CAMP HACK[キャンプハック]


夏のキャンプはこれで快適!基本の暑さ対策とオススメのアイテムを紹介

0

夏のキャンプといえば水遊びなど楽しいことがたくさんある一方で、暑さへの対策が必須です。場所やギアの選定や活動内容のほか、夏キャンプにおける様々な暑さの悩みを解決するアイテムなどを一挙に紹介します。

望月悠介


アイキャッチ画像・本文中写真:筆者撮影

夏キャンプは暑さとの戦い!?

夏の日差し
夏のキャンプといえば水遊びやスイカ割りなど楽しいことがたくさんある一方で、暑さは切っても切れない悩みといえます。
  • ・日差しの強さ、気温の高さで汗が止まらない。
  • ・日焼けが酷くて倦怠感や衣類との擦れによる痛みに悩まされた。
  • ・日陰を作るつもりで設営したタープの下にいても、熱がこもっていた。
  • ・汗をかいたときの着替えやタオルで荷物が増えて困った。
  • ・夜のテント内に熱がこもりすぎて、蒸し暑さからなかなか寝付けなかった。
など、夏キャンプをしたことのある人ならこのような経験が一度はあるのではないでしょうか? そこで今回は暑さ対策に効果的なキャンプ場やギアの選定、飲食や活動内容のほか、夏キャンプにおけるさまざまな暑さの悩みを解決するアイテムなどを一挙に紹介します。

【場所選び】場所と設営の向きで涼しさアップ

標高の高いキャンプ場を選びましょう

標高高い場所気象庁の公式サイトによると、高度が上がるにつれて気温が下がる割合を『気温の減率』と言い、標高100mにつき0.5~1度下がると説明されています。これは海抜0mと標高1000mの場所では最大で約10度も気温が違うということ。キャンプ場はできるだけ標高の高い場所を選ぶようにしましょう。

設営の向きを風で判断!便利なアプリも活用しよう

風見鳥
テントやタープを設営するにあたって、風の向きを考えることも暑さ対策の重要なポイントとなります。風の向きに合わせて設営することで、サイト内にこもる熱を軽減することができます。
Windy画面
出典:Windy
そこで活躍するのが『Windy』というアプリです。世界最高精度とも言われるECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の気象データを参考としているこのアプリでは最大9日先までの風の動きを1時間単位で確認することができます。

Windy雨雲
出典:Windy
このアプリ、風向きだけでなく雲(雨雲)や気温の推移も見ることができる優れモノ。風向きに加えて風速1kt(ノット)≒0.5m/s(秒速)も見ることができるため、ペグを打つ数などの判断材料にもなります。

筆者も使用していますが、降雨時間などの精度も良いので出発当日に雨雲を避けて予約不要のキャンプ場を選んだりするのに活躍しています。ただし過信は禁物です。あくまでも判断材料として使用することを心がけましょう。

Windyアプリアイコン▼アプリはこちらから
App Store   Google Store

▼公式サイトはこちらから
Windy.com

【テクニック】夏の寝苦しさを改善しよう!

設営の開始時間を遅くする

日暮れ近く テントの中は日中の日差しにより空気が温められてしまうため、いざ寝ようと思いテントに入るとむわっとした空気が……。慌てて換気をしようと入り口を開けると今度は蚊やアブが入ってきたりという経験がある人も多いのでは?

そんなときは設営自体を遅めに行うと◎。日暮れ近くまで設営時間をずらすことで空気の溜まる時間自体を短くしてみましょう。

コットの使用で風通しを向上させる

コット使用
コットは就寝スペースの下にも空間ができるため風通しの向上につながります。ハイコットなら下に荷物を置けるメリットも! 自分のテントに収まる高さのものを選びましょう。

【実験】メッシュ生地が風通しを良くする効果はどれくらいあるの?

メッシュが虫の侵入を防ぐ
虫の侵入を防ぐ効果のあるメッシュ生地が多めのテントは風通しが良いとされています。メッシュの網目は虫が通れない細かさになっているのは当然のことですが、風は問題なく通っているのでしょうか? 網目の形状が違うテントで風通しを比べてみました。

関連記事