最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
グラナイトギア キッチンシンク

キャンプの難問 「食器洗い」を快適にしてくれる三種の神器

2022/09/12 更新

キャンプの洗い物が面倒……そう感じたことのある方は少なくないのではないでしょうか?もしかしたら、その億劫な食器洗いがアイテム1つで劇的に変化するかもしれません!今回はそんな救世主的な便利グッズをご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:instagram by @kazemachi_tools

正直、キャンプの食器洗いが億劫です

鍋 フライパン 洗い物
出典:PIXTA

キャンプの楽しみといえば、味濃いめ”ガッツリ”としたキャンプ飯! 家族や友人とご飯を楽しんだ後は、焦げ付いたフライパンや鍋、ベタつく食器など大量の洗い物が……。

こべりついた油汚れを落とすのに苦労したり、大量の食器を運ぶために水場まで何度も往復したりと、キャンプの洗い物は家の時よりハードルが高め。そう感じたことはありませんか?

食器もらくらく洗浄 シートゥーシュミット

出典:楽天

今回はそんなキャンプの難問「食器洗い」をスムーズに進めるために必要な「三種の神器」をご紹介します!

後回しにされがちなグッズですが、いざ手にしてみると「なんでもっと早く買わなかったんだ!」と思えるものばかりですよ。

三種の神器①「シンク」

1つ目の三種の神器が「シンク」。シンクがあるとキャンプでの洗い物が驚くほど快適になるんです! まずはそのメリットからご説明します。

とにかく時短に繋がるのが「シンク」

キャンプで洗い物を運ぶ女性

出典:PIXTA

シンクを使えばとにかく時短に。洗い物と一緒に水を入れておけばつけ置きもできますし、簡単な洗い物なら水場まで行かずにサイト内で済ませられます。

さらに、水場まで一気に食器を運ぶ運搬道具としても便利。キャンプ場によっては、水場まで5分以上かかることもありますので、何度も往復しなくていいのは嬉しいですね。

荷物をできるだけ減らしたいなら「折りたたみ」式

グラナイトギア キッチンシンク

instagram by @kazemachi_tools

持ち運びの便利さを優先するなら折りたたみ式がおすすめです。コンパクトで場所をとらないので、ソロキャンプにも重宝します。

シートゥーサミット ウルトラシル キッチンシンク 10L

●容量:10リットル
●重量:49g

グラナイトギア キッチンシンク

・素材:210Dコーデュラ
・重量:136g
・容量:7リットル

飲み物を入れておくのも便利な「バケツ」式

オレゴニアンキャンパー バケツ

バケツタイプも折りたためるモデルがほとんど。飲み物と水を入れて冷やしておくような使い方もできますよ。

チャムス 折りたたみ バケツ 14L

・素材:PVC
・サイズ:H 25× W 28× D 28 cm
・容量:14L

オレゴニアンキャンパー キャンプバケット

●サイズ:D40cm×H26cm
●容量:約32L

シアトルスポーツ USパックシンク

●サイズ:縦16.5cm×横29cm×マチ28cm、ハンドル23cm
●重さ:260g

そのまま加熱できる「ステンレス」製

ユニフレーム キッチンシンク

油汚れを落とすためにお湯を使うと効果的なのは知っていますよね。ユニフレームの「フィールドキャリングシンク」なら、洗い物を入れたまま火にかけられるので、冬の洗い物が驚くほど快適に!

ユニフレーム フィールドキャリングシンク

・素材:本体・ハンドル:ステンレス鋼/まな板:天然木
・重量:約1.2kg
・容量:約6リットル

三種の神器②「ジャグ」

あったら便利だろうなあ、と思われがちなジャグ。じつは必須とも言えるアイテムなんです。その必要性についてご紹介します。

洗い物以外にも重宝するのが「ジャグ」

ジャグから出る水

出典:PIXTA

シンクがあってもつけ置きするための水がなければ、ただの運搬道具。ジャグが揃って初めて便利さを実感できます。

また、洗い場まで行かなくてもジャグがあれば食材や手を手軽に洗えるのも大きなメリットです。保冷性のあるジャグなら飲用水として使えますね。

やっぱり荷物は減らしたい!「折りたたみ」式

クーラーボックスとラックにのったジャグ

出典:PIXTA

洗い物用と割り切れば保冷力を考える必要はありません。場所をとってしまうので、コンパクトに収納できるものを選びましょう!

