CAMPHACK

【最新版まで全種類大解剖】国産メーカーだからこそわかる。ogawaのテントは日本のアウトドアに最適!

0

100年続く老舗アウトドアメーカーogawa。現在はキャンパルジャパンと社名を変えておりますが、“テントはogawa”という呼び名の通り、テントに関して少人数から大人数用まで圧倒的なラインナップを保持。個性的で、思わずキャンプ場で目をひくようなテントも多くある、ogawaのテントを一挙紹介します!

yuri

アイキャッチ出典:@ogawa.shince1914

老若男女愛されるogawaの魅力

1914年に「小川治兵衛商店」として軍用のテントやザックを作る所から始まった日本のメーカー・ogawa。現在までおよそ100年以上、アウトドア業界をけん引してきました。

2015年にはキャンパルジャパンに事業を譲渡し社名変更。近年は直営店やカフェなどもでき、直接商品をゆっくり見ることができます。老舗の渋いメーカーという印象の一方で、特徴的でクラッシックな見た目のテントは、若い層にも人気。幅広い世代から愛されるブランドです。

質の高いテント

出典:Instagram by @ogawa_online_store
専門のテントメーカーということもあり、テントの生地の防水性・ポールの耐久性では他のメーカーより頭一歩出ている印象です。丁寧に使うことで、愛着をもって長く使い続けられます。

国内メーカーならではの視点

国内メーカーだからこそ、日本の気候にあったモノづくりも注目ポイント。日本の夏は高温多湿で、じめっとした暑さや虫対策はマストです。ogawaのテントは通気性かつ防虫のためにメッシュパネルを完備したり、高い天井にベンチレーター完備して通、テント内を快適に過ごせるように工夫。

気候に左右されることが多いアウトドアの悩みを、少しでも軽くしてくれます。

まずは2021年新作テントから!

それでは早速、肝心のアイテムを見ていきましょう。まずは新作から! 2021年度新作テントは完全新作1つ、既存モデルのアップグレードが3つです。

待望の完全新作!「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」

ロッジ型ながらも、他にはないスタイリッシュなデザイン。扱いとしてはシェルターになり、別売りのT/Cインナー(2人用)をつけることで、テントとして活用できます。

インナーテントは左右どちらにもつけられるので、1つつけてデュオキャンプに、2つつけてファミリーキャンプに、シーンにあわせて変化できる所も魅力的です!

商品購入ページはこちら

既存モデルのアップグレード3種 T/C素材が新登場!

続いての3つはすべて既存モデルのアップグレードタイプで、T/C素材になり今年新登場。T/C(ポリエステルとコットンの混紡繊維)は、通気性・吸湿性に優れたコットンと、強度と耐水性を備えるポリエステルのハイブリッド素材で、火の粉にも強いすぐれもの。

機能面に加え、T/Cにしか出せない独特の風合いも、人気の秘密です。

✔︎【2~3人用】タッソ T/C
モノポールテントながらも、ポールの伸縮とファスナーの開閉で六角形~八角形まで貼り方を楽しめる、表情豊かなテントのT/C素材バージョン。従来のポリエステル生地のタッソに比べて、色も淡く、やわらかい印象を与えます。スカートがついているのでオールシーズン活躍!

商品購入ページはこちら

✔︎【5人以上】オーナーロッジ タイプ52R T/C
かわいらしい見た目とヴィンテージっぽい色合いで、キャンプ場で目を惹くテント「オーナーロッジ タイプ52R」。天井が高く、中に入っても広々と感じられます。従来のものとカラーリングががらっと変わって、白を基調としているのも特徴です。

商品購入ページはこちら

✔︎【5人以上】アポロンT/C
トンネルのような形で、抜群の存在感を放つアポロンは、2018年に登場してからファミリーに人気の高いテントです。アーチ形に3本のリッジポールを加えているので、強度は抜群。

サイドがメッシュになっているので、蒸し暑い夏でもテントの中で快適に過ごせます。上位2つと同じく、T/C素材は既存のものと色が違く、T/C素材ならではの遮光性も魅力的です。

商品購入ページはこちら


【2~3人用】ソロでもデュオでも使いやすいサイズ

出典:Instagram by @koroumauma
最新モデル以外にも、ogawaには老舗国内メーカーの腕が鳴るテントがいっぱい。続いては、人数別でアイテムを見ていきましょう。

関連記事