モンベルサコッシュの詳細!果たして「買い」かどうか

モンベルサコッシュについて詳細に紹介!自転車に、登山に、普段使いにどうなのか、その決定打となる使い心地やスペックを紹介します。果たしてモンベルのサコッシュは「買い」なのか!?これを読めばわかります!


アイキャッチ画像出典:モンベル

モンベルのサコッシュは2種類!

モンベルは日本の総合アウトドアメーカー。そのラインナップは本格登山からハイキングまで網羅。もちろんサコッシュもありますよ!

モンベルサコッシュ
出典:Amazon
上の写真が、モデル名『サコッシュ』。自転車乗りに最適化された、まさに従来型のサコッシュです。モンベルのラインナップではサコッシュはこの1つのみです。この記事ではこのモデル名『サコッシュ』について紹介していきます。
モンベルサコッシュ
出典:Amazon
しかしその前に、上の写真の『UL MONOポーチM』をご覧ください。これはちょうどいい大きさなので、サコッシュ代わりになりますよ!

UL MONOポーチMは大容量の収納力が魅力! さらに、折りたたむと非常にコンパクトになることがポイント。荷物にサッと忍ばせておくことができるサイズが検討の価値アリです。

モンベル サコッシュ

メッシュ素材の採用で軽量が売り。ドリンクボトルなども余裕で入る大容量が自慢です。
ITEM
モンベル サコッシュ
・素材:ポリエステル・メッシュ/210デニール・ナイロン・ダブルリップ(ウレタン・コーティング/フラップ)
・重量:300g
・カラー:全3色
・サイズ:高さ24×幅30×奥行き6cm(A4サイズ対応)
・容量:4L

モンベル U.L.MONO ポーチ M

サコッシュというネーミングではないものの、サコッシュの要件は満たしているコンパクトに収納可能なモンベルのポーチ。ちょっとした隙間に入れ匿だけでいざというとき役に立ちます。
ITEM
モンベル U.L.MONO ポーチ M
・素材:ナイロン
・サイズ:タテ22cmxヨコ19cmxマチ4.5cm
・重量:30g
・折り畳み時のサイズ:タテ9cmxヨコ7cmxマチ2cm
・ポケットの数:1(外側0/内側1)

まずはおさえたい。モンベルサコッシュのスペックはどうなのか

モンベル「サコッシュ」のスペックは?

モンベルサコッシュ
出典:モンベル

【素材】ポリエステル・メッシュ/210デニール・ナイロン・ダブルリップ(ウレタン・コーティング/フラップ)
【重量】300g
【カラー】ブラック(BK)、ディープレッド(DRD)、リーフグリーン(LEGN)
【サイズ】高さ24×幅30×奥行き6cm (A4サイズ対応)
【容量】4L(出典:モンベル

【素材】について
デニールとはナイロン糸の太さを表す単位で、ザックでよく使われるのが210デニールから420デニールとなっています。よって、このサコッシュはザックと同等の強度の素材を使っているということになります。

また、表面はウレタンコーティングされており、アクアテクトジッパーによってジッパー部分の防水対策も施されているので雨の日でも安心です。
【重量】について
他のブランドのサコッシュと比較すると300gという重さは決して軽い部類には入りませんが、実際使う上では気にならない重さです。見方を変えるとちょっと重たいけど耐久性が高いということです。
【容量】について
4Lの容量は、衣類や水分補給のためのボトルなどを入れるのに十分な容量です。

自転車乗り必見!補助ストラップの存在

モンベル補助ストラップ
出典:モンベル
サコッシュにはショルダーストラップのほかに補助ストラップがついています。この補助ストラップには2つの使い方があり、どちらの場合もサコッシュを体に密着させ、サコッシュが揺れるのを防いでくれる効果があるので、自転車乗りには便利な機能です。

気になるモンベルサコッシュの使い心地はいかに?

