【こ、こんなワイルドな一面があったなんて……!】アウトドアユースにカスタムされた車4選

2019/06/27 更新

車高が高く、積載量も多いSUVはアウトドアにもってこいの車です。しかし、維持費や小回りの良さなどからアウトドア仕様にカスタムをしてコンパクトカーに乗っているキャンパーも多いんです。そこで、今回は男前になった4つの車をご紹介していきます!


アイキャッチ画像提供:Instagram by @toyo_chan1230

アウトドア仕様の車にドキドキする

RAV4
出典:TOYOTA
キャンパーであれば誰しも憧れる車といえば、やはりSUVですよね。荷物がたくさん積めて、タイヤが大きく車高が高いなど、アウトドアにはもってこいです。

何より見た目がかっこいい! つい先日も生産を中止していたトヨタのRAV4が復活し、話題を呼んでいます。
エブリワゴン
出典:Instagram by @automotivejapan_official
しかし、アウトドアに適しているのはSUVばかりではありません! 維持費が安いなどの理由から、コンパクトカーをアウトドア仕様にカスタムするキャンパーも多いんです。

一体カスタムすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

アウトドア仕様にカスタムするメリット

エブリワゴン
出典:Instagram by @automotivejapan_official
・車高を上げたり、タイヤ幅を太くすることで走破性が上がる
・ルーフラックやボックスを取り付けることで、積載量を増やすことができる
・かっこよくなることで気分が上がり、ますますキャンプに行くのが楽しくなる

挙げていけばキリがありませんが、上記3つが大きいところではないでしょうか。それではメリットが分かってきたところで、カスタム例をご紹介していきますね!

無骨でかっこいいアウトドアカスタム4選

1. スズキ「エブリイワゴン」

出典:SUZUKI
エブリイワゴンの人気の秘密は、何と言っても広々とした室内空間! シートはフルフラットになるので車中泊が可能です。長尺のギアも難なく積載できるため、コンパクトながらアウトドアにもってこいの車です。

ただ、見た目はどちらかというと街乗り中心なイメージ。そんなエブリイワゴンをアウトドアカスタムすると……。
出典:Instagram by @automotivejapan_official
どうです? 街乗り感漂う車が一変、今にも山道に飛び出して行きそうな雰囲気に!

バンパーを短くし、タイヤを15インチにサイズアップ。ヘッドライトはインナーをブラックに塗装することで、全体的な色味を統一させています。

2. BMW「MINI クーパーS」

出典:MINI Japan
「MINIクーパー S」はスタイリッシュな外装と、ナビなどの機能が充実しているのが特徴。ハイパワーなエンジンを搭載するスポーツモデルです。

では、こちらも早速カスタマイズされた姿を見てみましょう!
出典:Instagram by @automotivejapan_official
この通りスタイリッシュなイメージのMINIクーパーがワイルドに! オフロードにも対応すべくタイヤを幅が広いものに変更し、車高も上げています。

ルーフにはヤキマ製のラックを取り付け、アクティブなテイストに。それ程広くはないMINIクーパーのラゲッジルームでも、これなら積載に悩むことはありません。

3. トヨタ「プロボックス」

出典:GAZOO
トヨタのライトバンとして長年愛され続けている、プロボックス。キャンプというよりはビジネスカーとしてのイメージが強いですよね。しかしフルフラットになるので、車中泊向き且つ積載量も多く、アウトドアにはもってこいの車なんです。

若干おしゃれさには欠けるこの外装も、アウトドアカスタムを施すとこうなります!
出典:Instagram by @toyo_chan1230
ここまで生まれ変わるとは! アウトドアカスタムの実力、恐るべしですね。

ボディはジープの純正カラー「アンヴィル」で全塗装。ミラーなどのパーツはマットブラックに塗装されています。足回りはリフトアップして、マキシスのマッドタイヤを装着。

TOYOTAロゴのメッシュグリルは特注だそう。積載量アップには欠かせないルーフラックも取り付けています。

4. 三菱「ミニキャブ トラック」

出典:MCnet
最後は今までとテイストを変えて、軽トラックのご紹介! 三菱の「ミニキャブトラック」は半世紀近くも愛されている軽トラックを代表する車です。当然のことながら積載容量が一番大きなポイント。操作性に優れ、小回りが利くのも特徴です。

ミニキャブトラックをアウトドアカスタムするとこうなります!
出典:Instagram by @linex_auto
見てください、この迫力! クロカン系のとがった印象に様変わり。リフトアップして悪路での走破性がアップ! バンパーはスチール製フロントガードバンパーに変更されています。
出典:Instagram by @linex_auto
荷台を延長しカーゴゲートを取り付け、長尺のギアも積みやすくなっています。増加中の軽トラキャンパーにおすすめのカスタムです。いかがでしたか? やはりアウトドアカスタムした車はかっこいいですね! しかし、理想を追求するとそれなりにコストも時間もかかります。

予算の関係でカスタムしたくてもできない……という方はまずは手っ取り早く、ステッカーで雰囲気だけでも変えてみるのも名案です!

すぐできる雰囲気チェンジ術!ステッカーを貼ってみよう

ステッカーチューン
出典:instagram by @_mizuki339_
白で統一したステッカーがサイドガラスでさりげなく主張しています。カーキグリーンのジムニーとアウトドアのステッカーが相性抜群です!
ステッカーチューン
出典:instagram by @hiro_jimgram
バックドアを開けるとこんなところにステッカーチューン! 荷物の積み下ろしの際、ステッカーがさりげなく光ります。見えないところのおしゃれも大切ですね。

手軽なステッカーでのカスタムをご紹介しましたが、ルーフラックなどのオプションパーツが気になる方は過去の特集記事がおすすめです。

アウトドアカスタムでもっと車を遊んじゃおう!

提供:Instagram by @toyo_chan1230
もっと車をアウトドアっぽくしたい! そんな時、車を買い直さなくても、アイディア次第でいかようにもアウトドア仕様に変身させることができます。

パーツをつけたり、ステッカーチューンをしてみたりと自分流にアレンジして、世界に1つしかないお気に入りの車にしましょう!

SUVブームの次はこれがくるかも?

ピックアップトラックがブームになるかもしれません。

Make your car custom outdoor as you like!

あなた好みにアウトドアカスタムしよう!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
eri

9歳と6歳の子どもを持つママライター。 生き物をこよなく愛する息子の欲求を満たすため、クワガタ採りや魚釣りが出来るキャンプ場を中心に出没。若い頃は超インドア派だったが、今では自然のすばらしさに魅せられています。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!