夏キャンプの暑さ対策!涼しく過ごすための基本テク6つ!

夏のキャンプを快適に過ごすための基本テクニックを紹介。キャンプ場の選び方やサイト周りの工夫、テント内の快適化に便利アイテムなど、暑いフィールドに涼をもたらす知恵と工夫で快適な夏キャンプを楽しみましょう!


工夫&グッズで真夏のキャンプも快適に!

夏のキャンプはとにかく暑さが大敵。何の対策もしないと、ただただ暑いだけのキャンプになってしまいます。ひどいと熱中症という危険も!せっかくの夏休み、そんな辛い思い出作りたくありませんよね。

夏のキャンプを快適に過ごすには、夏の強い日差しをさえぎるのが最優先。いくつかの工夫とグッズで真夏のキャンプがぐっと過ごしやすくなりますよ!こちらでは夏キャンプを快適に過ごすための6つの基本テクニックを紹介します。

その1 キャンプ場選びが重要です

夏の暑い時期は、標高の高いところにある涼しいキャンプ場を選びましょう。標高1000m以上に位置するキャンプ場ならだいぶ快適に過ごせますよ。例えば富士山近くにある標高1280mの高原キャンプ場の場合、夏の昼間の時間帯でも気温はだいたい25℃以下。

標高の高いキャンプ場で注意したいのは、朝晩の寒暖の差。昼間は半袖で過ごしていても日が沈むとぐっと気温が下がり、冷え込みます。服装や寝る際のアイテムなど防寒対策はしっかりとしておきましょう

その2 タープは必須!

シェード出典 : コールマン
とにかく日陰を確保することが夏キャンプの基本。夏の強い日差しは体力をどんどん奪い、熱中症にかかる恐れもあります。そうならないためにもタープを張って日陰を作りましょう。

タープには大きく2種類あって、ヘキサタープやスクエアタープなどの1枚布タイプと壁面がメッシュ状になっているスクリーンタープがあります。1枚布タープは開放的な雰囲気で、大きな日陰を生み出してくれます。スクリーンタープはメッシュ窓で虫の侵入を防いでくれますが、やや風の通りがよくないという面も。ただし夜、テント内がどうにもこうにも暑くて眠れないという時に、スクリーンタープで寝るという選択肢も出てきます。どのタイプのタープにするかは自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

おすすめタープ

ITEM
ロゴス タープ ストライプ コンパクトヘキサ
用途に合わせて高さが変えられる、コンパクト収納で収納バッグ付き。


ITEM
ユニフレーム REVOタープ M
開放感追求型、快適タープ。左右非対称デザインが創り出した抜群の開放感と心地良い住居性。


ITEM
スノーピーク タープ カヤード
ジリジリと照りつける強い日差しの夏でも、クーラーのガンガンきいた家に閉じこもる必要はありません。フルメッシュのカヤードなら、汗ばむ夏も快適にフィールドで過ごせます。
ITEM
コールマン パーティーシェード/300
大人数向けの大型パーティシェード。グループでのアウトドアパーティに適したシェード。独自のシルエットと開放感あふれるデザイン。

もっとタープを見たい方はこちら「【タープ】大人気アウトドアブランドのオススメタープテント40選


その3 テントに直接日光を当てない工夫を

夏の太陽にさらされたテント内は、かなり室温が上昇します。夜になっても熱気がこもっているということも……。それを防ぐには、テントを直射日光に当てないことが大切です。

では、どんなサイト選びをすればいいのでしょう?キャンプサイトには高原、林間、水辺などいくつか種類がありますが、直射日光をさえぎってくれる林間サイトがおすすめです。高原サイトは広くて開放的ですが、日光をさえぎってくれるものがなく、日差しを直接浴びることになってしまいます。また設営の際は、テントの一部をタープ内に入れたり、日の向きを考えて影になるところに設営するといいでしょう。

 

その4 水を味方につける

日本に古くから伝わる「打ち水」が、キャンプサイトを涼しくさせるのに効果あり!打ち水をすると、水が蒸発するときに地面の熱を奪って周囲の気温を下げてくれます。サイトのまわりに打ち水をして涼しさを手に入れましょう。またテントやタープに水をかけるのも効果的です。バケツがあれば、水を張って足をつけると涼しさもアップします。

 

その5 暑さをしのぐ睡眠便利グッズを取り入れる

夏キャンプの夜、暑くてなかなか眠れなかったというのはよく聞く話。睡眠時に背中の蒸れを防ぐため、テント内ではコットやエアーベッドを利用して、背中と地面の間に空間を作るようにしましょう。触れた感じがさらっとしているゴザもおすすめです。また、小さいクーラーボックスに氷を入れてフタを開けておけば、簡易クーラー代わりにもなりますよ!

