【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


噂の検証!水をかけても炎が消えない!?「防水ファイアーライター」の実力を試してみた

0

水に強い着火剤として有名なロゴスの「防水ファイアーライター」。1989年に発売されたロングセラーで、着火剤の定番として長らく支持されてきました。ここで改めて、その実力を検証してみましょう。どのくらい水に強いのか?そして風への耐性は?

秋葉 実


平成を完走した長寿アイテム

ロゴス 着火剤 ファイアーライター
ロゴス「防水ファイアーライター」が発売されたのは1989年。年号でいうと平成元年です。30年続いた平成の世を軽々と完走し、令和2年になっても着火剤界に君臨するロングセラー。水への耐性が高く、長期間にわたって保管しても湿気ない(しけない)と評判です。

¥720で21コ入りの高コスパ

ロゴス 着火剤 ファイアーライター
21個入りで、定価は720円(税抜)。公式スペックでは1kgの木炭起こすのに1~2個あればOKとのことなので、最大限に活用できた場合、毎週末のBBQを5ヶ月以上にわたって行うことができます。

ロゴス 着火剤 ファイアーライター
そんな高コスパを支えるのが、「湿気ない」という特長。超久しぶりに取り出して使うことになっても問題なく着火できるのだから、消費期限切れの無駄が出ません。

それではどれくらい水に強いのか、検証していきましょう。

関連記事