CAMP HACK[キャンプハック]


ルーメナーM3

【これは買いです】小型LEDランタン「ルーメナーM3」は死角なしのオールインワンセットだった!

3

今やキャンプの必須アイテムとなった小型高性能なLEDランタン。各社がしのぎを削る中、あのルーメナーから満を辞して新製品「ルーメナーM3」が登場!

発売前からすでに感度の高いキャンパーたちの間で話題となっている「ルーメナーM3」を入手し、実際の使い勝手を検証してみました。話題の最新LEDランタンの実力とは?

秋元 祐輝

制作者

秋元 祐輝

キャンプ歴20年。フリーライターをしつつ、フードスタイリング、デザイナーなど、アウトドアに関するさまざまな依頼を受け活動中。アウトドア媒体の編集部を経て2020年からフリーランスに。

...続きを読む
秋元 祐輝のプロフィール

記事中画像撮影:筆者

加熱する小型LEDランタン市場に、あのルーメナーが参戦!

ルーメナーM3
キャンプの夜を小さなボディながら強力に照らす、小型高性能LEDランタンは今どきキャンパーの標準装備。

人気の製品ジャンルゆえ、さまざまなブランドがどんどん魅力的な製品を投入しシェア争いが激化しています。

そんな小型LED市場に、完成度の高い新製品を送り込んできたのが、LEDランタンの実力派ブランド、ルーメナーでした。
ルーメナーとは?
韓国発のアウトドア電子機器ブランド。2018年から日本でLEDランタン「ルーメナー7」を発売し、その高性能っぷりでまたたく間にキャンパーの間で大人気に。その後も「ルーメナー2」「ルーメナー プラス」とラインアップを拡充。更にいち早くポータブル扇風機を発売したりと、常にブームを牽引する存在となっている。

本国ですでに爆売れの新作「ルーメナーM3」

ルーメナーM3
同ブランドは中型の高輝度LEDランタンで定評を得ていましたが、今回満を辞して登場した小型LEDランタンが「ルーメナーM3」です。

ルーメナー M3

●サイズ:34×34×102mm
●重量:95g
●明るさ:15~300Lm
●バッテリー容量:LG Li-ion Polymer 3.63V 3、250mAh(11.7Wh)
●点灯時間:フラッシュライトモード/約13時間〜約200時間 ランタンモード/約9時間〜約150時間 同時点灯/約7時間〜約90時間
●充電時間:約3時間30分○入力端子(定格電圧):Type-C/5V 1.0A(MAX5W)
●防水防塵規格:IP67


実力はどうなの? 魅力はどこ?

さまざまなブランドから小型LEDランタンが発売されていますが、「ルーメナーM3」は他の製品とどこが違うのでしょうか?

筆者が入手した「ルーメナーM3」で実際の使い勝手とその魅力、気になるポイントを確かめてみました!

実際に使って分かった「ルーメナーM3」のイチオシポイント5つ

その1. 他のLEDランタンに見劣りしない必要十分なスペック

ルーメナーM3
「ルーメナーM3」は数あるLEDランタンの中でも優等生と言える基本スペックを備えている点が最初のポイント。

まず「ルーメナーM3」の明るさは、最大300ルーメンと小型LEDランタンの中では明るい部類に入ります。

LEDランタンの明るさは反射材の素材などでも変わってくるので、一概にルーメン数だけでは測れないところはありますが、他の小型LEDランタンと明るさ最大モードで比べて、暗いと感じることはないでしょう。

ルーメナーM3
電池の持ちについても、連泊のキャンプでも使える十分なスペック。

・フラッシュライトのみ点灯で最大約200時間、最小約13時間
・メインライトのみ点灯で最大約150時間、最小約9時間
・フラッシュライト、メインライトの同時点灯で最大約80時間、最小約7時間

