最強クーラーボックス「YETI(イエティ)」の魅力を徹底解剖!

2021/07/15 更新

YETIのクーラーボックスと言えば、タフな保冷力と無骨なデザインが魅力。キャンパー憧れの永久定番ギアの1つですよね。とはいえハイクオリティなだけにお値段も相応で、サイズやバリエーションも豊富。どれを買ったらいいのか迷います。今回は、そんなYETIのクーラーボックスを徹底解剖しましたよ!

アイキャッチ画像出典:Instagram by@outdoor_yougotit

やっぱり憧れる!クーラーボックスの永久定番「YETI(イエティ)」

出典:Instagram by@taro__camp
タフな保冷力とサイト映えする無骨なデザインが魅力の「YETI(イエティ)」のクーラーボックス。やっぱりキャンパー憧れの永久定番アイテムですよね。

けれど、サイズや形状などバリエーション豊富なうえ、ハイクオリティなだけになかなかのお値段。どれが自分にマッチするのか迷うところ。そこで今回は、そんなYETIのクーラーボックスについて徹底解剖していきます!

今さらだけど、YETIのクーラーボックスはどうスゴイのか?

出典:Instagram by@hiroace_camp
大人気ゆえ、その存在を知らないキャンパーは少ないであろうYETIのクーラーボックス。でもその実際にどうスゴいのか、詳しく知らないという人も多いのでは? そこでまずは今さら人に聞きづらい、YETIのスゴさについてご紹介します!

1. 激流&熊にも耐える!継ぎ目ナシの最強ボディ

出典:楽天
YETIのクーラーボックスは、「ローテーショナルモールド(回転成形)」という溶接や継ぎ目のない一体成形を採用。継ぎ目や接着剤の剥離が破損の原因となる一般的なクーラーボックスに比べ、激流にも耐える優れた耐衝撃性を誇ります。

ラバーラッチ部分も特許出願中のモールド形成で破損しにくく、パーツ交換も可能。長期使用での耐久性にも優れているんです。

出典:Instagram by@yeti_au
さらにIGBC(アメリカ省庁間グリズリーベア委員会)が「ベアレジスタンス容器」として認証。蓋とボディの角にある「パットロックポート」に南京錠をつければ、グリズリーベアでも開けることができない頑丈さが証明されています。

2. 他の追随を許さない高い保冷力

出典:Amazon
そしてやはり、最大7日間、中に入れた氷を溶かさず保つレベルの圧倒的保冷力。ややハイグレードなクーラーボックスでも3cm程度の断熱材が、YETIのクーラーボックスでは約5cm厚で注入されているからなんです。

蓋部分もしっかり断熱材が充填され、密閉性の高い構造とフリーザーグレードのパッキンが気密性を高めています。

3. 使い勝手を追求したディティールへのこだわり

出典:Instagram by@yeti_au
さらに、YETIは使い勝手も細部にまでこだわりが。本体両サイドに凹みを入れた構造のハンドル部分は、指がフィットする絶妙な設計に。後付け式のハンドルに比べ邪魔にならず、破損もしにくいのが特徴です。

中味がいっぱいで重くなった時は、デフォルトのループハンドルのほかオプションのダブルホールハンドルを追加すれば、2人で簡単に運べます。

出典:楽天
また下部2箇所の穴によって、ネジを少し緩めるだけで簡単に水抜きができてしまいます。手が濡れていても滑りにくい、凹凸のついたネジもストレスを軽減。

4. 無骨なデザインと豊富なカラバリ&サイズ展開

出典:Instagram by@motomoto1616
そして何といってもシンプルで無骨なルックスがカッコイイ! サイトに1つあるだけで、全体の雰囲気までランクアップ。ポップカラーからミリタリーカラーまで、カラバリも驚くほど豊富です。

サイズに関しては少しわかりづらいのですが、アメリカ独自の容量単位「QT(クォート)」で表記。1QT=約0.95Lなので、ハードクーラーでは24QT(約22.8L)〜350QT(約332.5L)まで実に幅広く展開されています。

YETIのクーラーボックスは大きく3タイプ!

