CAMP HACK[キャンプハック]


薪の上にフライパン

みんな一度は体験済み?焚火あるある「薪の湿気」対策

0

キャンプに来てカッコよく焚き火をしようと薪に着火…のはずが「つ、つかない」。そんな経験、ありませんか?薪が湿気ていると、いつもの手順ではうまくいかないこともあります。そんな時どうするか、そしてそうならないための工夫など覚えておきましょう!

fujii mio


アイキャッチ画像提供:instagram by @ dy_825

あれ、薪がジメっとしている……これってどうすればいいの?

濡れた薪
出典:PIXTA
焚き火を始めたものの、薪が湿気(しけ)ていて一向に火がつかない……そんな経験はありませんか? 一年を通して露や雨に晒されるフィールドでは、薪を地面に少し置いただけで湿気ることも多々あります。

焚き火
出典:PIXTA
焚き火で使う薪は、本来乾燥していることが第一条件。なぜかと言うと着火しづらいほか、湿っていたり水分を含んだままの端切れ板などを燃やすと、写真のように白い煙が舞い上がり不快な思いをしかねません。

焚き火をする男性
出典:DOD
でも、せっかく用意した薪が丸々使えないのはもったいない! そんな時、湿気に負けずに薪をしっかり燃やすために試すべき策があるんです。そもそも薪を「湿気させない」ためにとっておくべき対策も要チェック!

関連記事