防水については、IP67防水なので、水深1mの真水に30分浸しても浸水しないレベル。大雨の中テントの外に吊るしておいても、問題ありません。

デザイン家電のようなスタイリッシュな外観ですが、ここはアウトドア製品。タフに使えるスペックを備えています。

その2. トレンドを押さえた細かい機能

ルーメナーM3
メインライトの点灯だけでなく、キャンプ場で夜にトイレに行くときや、暗いなか物を探すときに便利なフラッシュライト機能は当然のように備えつつ……

ルーメナーM3
特筆すべきは、トレンドを押さえた設置方法の豊富さ。

本体底面には収納式のDカンと一般的なカメラアクセサリーと同じ1/4インチ規格のネジ穴を備えています。

小型LEDランタンブームでカスタムパーツとして注目されている「卓上三脚」や「雲台」などのカメラパーツを応用できるのは嬉しい仕様。

ルーメナーM3
専用の三脚台とランタンを吊るすためのSビナーも付属し、テーブルの上や、ランタンスタンド、タープやテントの天井などに取り付け可能です。

さまざまなニーズに応えられる作りも今どきのキャンパーに刺さることでしょう。

ルーメナーM3
細かい箇所ですが、個人的に評価したいポイントが押しやすい点灯スイッチ。程よい押し心地で暗い中でもうまく押せずにやきもきすることもありません。

ちなみにスイッチの使用は下記のようになっており、操作もシンプル。直感的に使える作りです。

・スイッチ1回押し:フラッシュライト点灯
・スイッチ2回押し:メインライト点灯
・スイッチ3回押し:フラッシュライト、メインライト同時点灯
・スイッチ長押し:各モード明るさ変更(強弱2段階、標準は強モード)
・フラッシュライト時スイッチ5秒長押し:フラッシュライト点滅

ルーメナーM3
灯りの色についても、キャンプの雰囲気を壊さない暖色よりの灯りです。

その3. さまざまな灯りを楽しめる

ルーメナーM3
ルーメナーM3
ルーメナーM3
「ルーメナーM3」は豊富なオプションを使えばさまざまな灯りを楽しめる点も魅力。

こちらのオプションは裏に光を反射するリフレクターを備えたファブリック製シェード。本体にかぶせることで、灯りを下に反射させ、ランタンの下を照らせます。

ルーメナーM3
ルーメナーM3
さらに、塩ビ性のシェードもオプションにあり。上記のファブリック製のシェードと同様、ランタンの下を照らせます。水に強い塩ビ製なので、雨の日におすすめです。

ルーメナーM3
ルーメナーM3
最後は、専用のウォーマー。こちらを被せることで、より光をやわらかくできます。

そのままの灯りではまぶしい方や、テーブルのムードライトとして使い高い方にうれしいオプションです。シェードとの組み合わせも可能で、灯りのアレンジの幅がより広がりますね。

その5. いたれりつくせりの多彩なオプション!

ルーメナーM3
ここまで本体に取り付けるさまざまな専用オプションを紹介しましたが、実はこれらは全て「ルーメナーM3」1セットに付属してきます! これだけのオプションが付属する小型LEDランタンは未だかつてありません。

豊富な設置方法と明かりのバリエーションをこれ1セットでできる点は他にはない魅力です。
セット内容
・「ルーメナーM3」本体
・専用ウォーマー
・専用シェード(塩ビ)
・ファブリックシェード(迷彩)
・専用三脚台(1/4インチ規格)
・ハンガー(Sビナー)
・充電ケーブル(USB-Cタイプ、約60cm)
ルーメナーM3
ルーメナーM3
さらに、専用ケースも付属し、これらのオプションを全て収納可能。2種類のシェードはケースのフタのベルトで留める方式です。

「ルーメナーM3」の気になるポイント

ルーメナーM3
「ルーメナーM3」で気になるポイントがあるとするなら、オプションがたくさん付いているので、同サイズの他社製品と比べて少し高価であること。これらのオプションを別売りでそろえることを考えるとお得とも取れる価格設定なので、ここは人によって意見が別れるところ。

あれこれ別途そろえるのが面倒で、1セット購入するだけで必要なものが全部そろう製品を求めるユーザーにはおすすめのLEDランタンといえます。

「ルーメナーM3」は小型LEDランタン選びの有力な選択肢!

ルーメナーM3
「ルーメナーM3」は市場のトレンドを反映したいたれりつくせりの小型LEDランタンでした。これからキャンプをはじめる方はもちろん、小型LEDランタンをすでに持っていて、2台目以降の買い足しとしても有力な選択肢になりそうな1台。

気になる方は入手困難になる前に確保しましょう!

ルーメナー M3

●サイズ:34×34×102mm
●重量:95g
●明るさ:15~300Lm
●バッテリー容量:LG Li-ion Polymer 3.63V 3、250mAh(11.7Wh)
●点灯時間:フラッシュライトモード/約13時間〜約200時間 ランタンモード/約9時間〜約150時間 同時点灯/約7時間〜約90時間
●充電時間:約3時間30分○入力端子(定格電圧):Type-C/5V 1.0A(MAX5W)
●防水防塵規格:IP67


✔こちらの記事もおすすめ!

関連記事