実は色んなモデルがある!スノーピークの「ローチェア30」を深掘り

スノーピークの傑作「ローチェア30」。実は様々なモデルがあるのをご存知でしたか?今回はローチェア3の旧版や限定モデル、ハイスペックモデル、廃盤カラー、激似アイテムなど。ローチェア30について深掘りしました!各モデルごとの違いも解説。


アイキャッチ画像出典:スノーピーク武蔵小杉 Facebook

スノーピークのローチェア30は進化し続けている

日常の生活よりも、椅子に座る時間が長いキャンプ。見た目はもちろんですが、やはり座り心地にもこだわりたいですよね。

今回ご紹介するのは、スノーピークの定番チェアである「ローチェア30」。座り心地と収納性、さらに見た目の美しさを兼ね備えた「奇跡的なチェア」と呼ばれています。

ラインナップは以下の通り。
●旧版スノーピーク ローチェア30 【LV090】
●スノーピーク ローチェア30 【LV091】
●スノーピーク ガーデンローチェア30
●スノーピーク ローチェア30 クラシック
●スノーピーク ローチェア30の廃盤カラー
●スノーピーク ローチェアショート

名前も似ているようで少し違う。この「ローチェア」の仲間たちの違いって一体なに?

まずは元祖「スノーピーク ローチェア30」の2モデルから見ていきましょう。

ド定番「ローチェア30」の「LV090」と「LV091」の違いは?

スノーピーク ローチェア 子供 発売開始から、ユーザーから絶大な支持を得てきたローチェア30(LV-090)。それを改良したのが現行品である「LV-091」です。

LV-090の方は現在販売されていませんが、オークションではいまだに流通しています。まずはこの2つの違いについてみていきましょう。

スノーピークのローチェア30【LV090】

スノーピークのローチェア30 LV090を川辺にセット
出典:Amazon
●セット内容:ローチェア30本体×1、収納ケース×1
●材質:フレーム/アルミアルマイト加工、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/6号帆布
●重量:3.6kg
●展開サイズ:W56×D68×H86cm(シート高さ30cm)
●収納サイズ:160×180×1010(h)mm

スノーピークのローチェア30【LV091】

スノーピークのローチェア30
出典:Snow Peak
●セット内容:ローチェア30本体×1、収納ケース×1
●材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル
●重量:3.6kg
●展開サイズ:58×65×86(h)cm (シート高30cm)
●収納サイズ: 160×180×1010(h)mm

大きく変わったのは座面の「素材」

ローチェア30 座面
出典:Snow Peak
「LV090」が6号帆というコットン素材だったのに対し、「LV091」ではポリエステル素材を採用。ほつれにくく、汚れも落ちやすくなりましたが、焚火の火の粉には弱い素材なため注意が必要です。

また「LV090」はビス留めだったためカバーが汚れたら取り外して洗うことができましたが、「LV091」はカメシになっているため座面の取り外しは不可能に。

メンテナンスフリーでも長く愛用できるように、丈夫な作りにアップデートされました。

悩んで悩んでとうとう購入しました 結果満足でした。座り心地の良さに満足しております。キャンプの贅沢な時間の為だけに購入しましたのでこれから大事に使っていきます。(出典:楽天

ITEM
スノーピーク ローチェア30 LV-091

座り心地は最高です。ロースタイル用にH社のものも所有していますが座り心地はこの製品が良いです。難点は収納性ですがオートキャンプであればこの品を使います。


超レア!廃盤になったカラーたち

廃盤になる前に急いで買いました! という声も多い人気のカラーたち。もし、どこかで出会えたらラッキー?!

ターコイズブルー

画像左側に見えるのが、2015年に発売されたターコイズブルー。パッキリとした青が目を惹きます。

グリーン

スノーピーク ローチェア 緑 「LV-090」が改良され「LV-091」として2015年に発売されたグリーン。どんなシーンにもしっくりくる色合いです。

オレンジ

スノーピーク オレンジ 同じく2015年発売のオレンジは、落ち着いたカラーの多いキャンプギアの中で差し色として活躍してくれそう!

ハイスペックすぎる!?「ガーデンローチェア30」

スノーピークのガーデンローチェア
出典:Snow Peak
庭で使うことを考えて作られた、スノーピークのガーデンシリーズ。そのローチェアです。

ローチェア30との違いは?

スノーピークのガーデン ローチェア
出典:Snow Peak
ローチェア30(LV091)との大きな違いは素材です。LV091は、ポリエステルを採用してますが、ガーデンローチェアは、通常のナイロンに比べて2,3倍もの耐摩耗性と引裂強度を誇るコーデュラナイロンを採用しています。

もう1つ特筆すべきことは、生地の厚み。なんと1680 D(デニール)もあります。デニールはナイロンの太さを表す数値で、数値が高いほど厚くて頑丈になります。※登山用のハードシェルでも、およそ30~70デニールくらいなので、かなり丈夫な生地です。

ITEM
スノーピーク ガーデンローチェア30
●セット内容:本体、収納ケース
●材質:フレーム/竹集成材・アルミアルマイト加工、金具/ステンレス、シート/ナイロン
●重量:3.6kg
●展開サイズ:W580×D650×H860mm(シート高300mm)
●収納サイズ:W160×D180×H1,010mm



限定モデル「ローチェア30クラシック」

2015年限定モデルのローチェア30クラシック
出典:Amazon
2015年限定モデルである、ローチェア30クラシック。クラシックなロゴに、スノーピークの旧カラーのテントを思い起こさせるレッドとグレーの2色展開になっています。

●セット内容:ローチェア30本体×1、収納ケース×1、サイドポケット×2
●材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル
●重量:3.6kg
●展開サイズ:58×65×86(h)cm (シート高30cm)
●収納サイズ: 160×180×1010(h)mm

「ローチェア30」「ローチェア30クラシック」との違いは?