モンベルサコッシュ
出典:Amazon
サコッシュとはロードレーサーに補給食や水筒を与えるためのバック。だから、軽さやかさばらない大きさが求められます。

その点、モンベルのサコッシュならメッシュ素材を使用した軽量さや蒸れ防止のほか、体にピッタリフィットする補助ストラップが付いたりと、自転車乗りのためのサコッシュと言えますよ。

また、これらの仕様は自転車乗りだけでなく、登山やフェスを楽しむときにも活躍してくれること間違いなしです。

モンベルサコッシュと他ブランドと比べて価格は高い?安い?

グレゴリーサコッシュ
出典:Amazon
上の写真はアウトドアブランド、グレゴリーのサコッシュ。モンベルのサコッシュのお値段は4,667円(税抜)。

グレゴリーやアライテント、ケルティ、グラナイトギアなどのアウトドアメーカーがラインナップするサコッシュの価格帯が1,000円台から3,000円台だということを考えると、モンベルのサコッシュがやや高く設定されています。

だからといって、その他のアウトドアメーカーのサコッシュが機能面で劣っているかというと全く劣っていないので、デザインや機能を考えて選ぶといいですよ。

モンベルのサコッシュの他にはどんなブランドがある?

サコッシュはモンベル以外にもさまざまなアウトドアメーカーからリリースされています。それぞれの特長を見てお気に入りを見つけましょう!

グレゴリー サコッシュ

日常使う財布やスマホをまとめるのに便利な小ぶりなサイズ。ポケット代わりに持ち運べるサコッシュです。
ITEM
グレゴリー サコッシュ
●素材:40デニール ナイロン
●サイズ:本体:約 W230×H170×D10(mm)
●重量:約 40グラム
●容量:約 1.5L
●カラー:全4色
●ポケットの数:1

チャムス 2ネックドショルダー

豊富なカラーバリエーションが特徴のチャムスのサコッシュ。ナイロン生地を使うことで軽量ながら丈夫さも持ち合わせています。
ITEM
チャムス 2ネックドショルダー
●素材:スウェットとナイロンのコンビ素材
●サイズ:本体:約 W245×H170(mm)
●重量:約110グラム
●ポケットの数:1

アライテント マップサコッシュ

登山中に頻繁に出し入れする地図の収納にピッタリなアライテントのサコッシュ。生地にはテントと同じ素材を使用するなどテントメーカーとしての誇りが表れています。
ITEM
アライテント マップサコッシュ
●素材:40dnナイロンタフタ
●重量:55g

マンハッタンポーテージ トリプル ジッパー ポーチ

タウンユースのカバンメーカーとしておなじみのマンハッタンポーテージから、インナーバッグとしても使えるポーチが登場。ショルダーを付けることでサコッシュとしても活用できます。
ITEM
マンハッタンポーテージ トリプル ジッパー ポーチ
●素材:ナイロン
●サイズ:タテ19cmxヨコ26cm
●ポケットの数:2(外側2/内側0)
●重量:90g

アンブロ サコッシュ

イギリス生まれのアンブロから、スポーツやトラベル、タウンなどのあらゆるシーンで活躍してくれるサコッシュバッグの登場。肩にかけて使用すれば両手が開いてとても便利に使えます。
ITEM
アンブロ サコッシュ
●素材:ポリエステル
●サイズ:タテ21cm×ヨコ29cm
●重量:140g
●ポケットの数:ポケットの数:3(外側3/内側0)

結論。モンベルのサコッシュは「買い」!

モンベルサコッシュ
出典:モンベル
様々なメーカーから登場しているサコッシュ。それぞれ魅力的な商品ばかりですが、その中でもモンベルのサコッシュはお値段が若干高めに設定されているものの、防水性や密着性など機能も充実しているので揃えておきたいアイテムの一つです。

特に自転車に乗る時や登山をする時など、アウトドアライフをアクティブに過ごす方にはモンベルのサコッシュはオススメです。

 

Pay attention to Sococh of Montbell!

モンベルのサコッシュに注目

 

関連する記事

モンベルサコッシュ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
keiichiro kaneko

学生時代、競技スキーを志す傍らで始めた山とスキーの専門ショップでのアルバイト。そこで初めてキャンプに出会い、最近ファミリーキャンプを卒業。今後、ソロキャンパーを目指す焚き火好き。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!