最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
安全なナイフ

キャンプ料理に潜む2大危険「やけど」「切り傷」…防止策と対処法まとめ

楽しいはずのキャンプも、怪我に見舞われてしまったらそれどころではなくなります。そうならないためにも、キャンプ中に起こりがちな二大危険「やけど」と「切り傷」について心得ておきましょう。主に料理まわりで起きがちな、二つの危険と対策をチェック!

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

※ここで紹介する対処法はどれもあくまで応急的なものです。個々の症例により処置は異なってきますので、できるだけ速やかに医療機関にて医師の診断を仰ぐようにしてください。

キャンプ料理では「やけど」と「切り傷」に注意

コンロで調理

撮影:編集部

外で作るというワクワク感も楽しめるキャンプ料理ですが、いつもと勝手が違うぶん危険がつきもの。火や刃物を使うだけに、気をつけたいのが「やけど」と「切り傷」です。

やけど

出典:PIXTA

特に慣れないうちはバタバタして、うっかり熱に触れてやけどをしてしまったり……。今回は「やけど」と「切り傷」というキャンプ料理の際に最も注意が必要な2大危険をクローズアップ。

それぞれどんな時に起こるのか、そして現場での応急処置や事前にできる対策も覚えておきましょう!

やけどはこんな時にやらかしがち

バーベキュー

子供がバーベキュー

出典:PIXTA

食材を焼く時、BBQコンロや焚き火台に近づきすぎるケース。子どもは特に、要注意です!

「一見熱いとわからないもの」に触る

炭

撮影:編集部

焚火台は一見鎮火していても、まだ熱を持っている場合もあります。ダッチオーブンのフタやケトルなど、何気なく置いてあるものが実は火からおろしたばかりで「熱ッ!」ということも……。

コンロと鉄板の誤使用

鉄板から焼きそばこぼれている

カセットコンロ全面を覆うほど大きなサイズの鉄板をのせると、熱でガスボンベの内圧が高まり爆発する恐れがあります。

こうなると軽度のやけどでは済まない重大な事故につながる可能性もあるので、むやみに組み合わせて使うのは危険です。

覚えておきたいやけどの対処法と、事前対策

患部を冷やす

クーラーボックス

水ぶくれなど炎症を伴わない軽度のやけどであれば、応急処置としてまず冷やしましょう。

この時クーラーボックスにある保冷剤を使う場合は、雑菌が入らないよう清潔な状態で患部に当てるようにしてください。

応急処置「ワセリン+サランラップ」

サランラップ

出典:PIXTA

やけどをしてもすぐに医療機関で処置が受けられないという場合は、患部に薄く医薬品のワセリンを塗り、通気孔を開けたラップで保護するという方法もあります。

ただしこれはあくまで応急的なものです。可能な限り早めに病院で医師の診察を受けましょう。

耐熱グローブをはめる

火や熱を伴う作業は、耐熱グローブをつけておこなえば安心です!

ユージャック 耐熱 キャンプグローブ

●サイズ(約):33cm x 17cm x 2cm (一般的なLサイズに相当) 
●重量:約180g(片手)、約360g(両手)
●素材:牛革・コットン

スノーピーク ファイヤーサイドグローブ

●サイズ全長約340mm 
●素材:アウターグローブ/スエード革(ケブラー糸使用)、インナーグローブ/ポリエステル×コットン(表地難燃繊維使用)

熱源を遠ざける工夫をしておく

子供とバーベキュー

撮影:編集部

大人より注意が散漫になりがちな子供にこそ、対策が必要です。囲炉裏テーブルを使って熱源から離したり……

子供とバーベキュー

撮影:編集部

アツアツのダッチオーブンはハンガーに吊って遠ざけておくなど、子どもが小さいほどしっかり危険を予測しておくことが大事です。

切り傷は、こんな時にやってしまいがち

食材を切る時

切れ目のはいったトマト

出典:PIXTA

切れ味抜群のアウトドアナイフや包丁で食材を切る時。うっかり手が滑って指もスパッといってしまうなんてことも……。

燃料集めの木枝を拾う時

木枝を拾い

出典:PIXTA

焚き火調理用の薪や木枝を拾う時、トゲが刺さったり、切ったりしてしまう場合もあります。

新品の調理グッズを使う時

アルミ製のメスティン

出典:Amazon

調理器具のフチなどのギザギザした"バリ"で、手や口を切ってしまうことも。

アルミ製のメスティンをはじめ、鋳鉄製のスキレットも稀に持ち手にバリが見られることもあります。

洗い物をしている時

アルミ製のメスティン

出典:楽天

食器類の中に紛れ込んだ刃物に気づかず、洗っている時ふいに掴んでザクッと指を怪我してしまうという、痛々しすぎるケースも……。

知っておくべき切り傷の対処法と、事前対策

これらの対処法を知っておけば、より万全な楽しいキャンプを送れるはずです!