出典:Instagram by@tai4peaker
ハードクーラーからソフトクーラーまであらゆるタイプが展開されているYETIのクーラーボックス。大きく分けると3種類のシリーズに分類されます。

1. 「ROADIE(ローディー)」シリーズ

出典:Instagram by@shunpei_1123
まずは小ぶりな「ROADIE(ローディー)」。片手で持てるように設計された大きなハンドルが特徴のシリーズ。サイズは1サイズのみで、画像右側が旧モデルの「ROADIE 20QT」。

実は昨年、画像左側の「ROADIE 24QT」へと容量もデザインも大きくアップデートしています。

出典:Instagram by@iam.177
旧モデルとの違いは、まず縦長スリムなデザイン。2Lペットボトルやワインボトルが縦に収納できるようになり、使い勝手が格段にUP。

容量も約20%増加。保冷力維持のためにYETIが推奨する、内容物の2倍量の氷を入れた状態で350ml缶が18本入るサイズ感になっています。
ITEM
イエティ ローディ 20QT
●容量:20QT
●サイズ:L約46.9×W約34.6×H約36.5cm
●重量約6.8kg
ITEM
イエティ ローディー 24QT
●容量:24QT
●サイズ:42x36.8x44.4cm

2. 「TUNDRA(タンドラ)」シリーズ

出典:Instagram by@5mountains.by_yoshisanchi
そして主力シリーズである「TUNDRA(タンドラ)」。35〜350QTまで11種類のサイズが展開され、45QTに相当するサイズではアーム&ホイール搭載モデルも。
ITEM
イエティ タンドラ 35QT
●容量:35QT
●外寸:54.29cm×40.96cm×40.01cm
●内寸:37.1cm×26.7cm×28.6cm
●重量:9.07kg
●シェル素材:ポリエチレン
●フォーム素材:ポリウレタン
ITEM
イエティ タンドラ 45QT
●容量:45QT
●外寸:65.41cm×41.28cm×39.05cm
●内寸:47.9cm×27.0cm×29.2cm
●重量:10.43kg
●シェル素材:ポリエチレン
●フォーム素材:ポリウレタン
ITEM
イエティ タンドラ 65QT
●容量:65QT
●外寸:77.79cm×43.82cm×40.64cm
●内寸:61.9cm×30.5cm×30.5cm
●重量:13.15kg
●シェル素材:ポリエチレン
●フォーム素材:ポリウレタン

3. 「HOPPER(ホッパー)」シリーズ

出典:Instagram by@aandfcountry_akishima
ソフトクーラーのシリーズが「HOPPER(ホッパー)」。軽くて未使用時はたためるのに、ソフトクーラーとは思えないレベルの高い保冷力が魅力。独自の断熱材がしっかりとした厚みで充填され、並のハードクーラーなら敵わないレベルです。

サイズは8〜M30QTまで5サイズが展開。ホッパーシリーズのみ付属しているショルダーバックルも便利。
ITEM
イエティ ホッパーフリップ8
●外寸:H26.67cm×W29.21cm×D20.32cm
●重量:1270g
●シェル素材:840Dダブル
●サイド素材:TPU
●ボトム素材:EVA
ITEM
イエティ ホッパーフリップ 12
●外寸:H29.21cm×W32.07cm×D25.4cm
●重量:1540g
●シェル素材:840Dダブル
●サイド素材:TPU
●ボトム素材:EVA
ITEM
イエティ ホッパーフリップ 18
●外寸:H32.07cm×W40.01cm×D26.04cm
●重量:2300g
●シェル素材:840Dダブル
●サイド素材:TPU
●ボトム素材:EVA
ITEM
イエティ ホッパー M30
●外寸:H44.45cm×W63.5cm×D30.48cm
●重量:3175g
●シェル素材:840Dダブル
●サイド素材:TPU
●ボトム素材:EVA

ついつい集めたくなる!他にもこんなYETIアイテムが人気!

出典:Instagram by@mlacky_outdoor
YETIには、便利かつ男前な保冷アイテムがクーラーボックス以外にもたくさんラインナップ。クーラーボックスと一緒に揃えたくなくなる人気アイテムも要チェックです!

カスタム沼にハマる?!「ROADOUT BUCKET(ロードアウトバケツ)」

出典:Instagram by@nanjyak713
「バケツ」と呼ぶのが躊躇されるほど男前な「ROADOUT BUCKET(ロードアウトバケット)」。ポケットがたくさんついたユーティリティベルトのほか、完全防水で人が座れる強度のハニカム構造のリッドなどオプションも豊富。

出典:Instagram by@kenpapa0211k
中を仕切れるキャディなどもあり、バケツを超えたマルチに使えるのが魅力です。こちらの画像では、JAGUY(ヤガイ)「ツールエプロンバッグ」を装着。カスタム沼にハマる人続出の人気アイテム
ITEM
イエティ ロードアウトバケツ
●容量:5ガロン(19L)
●サイズ(約):32x40x26cm

