CAMP HACK[キャンプハック]


トリパスプロダクツのエーキャク

人気ブランドの隠れた名品。トリパスの「エーキャク」【私的神アイテム】

0

キャンプサイトの収納に便利なギアハンガー。収納だけでなくお気に入りのギアをディスプレイして目で楽しめます。そんなギアハンガーのなかでも、筆者が愛用している、おすすめの逸品を紹介!

秋元 祐輝

制作者

秋元 祐輝

キャンプ歴20年。フリーライターをしつつ、フードスタイリング、デザイナーなど、アウトドアに関するさまざまな依頼を受け活動中。アウトドア媒体の編集部を経て2020年からフリーランスに。 ■Instagram:akimotti_bbq

...続きを読む
秋元 祐輝のプロフィール

記事中画像撮影:筆者

あなたのサイトに足りないのは、ギアハンガーかも?

トリパスプロダクツの「エーキャク」
キャンプギアをスタイリッシュに吊り下げられるギアハンガー。各社からさまざまなタイプのものが展開されていますが、みんなさんはどんなものを使っていますか?

ギアハンガーは、サイトが煩雑になるのを防ぎ、よく使うギアが取り出しやすくなる便利なアイテム。さらに、サイトレイアウトに高さの変化をつけられるので、飽きのこないサイト作りにも役立ちます。



今回は、ギアフリークスな筆者が、実際に購入して愛用しているギアハンガーを紹介します!

無骨なアイアンギアハンガー、トリパスの「エーキャク」

トリパスプロダクツの「エーキャク」
今回紹介するのは、鉄製のキャンプギアを得意とする北海道発のブランド・TRIPATH PRODUCTS(トリパスプロダクツ)のアイテム「エーキャク」です。

トリパスといえば、鹿の角を模したデザインが人気の鉄製組み立て式焚き火台「グルグルファイヤー」でお馴染みのブランドですね!



トリパスプロダクツの「エーキャク」
トリパスプロダクツの「エーキャク」
「エーキャク」は、文字通り「A」の形をした組み立て式の脚が2つセットになったアイテム。別売りの鉄製バー「カケハシ」と組み合わせることで、キャンプギアやウエアの吊り下げに便利なギアハンガーになります。

鉄製でとにかく頑丈!だから使えるシーンが多い!

トリパスプロダクツの「エーキャク」
正直「エーキャク」は、アルミパイプ製のギアハンガーに比べると組み立ての手間があります。しかし、それと引き換えに、アルミ製のラックにはない頑丈さを獲得しています。

この通り、自転車ラックがわりに使ってもびくともしません!

他にも、水が満タンに入ったジャグをぶら下げてもOK。頑丈ゆえに使い方が幅広いのが魅力です。

トリパスプロダクツの「エーキャク」
さらにアルミと違って熱にも強いので、12インチのダッチオーブンを吊り下げて、焚き火にかけるといった使い方もできます。

この使い方だと、鍋と焚き火ギアを一緒に吊り下げられるので、ギアハンガーとトリポッドを両方用意しないで済む点も便利です。

高さが変えられるので汎用性が高い

トリパスプロダクツの「エーキャク」
「エーキャク」の下段の脚を外せば、低い高さのラックとして使えます。

「エーキャク」と「カケハシ」を2セットとお好みの天板を用意して、ローテーブルを組むのも良さそうです。

トリパスプロダクツの「エーキャク」
「カケハシ」を引っ掛けるポイントも、上段と中段の2箇所にあるので、ここでも高さ調整が可能です。吊り下げるギアの高さに合わせて組み替えられるのも、うれしいポイント。

ギアコンテナとの相性も良し!

トリパスプロダクツの「エーキャク」
サイトレイアウトをすっきりさせる方法としておすすめなのは、収納ギアをまとめることとデッドスペースを活用すること。

「エーキャク」は高さのあるラックなので、長さの短い道具を吊り下げるときは、下の部分がデッドスペースになります。

そんなときはギアコンテナを下に置くと、収納空間を有効活用できるうえ、収納スペースをすっきり見せられます。

トリパスプロダクツの「エーキャク」
人気の軍用アルミコンテナと組み合わせると、かなりインダストリアル感あふれるキャンプ収納に……。幅としては、スノーピークの「シェルフコンテナ50」1つと薪1束が置けるぐらいのサイズ感です。

ギアコンテナ以外にも、ローテーブルと組み合わせると快適なソロキャンプ環境を組めます。

無骨で丈夫なギアハンガーを求める方にはおすすめの逸品!

トリパスプロダクツの「エーキャク」
「エーキャク」鉄製のギアなので、重量錆びやすさは好みが分かれるポイントです。逆に言うとその重厚感と錆を楽しめる方にはおすすめの逸品! 「エーキャク」であなたのキャンプサイトをさらにオトコマエにしましょう!

製品の詳細はこちら

✔こちらの記事もおすすめ!

関連記事