MSR ドロメダリーバッグ

・素材:PU・ABS
・重量:284g
・容量:10L

HAC ジャグ

・素材:PP、シリコン
・重量:本体/330g
・容量:5.5L

保冷力は弱いけど、かっこいい「ステンレス」製

MINTAGE ウォータージャグ

近年、流行っているのがステンレス製のジャグ。デザイン性の高さはもちろん、耐久性もあるので長く使えます。

ステンレスジャグは保冷するタイプとしないタイプがあります。洗い物専用であれば保冷しないタイプを選びましょう。

マルキジオ オイルドラム ウォータージャグ

●サイズ(約):幅230×奥行285×高さ340mm
●容量(約):10L
●重量(約):1.65kg

ミンテージ ウォータージャグ

・素材:ステンレス100%
・サイズ:高さ約30cm、直径約20cm、外周約66cm
・容量:10L

どうせなら、保冷・保温力も高い「ポリプロピレン」式

スタンレーのジャグ

出典:楽天

洗い物専用ではなく飲用水も入れて使いたいなら、保冷力のあるジャグを選びましょう。男前な見た目に一目惚れするおすすめの2アイテムがコチラ!

スタンレー ウォータージャグ 7.5L

●サイズ:幅297×高さ343×本体径297mm
●容量:7.5L
●重量:約1.6kg

ディーライト アイスバケツ 18.9L

●容量:5Gallon(18.9L)
●サイズ:<外寸>(約)幅43×奥行40×高さ43cm
<内寸>最大直径(開口部)約幅28×最小直径(底部)23×高さ33cm
●重さ:6.2kg
●カラー: タン、グレー、オレンジ

三種の神器③「水切り道具」

最後に必要なのが、意外と思われるかもしれませんが「水切り道具」です!

道具を長く使うために必要なのが「水切り道具」

洗って水切りをしている食器

出典:PIXTA

キャンプで気になるのは衛生面。とくにウッド系のギアはキャンプ場で水切りをしないとカビになってしまうので注意が必要です。

大切な調理器具・アイテムを長く使うためにも乾燥グッズは持っておくことをおすすめします。

平置きタイプ

ユニフレーム 水切りラック

平置きタイプなら、しっかりと水気を落とせます。

キャプテンスタッグ 水切りかご

・素材:甲板の表面材:天然木(竹)、表面加工:ウレタン塗装
・組立サイズ(約):幅400×奥行390×高さ240mm 収納サイズ(約):400×370×厚さ40mm
・重量(約):800g

ユニフレーム UFディッシュラック

・素材:ステンレス鋼
・重量:約550g
・使用時サイズ:約270×330×200(高さ)mm
・収納時サイズ:約250×330×20(高さ)mm

吊るすタイプ

吊るして水切りしている食器

出典:PIXTA

スペースに限りがある場合や、テント周りをすっきりさせたい時などには、吊るす水切り方法もあります。通気性がよくなるだけでなく、さりげなく見せる収納としても使えます。

コールマン ハンギングドライネット2

・素材:ポリエステル、スチール、ステンレス
・重量:約180g
・サイズ:使用時/約直径32×高さ80cm、収納時/直径約15×高さ8cm

C&C.P.H.EQUIPEMENT ディジーチェーン

・素材:ポリプロピレン100%
・重量約:148g
・サイズ:(約)175~248cm ※長さ調節可能
・耐荷重:約2kg

自作するのもあり

水切りかご DIY

instagram by @tsucinoko_

どうしてもお気に入りのギアが見つからない場合は、自作するという手もあります。こちらの写真の方は水切りかごとテーブルを組み合わせたアイテムをDIY!

汎用性が高く、使い勝手が良さそうですね。

【おまけ】キャンパーなら洗剤選びは自然に優しいものを

洗い場でシンクに溜めた水で手を洗う人

出典:PIXTA

キャンプは、自然の中で遊ばせてもらうレジャーです。そんな豊かな環境をいつまでも身近に残すため、キャンパーであれば自然派洗剤を使いたいもの。少し意識するだけでも、自然に優しい行動に繋がります。

フロッシュ アロエヴェラ スタンダードタイプ

環境先進国ドイツ生まれのブランド「フロッシュ」。再生可能な植物由来の界面活性剤を使用し、自然はもちろん手肌にもやさしい食器用洗剤です。

ドイツのエコ洗剤NO.1にも選ばれるほど消費者からの人気も高いアイテムです。

エコベール 食器用洗剤レモン

ベルギー生まれのエコベールは、自社工場にて植物由来の成分を原料に製造されています。肌に優しく、容器は100%再生プラスチック使用と、人にも環境にも配慮された洗剤です。

サラヤ ヤシノミ洗剤

手肌と地球に優しい「ヤシノミ洗剤」は、ヤシノミを原料に作られています。野菜や果物の洗浄に使え、無香料、無着色と環境への配慮がなされています。肌にも優しく洗浄力も強いことで人気の商品です。

これで、洗い物の問題は解決だ!

木製カトラリーとマグカップ

出典:PIXTA

億劫になりがちで、仕方なくやっていたキャンプの食器洗い。しっかり道具をそろえれば意外と楽に済ませられます。快適なキャンプには、まず洗い物グッズを充実させることがおすすめですよ!

紹介されたアイテム