CAMP HACK[キャンプハック]


Soomloom チタンペグ

【鍛造ペグと比べてどうなの?】新・定番「チタンペグ」の実力をガチ検証してみた

7

「チタンペグ」の実力をガチ検証! 実際に使ってわかったチタンペグのメリット・デメリットから、定番の鍛造ペグと比較もしてみました。果たして強度の違いは? 今ラインナップも急増中のチタンペグの魅力に迫ります。

秋葉 実


軽量な上にタフ!チタンペグに注目

チタンペグと鍛造ペグ
テントやタープに付属しているペグを使わなくなる……これはキャンプを続けているうちに、多くの人がたどり着く境地でしょう。

そして自前ペグの定番といえば、鉄製の鍛造ペグ。しかしここにきて軽量なチタンペグが注目され始めているのをご存知ですか?

Soomloomのチタンペグを入手!

Soomloom チタンペグこちらは、激安ギアをラインナップするブランド「Soomloom(スームルーム)」。Amazonでは高評価も多く、勢力を拡大しつつあるブランドです。

チタン製のペグなんて超高級品のイメージでしたが、手の届きそうな価格で売られていたので、試しに購入してみました。

Soomloom チタンペグ 20cmと30cm選んだのは「20cm4本セット」税込1470円と「30cm4本セット」税込2970円(筆者購入時参考価格)。激安ブランドとはいえ、やはりチタンは安くありませんでした。

Soomloom チタンペグ 20cm 4本セット

●サイズ:20cm
●直径:7mm
●重量:40g(1本)

Soomloom チタンペグ 30cm 4本セット

●サイズ:30cm
●直径:8mm
●重量:約70g(1本)


チタン製ペグのメリットは?

まずはペグをチタン製にすることによる、メリットとデメリットをそれぞれ整理しましょう。

筆者は『村の鍛冶屋』が手がける鍛造製の「エリッゼステーク」の28cmモデルを愛用しているので、引き合いに出しながらチタンペグの特徴をまとめてみます。

メリット① とにかく軽い!

Soomloom チタンペグ
結びつけられた夜光ロープをつかみ、スームルームのチタンペグ(30cm)を持ち上げてみました。鉄の鍛造ペグに慣れているので、拍子抜けするほどの軽さです。

チタンペグ 計量
長さ的に同クラスの鍛造ペグと比較すると、この通り。1/3に迫るほどの異常な軽さですね。仮にノルディスクの「アスガルド12.6」を張るとすると計26本のペグが必要ですから、荷物としてのペグの重量差は26倍に……!

チタンペグのメリット、まず1つ目は「とにかく軽い!」です。

メリット② 強度が高い!

チタンペグを踏む様子
軽さだけを求めるならアルミ製という手もありますが、チタンは軽いだけでなく強度の高い金属。試しに橋渡しにしたチタンペグに、筆者の体重80kgを乗せてみました。思いっきりしなっていますが、大丈夫でしょうか……!?

Soomloom チタンペグ
結果はこの通り、曲がることなくピンピンしていました。けっして曲がって見えない角度で撮影しているわけではありません。足を浮かせたとたん、何事もなかったように元に戻りました。

エリッゼステーク
筆者が愛用しているペグには、このように曲がってしまったものも……。これに限らず、鉄製の鍛造ペグではそれほど珍しくない現象です。

ちなみにこういった曲がりは、先ほどの写真のように体重をかけることで修正しています。

エリッゼステーク
また先端が丸く潰れているものもチラホラと。地中で石にぶつかることが多々あるので、キャンプを繰り返すうちに潰れてしまったようです。もちろんまだまだ使えますが、地中を突き進む力は衰えているかもしれません。

Soomloom チタンペグ
チタン製の場合、少しずつ削れていくことはあるかもしれませんが、丸く潰れることは考えにくいですね。とはいえ何年も使ったわけではないので、先端の消耗に関してはコメントできません。

ともかく全体重をかけても曲がらなかったのは確かな事実。チタンペグのメリット、2つ目は「強度が高い!」です。

メリット③ 錆びない!

