【やっぱり凄い】大人気の爆売れLED「ルーメナー2」を従来モデルと比較レビュー

今話題のLEDランタン「ルーメナー」シリーズの購入を検討している方へ。従来の「ルーメナー7」と最新モデル「ルーメナー2」を比較しながらレビューします。一体なにが進化したのか?果たして”買い”なのか、要チェックです!


アイキャッチ画像撮影:編集部

業界に激震が走った!ルーメナーはもうチェックした?

撮影:編集部
今、LEDライトの中で圧倒的人気を誇っている「ルーメナー」シリーズをご存知でしょうか?

軽量・コンパクトで脅威の1300ルーメンという明るさ。1回のフル充電にかかる費用はたったの1円ながら、100時間の連続使用が可能などなど…。その革新的なハイスペックでキャンパーの心をガッツリキャッチ!

ルーメナー
撮影:編集部
正方形デザインの従来モデル「ルーメナー7」に続き、進化版「ルーメナー2」も登場しますますその人気っぷりを加速させています。

今回は、そんな最新版「ルーメナー2」を徹底レビューします。従来モデル「ルーメナー7」とどちらにするか購入を悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

▼ルーメナーの記事はこちら

「2」になって何が変わった?実物を比較レビュー

ルーメナー
撮影:編集部
それでは早速、比較・レビューしていきます! こちらは専用の収納ケースデザイン。左が「ルーメナー2」で右が従来の「ルーメナー7」です。

重厚感のあるパッケージは、”キャンプギア”というよりは”ガジェット感”が強くなった印象。

いざ、オープン。

重さ・大きさに違いあり!

ルーメナー
撮影:編集部
専用ケースから、現物を取り出して、横並びで置いてみます。正方形の形だった「ルーメナー7」から、長方形に変わった「ルーメナー2」。

ルーメナー
撮影:編集部
スマートフォンと並べると、大きさが良く分かりますね。さて、商品のスペックですがそれぞれ次の通りです。

ルーメナー7  :220g / 92 × 92 × 28mm
ルーメナー2 :280g / 129 × 75 × 22.7mm

重さは60gの差ですが、2つを両手に持ってみると明らかに重たくなったことが分かります。

また、iPhoneの重さも200gを切る程度なので、普段iPhoneユーザーの筆者からするとちょっと気になるところ。

ただ、タフになってるんです!

ルーメナー
撮影:編集部
しかし、単純に重くなった訳ではありません! 「ルーメナー2」になって防水・防塵・耐衝撃の3つのタフ機能がプラス。

写真は、充電コネクターの部分を比較したもので、「ルーメナー7」はむき出しなのに比べて、「ルーメナー2」はしっかりと保護されていることが確認できます。

ルーメナー
撮影:編集部
そして「ルーメナー2」カバー部分の”指のひっかかり感”がちょうど良い感じでした! しっかりと防水機能を果たしていることも伝わるなかで、かんたんにオープンしやすい構造。

防水・防塵・耐衝撃系のアイテムを使っている方にとって、こういった細かい部分の工夫はかなり好印象ではないでしょうか?

ルーメナー
撮影:編集部
「ルーメナー2」のカバーを開けた写真がこちら。従来の「ルーメナー」同様、モバイルバッテリーとしても活用が可能です。

ルーメナー
撮影:編集部
ちなみに、従来の「ルーメナー7」にも付属品でコネクター部分をカバーすることができますが、正直おまけ程度。「ルーメナー2」の安心感には敵いません。

引っかかりが◎

撮影:編集部
さらに、引っ掛けることに配慮された改良ポイントがこちら。このちょっとした突起があることで、角度をうまい具合に調整できるんです。

ルーメナー
撮影:編集部
この通り、ちょっとした角度をつけるのにも便利。

ルーメナー
撮影:編集部
従来のルーメナーだと、中心にバランスをとるか、角度をつけるには、付属のアイテムが必須でした。

「ルーメナー2」は汎用性が広がった!

ルーメナー
撮影:編集部
そして、従来の「ルーメナー7」と比べて、大きな違いがこの”ねじ穴”。カメラや三脚にとりつけることができ、今までになかった使い方が実現可能です。

ルーメナー
撮影:編集部
もう一つが付属の磁石フック。掛ける部分のない布などに挟んで固定することができます。なにかと役立ちそうですね。

明るさは充分すぎるほど。

ルーメナー
撮影:編集部
「ルーメナー2」をつけた時、「明るっ!」というのが第一声。

ただ、従来の「ルーメナー7」でも充分過ぎるほどの明るさだったので、正直、”より実用的になったポイント”とは感じませんでした。

1300から1500ルーメンの明るさアップは、開発者の方の”挑戦”とでも呼ぶべきしょうか?

付属品のカラビナもパワーアップ!

ルーメナー
撮影:編集部
あとは、すごく細かい話ですが、付属するカラビナにもLUMENAのロゴが入り、明らかに素材感・使い勝手がアップしています。

ガジェット好きとしては、こんな部分にも惹かれてしまいますね……!

気になった点

撮影:編集部
ここまで、従来の「ルーメナー7」と「ル―メナー2」を比較してご紹介しましたが、唯一気になったのがカラーバリエーションが選べないこと。

個人的にはルーメナーのカモフラ柄のデザインがお気に入りでしたので、2のバリエーションも、ぜひ増やしてほしいところです!

ITEM
ルーメナー2
●重量:280g
●サイズ:129mm×75mm×22.7mm
●重量:280g
●明るさ:100〜1500Lumen
●連続点灯時間:約8〜100時間
●充電時間:約5時間(5V 2.4A充電アダプターの場合)
ITEM
ルーメナー7
●サイズ:92×92×28mm
●重量:220g
●明るさ:約260〜1300Lm
●連続点灯時間:約8時間(High)、約100時間(Low)

結論は、どっちもあり!

ルーメナー
撮影:編集部
よりタフに、よりアウトドアで使えるスペックに進化しつつ、見た目の”ガジェット感”が強まった「ルーメナー2」。ただ、従来の「ルーメナー7」でも見た目・スペックともに申し分なし。

むしろ、カモフラ柄のデザインや四角い形が好みの方は、従来のルーメナーを選んでも良さそうです。最新作の2を買うか7を買うか、大きな悩みどころ。

あなたはどっちが「ルーメナー」がタイプですか?

Evolution of LED lantern can not stop!!
LEDランタンの進化が止まらないっ……!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!