【言わせてほしい】「もっとこうなってたら嬉しいのに…」編集部的・名品ギアの”惜しい点”

定番名品と言われるキャンプ用品も、使っているうちに「ここがこうだったら、もっと良いのにな」と思う点が出てくるもの。そんな名品の「あとちょっと」な惜しい点と、使い勝手を上げるアイディアをご紹介。購入を検討中の方、ぜひご参考にしてみてください!


アイキャッチ画像撮影:編集部

定番&名品ギアの「惜しいところ」に注目

いわゆる定番と呼ばれるキャンプ用品。ユーザーが多いこと自体がすでに名品ギアであることを証明していますが、そんな中にも「惜しい」という点はいくつかあるものです。

撮影:編集部
そこで各種の定番品たちを扱うユーザー代表として、編集部が気づいた「ちょっと惜しいポイント」をピックアップ。

定番なだけに購入を検討している方も多いであろうアイテムを集めてみたので、参考にしみてください!


【使ってわかった】6つの名品ギアの「惜しいポイント」

ソト「レギュレーターストーブ」

撮影:編集部
▼名品と呼ばれる理由
・コンパクトに持ち運べる機能美デザイン
・コストを抑えられるCB缶で2,500kcal/hという高い火力
・大きめのクッカーを乗せても安定感がある

コンパクトながら強い火力で頼もしい一台、ソトの「レギュレーターストーブ」。CB缶が使える手軽さもありとても便利なのですが、ユーザーの多くが感じている難点が。

撮影:編集部
それは、点火装置が押しづらいこと。ボタンが小さいうえに、ガス量を調節するつまみの下というかなり奥まった位置にあるので、微妙に動作がしづらいという……。

撮影:編集部
一度消えた火をすぐに点ける際などは、熱をもった五徳に触れて「熱ッ!」となってしまいがちです。

出典:Amazon
でも大丈夫、これらの点はアクセサリーで改善・解決可能です! スイッチは、専用のアシストレバーを取り付ければスムーズに押せるように。

火加減の微妙な調整は、メーカーは違いますがユニフレームの「バーナーパッド」がおすすめ。特殊耐熱鋼メッシュが、炎をいい塩梅に調整してキープしてくれます。
ITEM
ソト レギュレーターストーブ ST-310
●サイズ:幅170X奥行150X高さ110(使用時・本体のみ)・110(収納時)mm
●重量:350g(本体のみ)
●発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
●使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時)
●使用容器:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
ITEM
ソト レギュレーターストーブ専用点火アシストレバー
●サイズ(約):幅22×奥行40×高さ40mm
●重量(約):6g
●材質:ワイヤー/ステンレス、本体/樹脂、固定ネジ/スチール 
ITEM
ユニフレーム バーナーパット M
●サイズ:約150×150mm
●重量:約65g
●材質:枠/ステンレス鋼、メッシュ/特殊耐熱鋼 FCHW2

ヨコザワテッパン

▼名品と呼ばれる理由
・熱を均一に伝えられお肉が美味しく焼ける
・小さ過ぎず大き過ぎずベストなサイズ
・どこでも収納しやすい極シンプルデザイン

A5サイズで厚さ5mm、何でもおいしく焼き上げる魅惑の「ヨコザワテッパン」。最近は楽天やAmazonでの流通も開始され、より買いやすくなりましたね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
撮影:編集部
この鉄板はそのシンプルさこそが最高にオツなのですが、難点を挙げるとすれば「油が垂れる」こと。ワイルドな良さでもありますが、何も対策しないとテーブルがベタベタに……。

油垂れを解決するには、100円ショップでも手に入るステンレストレーが簡単に解決してくれます。これで肉汁が垂れてもテーブルやフィールドを汚さずに済みますね!

また画像のようにヨコザワテッパンとレギュレーターストーブを併用する場合は、輻射熱によってガス缶が熱を持つ可能性があるので、遮熱板を一緒に使いましょう。専用の遮熱板はSOTOの「グリルプレート」や「溶岩石プレート」とセットで購入することができますよ。これがあると調理の幅が一気に広がります!

ITEM
ヨコザワテッパン
●サイズ: A5
●重量:約1キロ
●素材:鋼鉄
●付属品:専用袋、金属コテ、アルミ製やっとこ、防錆用油紙(キッチン用)
ITEM
SOTO レギュレーターストーブ 対応 グリルプレート(遮熱板付き)
●板厚:4.5mm
●製品サイズ:200mmx170mmx15mm(横x縦x高さ)
●焼面サイズ:130mmx130mm
●重量:約1.1kg
●セット内容:グリルプレート、遮熱板



コールマン「スチールベルトジャグ」

撮影:編集部
▼名品と呼ばれる理由
・雰囲気バツグン、目を引くデザイン!
・家族4人が満足できる約5Lの大容量

お次は、コールマンの「スチールベルトジャグ」。お揃いのクーラーボックスと揃えれば雰囲気も素敵なのですが、コックのゴムが固く押しづらいのが難点。

また、使い込んでいるうちにゴムが劣化し、ボタンがポロリと抜けてしまったことも……。

さらに言えば、押しているときは片手がふさがってしまうのも惜しいポイントです。

そこで、焼酎サーバー用のコックを付け替えるというアイディアをご紹介。使い勝手だけでなく、見た目もワンランク上がりますね!

