CAMP HACK[キャンプハック]


ハンモック特集第2弾。新参&老舗の注目ハンモック5選!きたるべきブームに備えよ

0

CAMP HACK × gearedの連携記事企画!“人生を変えるツール”を紹介するメディア「geared」がセレクトしたギアをCAMP HACKで紹介します。今回は、ハンモック特集の第2弾!注目のハンモックを紹介します。

geared


各社の個性が光る、ハンモック界新規参入メーカーの注目ギア3点

ハンモック特集も後半戦です。今回はハンモックに特化した専門メーカーではなく、大手マスプロがどのようにハンモック界に進出しているのかをさらっていきます。
※geared編集部注: 本稿は、Hiker’s Depot 店主の土屋智哉さんと、同店きってのハンモック通である二宮勇太郎さんの談話をもとに、geared編集部が文章化しています。

Therm-a-rest – Slacker Hammock Warmer

geared ハンモック
ハンモック下部を覆うグレーのアタッチメントが Slacker Hammock Warmer
最初にご紹介するのはTherm-a-rest です。寝具専門の総合メーカーである同社は、最近になってハンモックのカテゴリを打ち出していて、ハンモック本体・タープ・バグネット・ストラップと、いろいろな道具をスタンダードに展開しています。そのなかでも、背面の冷えを防ぐ Slacker Hammock Warmer は出色です。

ハンモックで心地よく寝泊まりするには、背中側の冷え対策が重要です。2000年代以降は、アンダーキルトと呼ばれるダウンのブランケットを下部にはわせて冷えを防ぐ方法が主流です。

ウルトラライト系メーカーのハンモック進出も、Hennessy Hammock 用のアンダーキルトづくりがきっかけでした。

でも、寝袋以外にもう一つ綿モノを持っていくのは過剰ですよね。そこで別の道を考えて Therm-a-rest が打ち出したのが、ナイロンの生地にアルミを蒸着したもので背面をカバーし、風を防ぎつつ体温の輻射熱によって温める方法でした。

Therm-a-rest の定番スリーピングマットである Neoair の内部にも仕込まれている独自の断熱材を使用しているので、防風性も保温性も折り紙つきです。

ぺらっとした見た目で8,900円となるとちょっとためらってしまうのですが、実際に試してたところ、見た目以上の効果がありました。

ハンモック・ユーザーなら誰もが直面する背面側の寒さを、これまで Therm-a-rest がマットづくりで培ってきた技術力を結集したコンパクトな道具で解決している。エマージェンシー・シートのように、緊急時に体に巻きつけて使うこともできるでしょう。

製品名   : Slacker Hammock Warmer
メーカー  : Therm-a-rest
重量    : 約210g
価格    : ¥8,900(税別)
お問い合わせ: モチヅキ

関連記事