エリッゼステーク
こちらは雨のなか撤収し、帰宅後も雨が続いたときに、干そうとしたらサビが浮いていた様子です。鉄はどうしても錆びやすいので、使用後はすみやかに、しっかりと乾燥させる必要があります。

Soomloom チタンペグ
対してチタンは耐食性に秀でた金属。つまり錆びません。まあ厳密には錆びる(酸化する)らしいんですが、見た目は変わらず、また錆びが材質としての劣化につながらないのだそう。

チタンペグのメリット、3つ目は「錆びない!」です。

チタン製ペグのデメリットは?

デメリット① なにしろ値段が高い!

Soomloom チタンペグ
軽い上に強度が高く、メンテ要らずなチタンペグですが、その値段は全メリットと対抗できるほどに高価です。

スームルームの30cmモデルの場合、3590円の6本セットがいちばんお得なんですが、それでも1本あたり598円。スノーピークの「ソリッドステーク30」が6本セットでAmazon価格2728円(1本あたり454円)であることを踏まえると、勇気の要る買い物になりますよね。

ちなみに筆者は購入したチタンペグをすでに1本、紛失してしまったのですが、そのときの精神ダメージは「ペグを1本無くした」というレベルではありませんでした。

デメリット② 加工が難しいらしい

Soomloom チタンペグ
チタンはプレス成形や溶接が難しい、加工のしにくい金属です。スームルームのチタンペグの場合、ヘッドの溶接部分が壊れてしまったという報告がネット上にちらほらと……。「激安の中華ブランドなので仕方ない」とは値段的に割り切れないので、ディテールの品質には不安が残ります。

国産を求めたい場合は『村の鍛冶屋』がチタンペグも手がけているのでチェックを。あとは『テンマクデザイン』も製造は中国ながらチタンペグをリリースしています。たとえ中国製でも、国内ブランドのチェックが入っているかどうかは大きな違いでしょう。

村の鍛冶屋 64チタン 20cm 4本セット

●サイズ:φ7.8mm×200mm(鍛造部:6.6mm) 
●材質:64チタン合金 
●重量:40g (1本)



テンマクデザイン チタンペグ30

●サイズ(約):長さ/300mm、幅/20mm、ボディー8mm
●重量:約68g
●素材:チタン合金


実際にチタンペグを打ち込んでみた



購入したスームルームのチタンペグを、実際にキャンプ場で打ち込んでみました。途中で石にぶつかってストップするものの、構わずハンマーを叩き続けることで、そのまま最後まで突き進んでいますね。砂利混じりの地面でも問題なさそうです。

がっちり固定で大満足

ガイロープ
ガイロープを張ってみました。感触としては鉄製の鍛造ペグと何ら変わらず、しっかりガッチリとした安定感があります。自在をギュウギュウに引っ張ってもビクともしません。

ペグを動かす様子
手でグイグイと動かそうとしても、簡単には応じてくれませんでした。ペグとして頼りないと感じることは、まずないと思います。

それでいて意図的に抜きたい場合は、回転させてやるとわりと容易く抜くことができました。

鉄製ペグと比べてみた

エリッゼステーク
鉄製の鍛造ペグ、その定番2種と比較してみましょう。ここまでもちょいちょい名前が挙がった、村の鍛冶屋の「エリッゼステーク28cm」、スノーピークの「ソリッドステーク30」を用意しました。


上からスームルーム、エリッゼステーク、ソリッドステークと並べました。実測重量は前の方で触れましたが、公式スペックは次の通りです。
・スームルーム「チタンペグ」:全長30cm/打ち込み部直径8mm/70g
・村の鍛冶屋「エリッゼステーク」:全長28cm/打ち込み部9×7mm(楕円形状)/190g
・スノーピーク「ソリッドステーク30」:全長30cm/打ち込み部直径8mm/180g

関連記事