石油ストーブ14選パワー別に紹介!燃費・価格など基礎知識まとめ

石油ストーブ最新情報まとめ。燃費や価格の違い、意外と知らない注意点や、おすすめストーブ14選など気になる点を全て解消!定番のコロナやトヨトミ、アラジンなど、家だけではなくキャンプなど野外でも大活躍間違いなしのおすすめ石油ストーブをご紹介!


アイキャッチ画像出典:Instagram by @sally_7830

石油ストーブの特徴

やかんが乗った石油ストーブ 出典;写真AC
身体を芯から暖めてくれる石油ストーブは「灯油」を燃料とした暖房器具。今でこそガソリン、軽油、重油、ケロシンなど色々な石油燃料が世に知られていますが、昔は「石油」といえば灯油を指すのが当たり前だったため、その名残りで石油ストーブと呼ばれています。
最近では、石油ストーブの人気が再加熱。他の暖房器具とは一味違う、暖かみの奥深さや、嗜好品としての一面が注目されています。


石油ストーブの種類

【反射式】

反射式
部屋全体を温めるのはもちろん、反射板による一方方向への暖房効果が特に高いのが特徴的な「反射式」のストーブ。部屋の角や端に配置することが多いストーブですね。

 

【対流式】

対流式

機器周り全体に熱が放射されるタイプの石油ストーブ。熱くなった空気が上昇することで対流を発生させ、効率よく暖房する効果があります。部屋の中心に置くことが多いストーブです。

石油ストーブの気になるQ&A

石油ストーブと石油ファンヒーターとの違いってなに?

石油ストーブと違い、ファンヒーターは送風ファンを使い熱風を送り出しています。そのため送風ファンの「音」がしない分、石油ストーブの方が静かに使用できます。また、石油ストーブは電気代が一切掛かりません。

 

ストーブの燃料は「灯油、ガス、電気」どれがいいの?

パワーで言うと、ガス>灯油>電気、便利さで言うと、電気>ガス>灯油、と言われています。しかし、ガスは配線が通っていなければ使用はできませんし、お子さんがいるなら安全面で灯油を避けたいと考える方もいますよね。そのため、住む環境によってベストな燃料は異なります。

 

石油ストーブは加湿がしやすい?

燃料の灯油は燃焼過程で水分が発生するので、加湿機能を兼ね備えています。更に、石油ストーブなら水の入ったヤカンを熱することで、部屋全体の加湿も同時に可能です。

 

石油ストーブの種類と気になる点や長所を知ることができましたね!ここからは、人気の石油ストーブについて、そのスペックと特徴をパワー別で紹介していきます!

パワー別石油ストーブ紹介「6~9畳まで」

ITEM
コロナ 石油ストーブ
サイズ:幅45.2×奥行32.4×高さ47.5cm
電源:不要(点火用:単1形乾電池×2本)
重量:7.1kg
タンク容量:3.7L
暖かさ:木造6畳まで/コンクリート8畳まで

ポジションマーク付きのハンドルで調節位置が一目で分かり、細かい火力調節が簡単にできます。給油時に手が汚れない「よごれま栓」がとても便利です。

今までファンヒーターばかり使って来ましたが、電気を使わない暖房器具を1つは持って置きたくて購入しました。でもこれが思ってた以上に良かったです。8畳位の部屋なら充分暖まりますし、何より上に鍋などが掛けられるのがイイです!



ITEM
トヨトミ 石油ストーブ
サイズ:幅38.8×奥行38.8×高さ48.5cm
電源:不要(点火用:単2形乾電池×2本)
重量:6.4kg
タンク容量:4.9L
暖かさ:木造7畳まで/コンクリート9畳まで

ガラスの円筒で7色の炎の輪が、室内をやさしく温めてくれます。2重タンク構造になっているため、万一の転倒にも油がこぼれにくく安全です。

コンパクトな大きさで邪魔にならないし,値段がお手頃。炎もきれいで,じわっとくる暖かさがとても心地よいです♪



ITEM
トヨトミ 石油コンロストーブ
サイズ:幅38.8x奥行38.8x高さ48.0cm
電源:不要(点火用:単2形乾電池×2本)
重量:6.2kg
タンク容量:4.9L
暖かさ:木造7畳まで/コンクリート9畳まで

