CAMP HACK[キャンプハック]


ハンモック特集第2弾。新参&老舗の注目ハンモック5選!きたるべきブームに備えよ

0


老舗2社の新たな動きに学ぶ、日本でハンモックを楽しむ可能性

続いて老舗メーカーの新たな一手をご紹介しつつ、ブームの本格後の日本でどのような変化が望まれるのかをお話しましょう。

Hennessy Hammocks – Leaf Asym Hammock

Hennessy Hammocks – Leaf Asym Hammock ハンモック まず気になるのは、ハンモック・ブームの火付け役ともいえる Hennessy Hammocks の動向です。新たな波を受けて、その源流ともいえる老舗は、最大の強みであったオールインワンのシステムをばらして Leaf Asym Hammock という本体だけのモデルを売り出しはじめました。

Hennessy はこれまでにもハンモック本体のサイズや素材を変えてバリエーションを出していたのですが、オールインワンシステムだけは固持してきました。

本体とバグネットとタープがあり、独特のエントリー方法を採用したシステムは、斬新で完成度も高かった。それをあえて崩してきたことには驚かされます。

Leaf Asym Hammock にはバグネットもタープもついていません。しかし、スネークスキンと呼ばれる細長い袋の両側から本体を引っ張り出して固定するシステムは健在ですし、これは Hennessy が特許をとっているので他のメーカーは真似できません。

さらに、設営時に本体にテンションがかけやすく、寝心地を簡単に調整できるリッジラインもついています。
ハンモック ロープ フック
リッジラインは小物をぶらさげるのにも便利
おそらく、Hennessy はこうした本体に関連する細部の独自性と優位性だけでも、新たなハンモック・ユーザーにアピールできると自負しているのでしょう。

オールインワンだから優れているのではなく、ハンモックの寝心地が優れているのだということを改めてアピールする意図もあるかもしれません。

他社が周辺の道具を続々と展開している今は、組み合わせのおもしろさも出てくるので、そういった時代の流れも意識したうえでの英断だと思います。

製品名   : Leaf Asym Hammock
メーカー  : Hennessy Hammocks
重量    : 533g
価格    : ¥10,800(税別)
購入    : エイアンドエフ オンラインストア 、各取扱店
お問い合わせ: エイアンドエフ

EXPED – Travel Hammock Plus

EXPED – Travel Hammock Plus トラベルハンモックプラス
EXPED もハンモックを作って長いメーカーで、実際にハンモックを使った人なら誰もが感じるストレスを解消するために、細かいところにまで気が利いた工夫がほどこされています。

たとえば、ハンモックの設営にはツリーストラップを木に巻きつける工程が不可欠です。その際には、通例としてツリーストラップとハンモックを切り離さなければなりません。

ハンモック未経験の方には何を言っているのかわからない細かすぎる話ではありますが、ハンモックユーザーなら誰もが感じているちょっとした面倒です。
木の幹に取り付けたハンモックの金具ハンモックロープ
EXPED のハンモックは、標準装備でストラップの末端にトグルのループをつけているので、木に巻き付けてそれを留めるだけで固定できるようになっています。

ハンモック本体とツリーストラップを分離しなくてもツリーストラップを固定できるので、設営が非常にスマートになります。またカラビナも必要なくなるので、軽量化にも一役買っている。

こうしたシステムが、EXPEDのツリーストラップには標準採用されているのです。これはハンモックを使いこんでいる人にしかできない発想です。

他にも、雨天時にラインをつたわる水を防ぐためのフラップといった製品もラインナップされています。これも、雨の中でハンモックを使って濡れた経験があるからこその一工夫でしょう。

天気のいい日にハンモックを張ってリラックスするのもいいですが、彼らは寒かろうが暑かろうが雨が降ろうが、ハンモックを使っている。

「ハンモックはどんな環境でも使えるよ」という、他社以上の強いこだわりが製品に反映されていることがひしひしと伝わります。きっと EXPED の開発陣には相当なハンモックジャンキーがいるはずです(笑)。

製品名   : Travel Hammock Plus
メーカー  : EXPED
重量    : 425g(ハンモック本体295g+コード130g)
価格    : ¥8,500(税別)
お問い合わせ: アクシーズクイン

関連記事