これなら開栓して水を出したままハンズフリーになるので、手洗い用のジャグとしても使えますね。

詳しいやり方は、こちら
ITEM
コールマン スチールベルトジャグ
●サイズ:約26×高さ30cm
●重量:約1.4kg
●容量:約4.9L
●素材:ステンレス、ポチエチレン、発泡ウレタン
ITEM
カクダイ 平成カラン
●材質:黄銅
●はさみ込み厚さ:10ミリ以下

コーナンラック

▼名品と呼ばれる理由
・簡単にウッドの棚が組み立てられる
・コンパクトにたためて持ち運びやすい
・価格が安い!(3段で2,200円ほど)

ナチュラルなキャンプサイトを作る元祖定番アイテム「コーナンラック」。コスパも雰囲気も良いのですが、とにかくたたみづらい!!
出典:コーナン
コツがよくわからないと、パタンパタンとうまくたためる気がしません。

そこで、またまた100均アイテムで快適化の策! トラベルコーナーに売っているスーツケースを縛るベルトを、ラックの中央にネジ留めします。

つけたベルトを引っ張るだけで、一気にパタパタと畳まれていきます。これでもう「しまえないループ」ともオサラバ!

ピンで目印をつけ固定してからネジを留めると、やりやすいようですよ。

詳しいやり方は、こちら
ITEM
コーナンオリジナル コーナンラック 
●サイズ:(約)幅46×奥行30×高さ58cm
●収納時サイズ:約幅46X奥行40.5X高さ10cm
●重量:(約)2.0kg
●耐荷重:(約)20kg(1段辺り約7kgまで)
●材質:パイン材(クリア塗装)

スノーピーク「焚火台」

出典:snowpeak
▼名品と呼ばれる理由
・初心者でも設置・収納がラク
・厚さ1.5mmのステンレスで耐久性バツグン
・S・M・Lとサイズ豊富で用途によって選べる

焚き火台といえばスノーピーク。まさに名品の中の名品ですが、この焚き火台もひとつ”惜しい”というか毎回感じることがあります。

それが、とにかく重いということ。Lサイズなら本体のみで5.3kgという結構な重さ。

一生モノの強度を誇る頑丈なステンレス製ゆえではありますが、女性がメインで扱う場合ここは考慮したほうが賢明です。

出典:snowpeak
さらに、バーベキューをやるとしたらブリッジや焼網など別売りのオプションが必要となり、重量・値段ともさらに上がることに。このオプションの豊富さは魅力ではありますが、人によっては自分のスタイルには合わなかった……ということも。

購入前には実際に手に持ってみたり、付けたいオプションをイメージしておいたりするといいですね。

ただし、この「重さ」は高熱に耐えられるように考えられた設計の副産物。逆に言うと、ここまで一生使えるレベルの焚火台はなかなかありません! 大事なのは知っておくこと。購入前に、この重さを理解した上で選んでみてくださいね。
ITEM
スノーピーク 焚火台 L
●サイズ:450×450×300(h)mm
●材質:本体/ステンレス、ケース/ナイロン
●重量:5.3kg
ITEM
スノーピーク グリルブリッジ L
●サイズ:445×440×175(h)mm
●収納時サイズ:445×440×28(h)mm
●重量:1.6kg
●材質:ステンレス
ITEM
スノーピーク 焼アミ Pro. L
●サイズ:約484×352×19mm
●重量:約1.56kg
●材質:スチールクロームメッキ

ルーメナー

撮影:編集部
LEDライト市場に新星のごとくあらわれた「ルーメナー」。手のひらサイズながら1,300ルーメンのスペックにスタイリッシュなデザインと「買い」ポイント満載なのですが、初代ルーメナーには惜しい点が……。



撮影:編集部
▼名品と呼ばれる理由
・MAX1300ルーメンの大光量!
・コンパクトかつ、POPなデザイン
・モバイルバッテリーとしても役立つ

完璧のようなルーメナーですが、その惜しいポイントとは……充電部分のカバーがちょっと心許ないんです。

パコっとシリコンカバーをはめこむだけで本体には接続されておらず、かなり紛失しやすそう。しかもかなり小さいパーツな上にグリーン色なので、特にキャンプサイトで見失ったら探し出すのは困難。

撮影:編集部
その点は、防水・防塵・耐衝撃の3点においてよりタフにバージョンアップされた「ルーメナー2」では改善されています。しっかりとした密閉されるカバーがつけられ、またリムーブされない仕様に。

繊細に扱うべきライトだからこそ、多少高くはなりますがルーメナー2が良いかもしれません!
ITEM
ルーメナー
●サイズ 約92×92×28mm
●重量 約220g
●明るさ 約260〜1300Lm
●バッテリー容量:Li-ion10000mAh
●連続点灯時間 約8時間(High)、約100時間(Low)
●充電時間 約5時間40分(5V 2A充電アダプターの場合)
●バッテリー充電回数 500回以上
ITEM
ルーメナー2
●サイズ(約):129×75×22.7mm
●重量(約):280g
●明るさ:約100〜1500Lm
●バッテリー容量:Li-Polymer10000mAh
●連続点灯時間:約8時間〜約100時間
●充電時間:約5時間(5V 2A充電アダプターの場合)

ひと工夫で名品を快適に使おう!

撮影:編集部
今回取りあげたアイテムはすべて間違いない名品ですが、万人に愛されるだけに十人十色の「惜しい点」も出てくるもの。うまく工夫して、長く使いたいですね。

あなたがお使いのギアの中で、もうちょっと使い勝手を工夫したいアイテムはありますか?

つい、また買っちゃう系

もう持ってるのについ気になっちゃう、もしくは買い足しちゃう……そんな中毒性こそが名品の証!

We Hope That It’s Improved!

定番キャンプ用品、ここが惜しい

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。2018年は、ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!