スペック的な面でいえば、ローチェア30と変わりはありません。強いて挙げるなら、サイドポケットがついているので、スマートフォンなど小物の収納に便利です。

「2015年限定モデル」ということもあり、ネット通販やオークションでも出回っていない超絶レアなモデル!見かけたらかなりラッキーです。

スマートさを求めるなら!「ローチェアショート 」

A post shared by Snow Peak USA (@snowpeakusa) on

ローチェアショートは、その名の通り背面の高さが低くなったモデル。ローチェア30との大きな違いは、配色と素材です。

まずは配色。フレーム部分がシルバーからブラックになり、よりシックな印象に仕上がりました。次に素材ですが、肘掛け部分が竹から高級材で知られているチーク材に。より丈夫で、美しいデザインに変化しました。

360gあったローチェア30に比べ、ショート版は200gに軽量化されました。収納しやすく持ち運びやすくなりました。

お値段は21,800 (税別)と、ローチェア30より少し高め。色はアイボリーとグレーの2色展開なので、ナチュラルテイストなサイトに馴染みそうですね。

評判は?

「背もたれが短くなっても、それほど支えがなくなった感じはしない」(出典:snow peak スポーツオーソリティイオンタウン四日市泊店

従来のローチェアにも劣らない抜群の座り心地です。(出典:POWER’S岡山店

ローチェア30と比べても、座り心地の良さは変わらないようです。もう少しコンパクトだったら…と悩んでいた方には朗報ですね。

ITEM
スノーピーク ローチェアショート
●セット内容:本体、収納ケース
●材質:アルミニウム、ステンレス、天然木(チーク)、ポリエステル
●重量:3.4kg(本体のみ)
●サイズ:580×650×690(h)mm(シート高300mm)
●収納サイズ:幅160×180×840(h)mm

室内で使用しておりますが、背もたれが、肩(肩甲骨)下くらいまでしかないので、長時間の使用や、すわって寝るのには適してないかもしれませんが、帰宅して、ろうそくに火をつけて、この椅子に座りながら吸うたばこは格別です。


ローチェア30に激似商品も!

スノーピークと同じ製造方法を取っているCHANODUGのローチェア。もちろん製造方法が同じでも、使用している素材や細部の作りに違いはあります。

例えば、スノーピークと比べると少し背もたれの角度があったり、金具がスノーピークはステンレスに対して、CHANODUGは鉄製を使用しています。

評判は?

SPのチェアによく似た恰好をしていて、座り心地も同ブランドと遜色ないです。安定していて疲れず満足感が高い。多少重く収納場所がないと困ります。コンパクトなキャンプなどにはあまり適さないかもしれません。大きな車を持っていれば持っていくにも支障ないかな。

しいて難点をいえば中国製なのでやはり作りが荒い部分が目立ちます。自分が買った個体はすでに金属部分に大きな傷がついていました。傷以外は特に問題なかったです。でも新品を購入しているので傷があるというのはやはりいい気分ではありませんね。(出典:楽天

お値段を鑑みると、デザインや座りごこちに目をつむれるユーザーもいるようです。ですが、”日本製”ならではの安心感があるのとないのでは、だいぶ違ってくるようです。

ITEM
CHANODUG ローチェア30
●材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル
●重量:約3.6kg
●サイズ(設置時):約W58×D65×H86cm
●収納サイズ:約W16×D18×H101cm

SPのチェアによく似た恰好をしていて、座り心地も同ブランドと遜色ないです。安定していて疲れず満足感が高い。しいて難点をいえば中国製なのでやはり作りが荒い部分が目立ちます。


スノーピークの「ローチェア30」で空間を持ち運ぼう!

スノーピークのローチェア30
出典:Snow Peak
「ローチェア30」は、アウトドアだけではなく家の中で愛用されている人も多く、どんな空間にもマッチしてくれ、いかにリラックスできるチェアであるかということが証明されています。

また、「永久保証」のスノーピークだからこそ安心して長く愛用できることを考えると、お値段も決して高いとは言えません!


 

With Snow Peak Low Chair, you can stay anywhere like in a living room!

スノーピークのローチェアなら、どこでも快適なリビングのように過ごせる!


関連する記事

» スノーピークの高価買取なら買うトドア

スノーピーク ローチェア 緑
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Yuko

フリーランス翻訳家兼ライター。5歳でキャンプデビュー。年に1回はキャンプに行くことを目標にしている。両親からいずれキャンピングカーを譲り受ける予定。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!