レインボーコートと特殊印刷で、光の輪がはっきりと現れます。唐草の飾りガードとステンドグラス調の天板は、和にも洋にも合うデザインです。

早速点火したところ、暖かな色のほのおが出て、心が休まります。地震などで、電気やガスが止まった時の緊急用にと購入しましたが、デザインもお洒落で、ほのおも美しく、寒い冬の夜が楽しく過ごせそうで、喜んでいます。



 


ITEM
トヨトミ 石油ストーブ
サイズ:幅42.2×奥行33×高さ44.6cm
電源:不要(点火用:単2形乾電池×4本)
重量:6.6kg
タンク容量:3.6L
暖かさ:木造6畳まで/コンクリート8畳まで

ヒーター切れの心配がないスパーク点火式です。給油口の締め忘れでも油漏れしない「こぼれま栓」は、火災予防の機能を果たしてくれます。

各部の作り、スムーズな操作性、国産を実感、消火後の臭いも気にならないレベル



ITEM
スノーピーク 石油ストーブ
サイズ:幅38.8x奥行38.8x高さ48.5cm
電源:不要(点火用:単2形乾電池×2本)
重量:6.2kg
タンク容量:4.9L

本体上部にシェードがついているので、足元が明るく安心です。特殊なガラス加工が施され、炎は美しい7色のグラデーションで現れます。

キャンプでもおうちでも使えて、snowpeakフリークにはたまらないアイテムでしょうね♪



ITEM
アラジン 石油ストーブ
サイズ:幅38.8×奥行40.5×高さ55.1cm
電源:不要
重量:8.5kg
タンク容量:4.1L
暖かさ:木造7畳まで/コンクリート10畳まで

特徴的な青い炎は、気化した灯油に充分な酸素が供給された、良い燃焼状態である証拠です。「排ガス浄化触媒」を搭載し、COの発生を軽減しています。

着火から温まるまでとても早いです。我が家のワンコはストーブの周りで暖をとっています。とても雰囲気もあって素敵なストーブです。



ITEM
アラジン 石油ストーブ
サイズ:幅34.5x奥行32.7x高さ49.6cm
電源:不要(点火用:単2形乾電池×4本)
重量:7.9kg
タンク容量:4.4L
暖かさ:木造8畳まで/コンクリート10畳まで

飽きのこない懐かしいフォルムのクラシックシリーズ。強燃焼から微弱まで、きめ細かく火力調整できます。切タイマーは長時間設定可能です。

石油ストーブ特有の、点火や消火直後のにおいがあまり気にならないほど少ないので驚きました。サイズのわりに9畳の和室でも温まります。



パワー別石油ストーブ紹介「10~15畳」

ITEM
コロナ 石油ストーブ
サイズ:幅46×奥行46×高さ55.3cm
重量:9.9kg
タンク容量:6.0L
暖かさ:木造13畳まで/コンクリート18畳まで

広いスペースをまるごと暖房。遠赤外線炎筒とホワイトフレームが身体をしんから温めます。

ゴクゴク灯油を飲みますが、とても暖かくてエアコンで風を送ると一瞬で部屋が暖かくなります。



ITEM
トヨトミ 石油ストーブ
サイズ:幅47.4x奥行47.4x高さ56.0cm
電源:不要(点火用:単1形乾電池×2本)
重量:11.2kg
タンク容量:7.0L
暖かさ:木造12畳まで/コンクリート17畳まで

「でるでる芯」機能で、芯を最後まで使い切れるため長持ちします。ナチュラルインテリアによくなじむ、明るい木目を基調とした色合いが人気です。

国産で炎が良く見える所で決めました。対流式ですから思った以上に暖かいですよ。私は20畳のリビングで使っていますが、問題ありません


フジカハイペット 石油ストーブ

フジカハイペット 石油ストーブ
サイズ:幅31.0x奥行31.0x高さ43.2cm
電源:不要
重量:5.5kg
タンク容量:3.6L

暖かな遠赤外線による特殊な赤熱放射式のため、室内に風が生まれない特別設計です。意外とコンパクトで、持ち運びにも適しています。


パワー別石油ストーブ紹介「20畳以上」

ITEM
コロナ 石油ストーブ
サイズ:幅46.0×奥行46.0×高さ59.8cm
電源:不要(点火用:単1形乾電池×2本)
重量:11.2kg
タンク容量:7.0L
暖かさ:木造17畳まで/コンクリート23畳まで