おすすめコット&エアベッド

ITEM
コールマン イージースリムコット2
設営簡単・簡単収納のスリムコット。
300×300cmテント内に4つ並べることが出来る。
乗り降りしやすい低めの高さ38cm
組み立ても簡単で、開くだけで終了、片付けも簡単です。頑丈なつくりで寝ていても安心感があります。万が一壊れたらまた同じものを買いたいと思います。 出典:amazon


ITEM
ヘリノックス コット コットワン コンバーチブル
独自の技術により少ない力でも簡単に組み立てができるロータイプのコットです。キャンプサイトの地面の状況に影響を受けることなく、快適に眠る事ができます。軽量で丈夫なアルミポールを使用し、耐久性にも優れています。


ITEM
キャプテンスタッグエアーベッドダブル
マット本体に電池式ポンプが内蔵されていますので、ポンプを忘れる心配がありません。又、わざわざポンプを持って行かなくて良い為、持ち運びにも便利です。


ITEM
コールマン デュラレスト エアーベッド/ツイン
パンク耐性のあるDURARESTエアーベッド。軽く、耐久性に優れた新素材でアウトドアでも快適に過ごせる。バルブの開閉が楽で空気注入時の空気漏れを防ぐダブルロックバルブ。


おすすめコットをもっと見たい方はこちらから「【コット】夏のキャンプにおすすめ!快眠コット18選


その6 涼を生み出す便利グッズ

小物を使ってさらに涼しさを手に入れましょう!アウトドアで便利に使える涼感グッズを紹介します!

 

ITEM
コールマン ポータブルシャワーウォーターキャリアー付
コンパクトで持ち運びに便利なウォーターキャリアー付き電動シャワー
付属のキャリアータンクでどこでもシャワーが可能


ITEM
ビッグウイングシロクマノキモチ ひんやりネック
浸け置き不要でさっと水に濡らすだけですぐに使える。生地に吸水した水分を気化させることで皮膚の表面温度を下げ、やさしい冷感を保つ。


ITEM
ドッペルギャンガーアウトドア LEDウォーターガン マキシナイトフラッシュ
本体にLEDを搭載した長飛距離の水鉄砲です。LED搭載なので昼はもちろん夜にも水鉄砲遊びを楽しむことができます。
単純なつくりでまわりのウレタンが持ち易いのとデザインも良いのが気に入りました。 出典:amazon


 

暑さ対策をして快適夏キャンプを!

せっかくキャンプに来たのだから、暑い時期でも楽しみたいですよね。こちらで紹介した夏キャンプの基本テクニックを使えば、暑くても快適な夏キャンプが楽しめます。せっかくの夏休み、楽しい思い出がいっぱいのキャンプライフを過ごしてください!
アイキャッチ画像出典 : コールマン

Let’s Cool Camp!
クールなキャンプがいいね!

    紹介されたアイテム

    コールマン イージースリムコット2

    コールマン イージースリムコット2

    ¥11,664 税込

    ドッペルギャンガーアウトドア LEDウォーターガン マキシナイトフラッシュ

    ドッペルギャンガーアウトドア LEDウォーターガン マキシナイトフラッシュ

    ¥2,480 税込

    関連する記事

    » スノーピークの高価買取なら買うトドア

    » コールマンの高価買取なら買うトドア

    » ドッペルギャンガーの高価買取なら買うトドア

    » ヘリノックスの高価買取なら買うトドア

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    CAMP HACK編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

    公式プロライター

    • たけだバーベキュー
    • YURIE
    • 平 健一
    • 写風人
    • Takamatsu Misato
    • SAM & 沖田雅生
    • 小雀  陣二
    • A-suke
    • 長谷部 雅一
    • 八幡 暁
    • 風森 美絵
    • カノウ ヒナタ
       

      LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

      最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
      LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!