最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
キャンプ マナー違反 流し台に食べ残し

悲しい気持ちになるマナー違反…リアルエピソードから考える「キャンパーの心得」

2022/09/16 更新

キャンプ場でたまに見かけるゴミの放置などのマナー違反。キャンプ場だけでなく、周りの利用者の迷惑になるようなこともあったりします。そこで、キャンプをするみんなが気持ち良く過ごせるようマナーについて考えてみませんか?キャンプ場で実際に起きたマナー違反のエピソードをもとに、キャンプをする上での心構えをまとめてみました。

目次

アイキャッチ提供: @33pooh33
記事中画像撮影:筆者

楽しいはずのキャンプで気になることが・・・

焚き火の前で椅子に座る男性

年間の休日のうち半分以上はキャンプに行く筆者。自然の中で家族や気の合う仲間と過ごすキャンプでは、心が洗われて清々しい気分になります。

そんな楽しいキャンプですが、ある問題のためにやるせない気持ちになることがたまにあります。

炊事場に放置されている残飯

提供: @33pooh33

その問題というのは、キャンプ場でたまに見かけるマナー違反。燃え残った薪がフィールドに捨てられていたり、残飯が炊事場に放置されていたり……。

そういう光景を見ると誰もが嫌な気分になるのはもちろん、キャンプ場としても処理するのに手間やお金がかかったり、せっかくの景観の良さが損なわれたりととても悩ましい問題です。

実際に起きたマナー違反を、キャンプ場に聞いてみた

燃え残った薪が捨てられた砂浜

提供: @33pooh33

マナーの意識を持つには現状を知ることが第一歩と考え、実際にフィールドで起きているマナー違反をキャンプ場を経営する方に聞いてみました。

今後も気持ちよくキャンプを楽しんでいくためにどうしたらいいのか、事例とオーナーの意見も交えつつ考えてみましょう。

1 / 3ページ