遠赤外線炎筒を使用しているため体の芯から暖かく、見た目もかわいいデザインです。

エアコンでは暖かくならなくても、コロナ(CORONA) 石油ストーブ をつけると、温かいやさしいぬくもりが部屋中にひろがります。



ITEM
トヨトミ 石油ストーブ
サイズ:幅48.2×奥行48.2×高さ58.3cm
電源:不要(点火用:単2形乾電池×4本)
重量:11kg
タンク容量:6.3L
暖かさ:木造17畳まで/コンクリート24畳まで

サイズアップし、よりハイパワーに。「でるでる芯」機能搭載のため、火力が弱くなった時は芯を2mmずつ3段階で上げられ、火力を回復できます。

先日、何日かすごく寒い日があり使ってみましたが、16畳とそこから続く階段、トイレ、浴室の方まで暖まります。また、今までは別にお湯を沸かして湿度調節をすることもありましたが、同時にできるので助かります。



ITEM
ダイニチ 石油ストーブ
サイズ:高さ665×幅456×奥行546mm
電源:単相100V 50/60Hz
重量:16.4kg
タンク容量:13L
暖かさ:木造26畳まで/コンクリート35畳まで

好みの室内温度に調整してくれる自動モードを搭載。手動運転との切り換えはワンタッチでできます。運転開始機能や消し忘れ消火装置も便利で安全です。

26畳ほどのスペースで使っているが、とても暖かく重宝している。



ITEM
トヨトミ 石油ストーブ
サイズ:幅70.0×奥行42.2×高さ59.3cm
電源:コンセント100V
重量:28kg
暖かさ:木造18畳まで/コンクリート25畳まで

無人の時は自動で弱燃焼に切り替えし、灯油の無駄遣いを防いでくれます。エクセレントレーザーバーナーですばやい点火と低騒音化も実現しました。
室温の上昇速度、輻射による暖かさの感じは、すこぶる快調に感じている。少し大きめのものに変更しているが台所までの部屋を大きく使う場合と居間だけの場合と追随性もよい。今後の燃費と、保守性などいろいろ検証したい。非常に安価でお得感いっぱいです。 出典:Amazon



石油ストーブを安全に使うための注意点

キャンプで石油ストーブ
出典:Another Field
下記の注意点は必ず守り、事故が起きないよう気をつけましょう。

 

●ガソリンは絶対に使用しない

石油ストーブには、必ず灯油を使いましょう。ガソリンを誤給油し、火災となる事故が毎年起きています。見分ける際には、指に燃料をつけ息を吹きかけたときに、濡れたままのものが灯油、すぐ乾くのがガソリンです。

 

●換気はこまめに行う

1時間に1~2回程度換気をしましょう。石油ストーブは、空気を使って燃焼するため、室内の酸素は減少していきます。その際に、換気が不十分だと不完全燃焼による一酸化炭素が発生し、中毒に至る恐れもあります。

 

●燃えやすいものはそばに置かない

スプレー缶やカセットボンベは、熱でスプレー缶内部の圧力が上がって破裂する恐れがありとても危険です。また、周囲や上に洗濯物などの燃えやすいものをかけると、火災の原因になるので避けるようにしましょう。

石油ストーブを持って冬キャンプに出掛けよう!

SALLYさん(@sally_7830)が投稿した写真


寒い冬キャンプには、持ち運びできて身体の芯から温まる石油ストーブが大活躍しそうですね!暖かな優しい炎に、心も体も癒されそうです。

使い方を守って安全に使えば、これからの冬キャンプがさらに楽しくなること間違いなしですよ!もちろんアウトドアだけでなく、お家の中で使うのもオススメです!

Let’s sit around a oil heater!

石油ストーブを囲もう!

紹介されたアイテム

トヨトミ 石油ストーブ

トヨトミ 石油ストーブ

¥101,536 税込

紹介されたアイテム

コロナ 石油ストーブ
サイトを見る
トヨトミ 石油ストーブ
サイトを見る
トヨトミ 石油コンロストーブ
サイトを見る
トヨトミ 石油ストーブ
サイトを見る
スノーピーク 石油ストーブ
アラジン 石油ストーブ
アラジン 石油ストーブ
コロナ 石油ストーブ
サイトを見る
トヨトミ 石油ストーブ
コロナ 石油ストーブ
トヨトミ 石油ストーブ
サイトを見る
ダイニチ 石油ストーブ

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
maya

山が好き、車旅が好き、節約が好き!
旅費節約のためにテント泊を始め、キャンプの楽しさを知る。のんびりキャンプが大好物。快適空間を作るためのギアが少しずつ増え、日々キャンプレベル向上中。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!