CAMP HACK[キャンプハック]


熾火(おきび)

【Q&A】熾火(おきび)完全ガイド!意味や作り方、活用方法を紹介

2

「キャンプ料理には熾き火が良い」と聞いたことがありませんか?でもそもそも「熾き火」ってなに? なんて読むの? どうなって作るの? この記事では、そんな疑問にお答えしていきます。

ヨシダ コウキ


出典:Instagram by@ig_qurumi

キャンプ料理には熾火を使おう

熾火
出典:Instagram by@u_ba_world
焚き火を使った調理で難しいのが火加減。表面だけ焦げてしまったり、生焼けだった経験はありませんか?

そんなときは「熾火」を活用しましょう。じっくり火がとおり、キャンプ料理をよりおいしく作ることができます。

熾火にまつわるQ&A

熾火、なんて読む

熾火
出典:Instagram by@shida7657
熾火=おきび

「熾火」だけではなく、「熾き火」と表記されることもあります。
英語では一般的に「glowing ember」や「live charcoal」と表現されます。

熾火の意味は?

熾火
出典:Instagram by@ryuhyumo

薪の、燃えつきて赤くなったもの。おき。
出典:精選版 日本国語大辞典

燃え尽きてなお、赤くなっている焚き火の状態のことを意味していることが分かります。

なんで調理には熾火が最適なの?

熾火
出典:Instagram by@shocamping
熾火とはいわば、芯の部分が静かに燃えている状態

燃え上がっている焚き火は温度が高く、火力調整が難しいですが、熾火は火力が安定しているので料理に最適です。

熾火
出典:Instagram by@takibi_3110
熾火は煙が少ないのも特徴。食材への影響も少なく、煙たくなりません。長時間安定して燃えることで、遠赤外線効果で食材にムラなく火を通せるメリットがあります。

熾火って暖かいの?温度は?

熾火
出典:Instagram by@hirokicamp
熾火の中心温度は700度から900度。とても暖かいです。燃焼に多くの酸素を必要としないため、多くの熱エネルギーを蓄えておくことができるのです。

熾火と炭の違いは?

出典:PIXTA
熾火は、あくまで火の状態を示した言葉。そのため、炭が赤くなっている状態も同じく「熾火」と言います。

ただ、炭は薪と比べて、早く熾火状態になりやすいので、より調理向きといえるでしょう。

熾火の作り方は?必要なものは?

熾火
出典:Instagram by@hirokicamp
熾火を作るのはとても簡単。特別なものは必要ありません。
1. 薪を組み、火を付ける
2. 燃えやすいものと一緒に着火する
3. 炎が収まるまで薪をあまり動かさずに見守る
4. 薪の芯が黒くなったら薪同士を離して炎を調整する
5. 炎が静まったら熾火のできあがり

少しでも長く熾火を楽しみたいなら「ナラ、クヌギ、サクラ」などの広葉樹の薪がおすすめです。

熾火で注意すべきことは?

熾火
出典:PIXTA
熾火は煙や炎が上がらないため、見た目では判断しづらいのですが、長時間熱いままです。間違って触れてやけどをしないように注意しましょう。

燃料さえあればすぐに炎が燃え移るので、後処理ではしっかり消火させましょう。

関連記事