アイスペールにおすすめ!「RAMLER JUG(ランブラー ジャグ)」

出典:Instagram by@aandfcountry_sapporo
ステンレスボディがハンサムなステンレスジャグ。ダブルウォール構造で保冷・保温どちらでもOKで、ハーフガロン(1.8L)とワンガロン(3.6L)の2サイズが展開。

ドリンクはもちろん、口が広いのでロックアイスを入れてアイスペールとして使うのもオススメです。
ITEM
イエティ ランブラー ハーフガロン ジャグ
●容量:ハーフガロン(2.173L )
●サイズ/ 直径約14.9×高さ約34.3cm
●重さ:約1.59kg
ITEM
イエティ ランブラー ワンガロンジャグ
●容量:1ガロン(約3.8L)
●サイズ:W162mm H314mm
●重量:2070g
●素材:ステンレス

缶ビールがキンキンのまま「ランブラーコルスター 2.0」

出典:Instagram by@akemi__61
夏のキャンプで、最後までキンキンの缶ビールが飲みたい人にオススメのアイテム。冬は保温もOK。缶の適応サイズは12onzですが、350ml缶でも上部のガスケットを最後まで締めなければ使えます。
ITEM
イエティ ランブラー コルスター2.0
●容量:354ml
●サイズ(約):7.6x10.8cm

YETIのクーラーボックスなら、サイト映えも最強!

出典:Instagram by@hironori_camp
手前から、ソフトクーラー・ハードクーラー・バケツと三兄弟揃った圧巻の絵面。すべて限定色のチャコールグレーに揃えているのもさすがです。

出典:Instagram by@ta.26206.ai
ガラリと雰囲気が変わって、ウッドファニチャーが主役のナチュラルサイト。タンカラーのローディーが優しい雰囲気にピッタリですね。

出典:Instagram by@iwashita_k
幌付きのランクル70をバックに、ミリタリーテイスト満載の男前サイト。サイト奥中央は、ロードアウトシリーズのカーゴボックス。右側のタンドラや別のカーゴボックスともカラーを揃え、モノが多くても統一感のあるサイトに。

出典:Instagram by@omega102.outdoor.records
こちらもバケツ・ローディー24・ロードアウトカーゴボックスと、三兄弟をチャコールグレーでお揃に。ウッドテーブルやファーラグなどナチュラルな素材ともマッチして、個性が光るサイトです。

出典:Instagram by@takuya_raw
タンカラーのバケツ・ローディー・タンドラ3兄弟が、メタル&ウッドのギアと絶妙にマッチ。メリハリのある色調でサイトがスッキリとまとまってますね。

出典:Instagram by@camp.mania2020
こちらは、キャップを被ったチャコールグレーのローディー20が正面を向いたディスプレイ。ブラック×ウッドで統一されたサイトにマッチしながら、お気に入りギアとしてしっかりアピール。

出典:Instagram by@t.s_fj1119
最後は、ドーンと大きめタンドラがサイトの主役級の風格。グレー・メタル・ナチュラルウッドと、色調を抑えたインテリアが素敵です。

“頼れるナイスガイ”YETIのクーラーボックスで、クールなキャンプを!

出典:Instagram by@anoycamper2112
YETIのクーラーボックス徹底解剖、いかがでしたか? 無骨で男前なデザインのみならず、とことん誠実に耐久性や使い勝手を追求したからこそのクオリティ。

あらためてYETIの魅力を実感したなら、今夏はぜひYETIのクーラーボックスと一緒に、クールなキャンプを楽しんでみてはいかがですか?

紹介されたアイテム

イエティ ローディ 20QT
イエティ ローディー 24QT
イエティ タンドラ 35QT
イエティ タンドラ 45QT
イエティ タンドラ 65QT
イエティ ホッパーフリップ8
サイトを見る
イエティ ホッパーフリップ 12
イエティ ホッパーフリップ 18
イエティ ホッパー M30
イエティ ロードアウトバケツ
イエティ ランブラー ハーフガロン ジャ…
イエティ ランブラー ワンガロンジャグ
イエティ ランブラー コルスター2.0
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

四国の秘境出身フリーライター。旦那さん、大学3年長男、高2次男、中2長女、インコのキィちゃん&スイちゃんの5人+2羽で日々にぎやかに、時々キャンプを楽しんでいます。 Instagram:@tomo.koyamada