洗浄と止血

手洗い

出典:PIXTA

傷口の痛みが辛いのはもちろんですが、野外だけに心配なのは雑菌による悪化です。炎症や化膿が起こらないよう、軽度の切り傷であれば傷口を洗い流します。

一見きれいな川の水も泥や雑菌が入り込んでいる場合もあるので、洗浄は飲料水や水道水でおこないましょう。

指に絆創膏貼る

出典:PIXTA

止血を確認したら、絆創膏で傷口を保護します。子どもの場合、指のサイズに合わずすぐに取れてしまうこともあるので、フィットするよう絆創膏に切り込みを入れるといいですよ。

そんな時のためにも、ハサミなど必要アイテムが揃った救急セットを用意しておきましょう!

CABOLEZA 救急セット

●サイズ:13.6×17.6×5cm
●重量:約159g
●材質:高密度防水ナイロン
●セット内容:ハサミ×1、ピンセット×1、ガーゼ×1、包帯×1 (5cm×4.5m)、包帯×1(7.5cm×4.5m)、紙粘着テープ×1、ヨードチンキ綿×4、アルコール綿×10、絆創膏×5、三角巾×1、ピン×2、説明書×1、急救バッグ×1

軍手・ゴム手袋を使おう

やけど同様、まずは手を保護しておくことが第一です!

IDEAPRO 切れない手袋

●サイズ:L/22×11×0.2cm、M/20×10×0.2cm
●重量:L/57g 、M/50g

マリーゴールド キッチングローブ

●サイズ:M、small
●重量:60g
●素材::表/天然ゴム、ニトルリゴム 裏/綿(植毛)

調理器具は事前に点検

メスティンにやすりかけ

新品の調理器具は、現地ではなく必ず事前に開封して状態の確認を。メスティンは、使う前にやすりでバリ取りをしておきましょう。

やり方はこちらに詳しく書かれていますよ!

スキレットにハンドルカバー

提供:Tsubasa Ogata

スキレットには、ハンドルカバーをつけておくと安心です。バリだけでなく、熱さ対策にもなりますね。ハンドルカバーの自作方法は、こちらを参考にどうぞ。

安全なナイフを選ぼう

安全なナイフ

撮影:編集部

刃物は「外で使う」ことを考えて選ぶ必要があります。

家のものを持っていく方もいますが、外用でしたら包丁ならシース(鞘)が付属していたり、すべりにくいラバーハンドルだったりするので、アウトドアユースのものを使うことをおすすめします。

水で濡れがちなキッチンまわり、まな板もすべり止め付きだと安心ですね。

ユニフレーム ギザ刃牛刀

●サイズ:全長約310mm
●刃長:約180mm
●重量:約120g
●材質:ハイカーボン6A、積層強化木
●付属品:シース

Gサカイ アウトドアナイフ クッキング 直刃

●サイズ:全長約28cm
●ブレードの長さ:約14cm
●刃厚:約2mm
●重量:約100g
●ブレード材:6A(AUS-6)
●ハンドル材:ラバー
●付属品:プラスチックシース

Gサカイ すべり止めシャープナー付きまな板

サイズ::縦20cm×横35.5cm×厚み3cm

やけども切り傷も、無縁のキャンプを目指そう

キウイの皮むき

出典:PIXTA

怪我は、焦っていたり気を抜いた時に起こりがちです。どんなに楽しくても調理中は手元をしっかり確認しましょう。

そして慣れない環境だからこそ時間に余裕をもって、落ち着いて準備に取り掛かるなど、安全を意識して楽しいキャンプにしたいですね!

「もしもの時」のために

やけどや切り傷に限らず、打ち身や頭痛も心配。キャンプ中の「もしもの時」のために、知っておきたいファーストエイドの基礎知識はこちら!

Be Careful About A Burn And Cuts At Camp!

キャンプ中のやけど切り傷に注意!