われているタイプのシースで、分厚い革(2.5mm以上)で作られていたらこの作業をやると使い勝手が激変することだろう。では手順だ。

シースのチューニング・シースに水を吸わせる

%e5%86%99%e7%9c%9f006%ef%bc%bf%e6%b0%b4%e6%b5%b8%e3%81%99 桶に水を張ってシースをドボンと漬けてしまおう。10分もすれば革が水を吸ってふにゃふにゃになるはずだ。

ナイフに合わせて成形

%e5%86%99%e7%9c%9f007%ef%bc%bf%e5%9e%8b%e3%81%a4%e3%81%91 ナイフにラップを巻くなどしてシースに納めてハンドルの形状に合わせてカタチを成形していく。先の丸い硬い棒でこするのが理想的だけど人差し指の第二関節でグリグリするものいいだろう。

乾燥

%e5%86%99%e7%9c%9f008%ef%bc%bf%e4%b9%be%e7%87%a5 成形した形が崩れないようにナイフを抜いて風通しのいい場所で乾燥させよう。乾燥すると若干だけど縮むのでそこでナイフにピタッと合うシースが出来上がる。

保湿

%e5%86%99%e7%9c%9f009%ef%bc%bf%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e6%89%8b%e5%85%a5%e3%82%8c 濡れて乾燥を繰り返すと革の脂分が減っていくオイルを塗布して保湿しよう。

この内容は以下のメンテナンスと同じことだ。メンテナンスは革のシースであればどんなシースでも最低限必要だ。ただ、注意してほしいのはやりすぎないこと。危険なブレードを包んで安全に持ち運ぶことがシースの役割だからシースは固くなきゃならない。革のメンテナンスはやりすぎると必要以上に柔軟にしてしまう可能性があるということを覚えておこう。順序は次の通り。

シースのメンテナンス・まず汚れを落とす

%e5%86%99%e7%9c%9f010%ef%bc%bf%e3%83%ac%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%97 日常のメンテナンスでは必要ない。染みができたり、カビが生えてしまって軽く布でこすったりしたくらいではきれいにならないときにだけ行おう。サドルソープという皮専用の石鹸を使って汚れを落とす。使い方はウェス(汚れてもいい布きれ)を軽く濡らしてサドルソープをつけてゴシゴシこするだけ。あっという間にきれいになる。

オイルを塗る

%e5%86%99%e7%9c%9f011%ef%bc%bf%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab
革は放っておくと乾燥が進みヒビ割れてダメになってしまう。それを防ぐために保湿してあげるのが革用のオイル。ミンクオイルなど革用のオイルを指やウェスでこすりつけて革にしみこませる。乾いたウェスや指でこすって摩擦で温度を少し上げると染み込みやすい。軽くべたつくのでそれを拭きあげる意味でもウェスでこすって仕上げるのがおススメ。

オイルは塗りすぎると柔らかくなってしまうので染み込みのいい液体やスプレータイプなどは止めておこう。シースのメンテナンスは年に1回程度で問題ない。思い出したときにメンテしてあげよう。忘れて放っておくとヒビだらけということにもなりかねないぞ。

さあ、後編ではシースの作り方を紹介しよう。

A-sukeのこれまでの記事はこちらから

関連する記事

%e5%86%99%e7%9c%9f000%ef%bc%bf%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8001
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
A-suke

アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表、「男前キャンプ」主宰。東京・水道橋にアウトドア好きが集まるカフェ「BASE CAMP」では、イベントやワークショップなども行う「楽しい」お店を目指している。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!