CAMPHACK

もう失敗したくない!ダッチオーブン料理「成功のコツ」と「やってはいけないこと」

0

いかにもアウトドアな雰囲気がある、ダッチオーブンを使ったメニュー。キャンプデビューしたてで挑戦するもあえなく失敗……という経験をした方もいるのでは?そんな失敗を減らすために、コツや注意点をアウトドア料理のプロにじっくり聞いてみました。次こそ成功させたい方、必読ですよ!

内舘 綾子

アイキャッチ画像出典:PIXTA  作成:編集部

キャンプ料理で失敗するのって、切ないですよね……

撮影: 筆者
キャンプでの料理は自宅とは環境が違うため、初めは特に苦戦することも多いですよね。初心者が最初に挑戦して失敗しがちなのが、ダッチオーブンを使ったメニュー。たとえばこんな経験はありませんか?

肉料理で、中が生焼け

出典:PIXTA
付け合わせの野菜は焦げてるのに、お肉は中まで火が通っていなかったり……

ご飯を炊いたら“おこげ”じゃなくて“焦げた”

出典:PIXTA
ちょうどいい“おこげ”でふっくらご飯に仕上げるのも、初心者には難しいもの。と、こんな料理の失敗でせっかくのキャンプでテンションが下がるのは避けたいですよね。

ならば詳しい人に聞くのが近道! というわけで今回は、プロにコツを聞いてみました。

教えてくれるのは、この方

提供:三宅香菜子
フードコーディネーター 三宅香菜子さん
キャンプ歴15年。“キャンプのある暮らし”をコンセプトとしたクリエイターズユニットCAMMOCの代表を務めるかたわら、レシピ制作やキャンプのトータルコーディネートなども手掛ける。“料理とキャンプ”を軸に幅広いメディアで活躍中。
三宅さん
ダッチオーブン料理で失敗してしまう主な原因は、“調理中の火加減”と“ダッチオーブンの扱い方”。この注意点さえおさえておけば失敗を減らせるはずです!


キャンプ料理で失敗を減らすために、三宅さんが説く「火加減」と「ダッチオーブンの正しい扱い方」、この2つを徹底的に学んでいきましょう!

関連記事